悪口を言ってしまった罪悪感を消す方法は?後悔や反省する心理は?

生活の知恵

付き合いの長い友達同士であれば、当然、お互いに不満に思うことや場面ってありますよね。

つい陰口を言ってしまうこともあるでしょう。

事実、仲の良い友人への悪口を言ってしまい、罪悪感を覚えて、悩んでいる人も多い。

では、悪口を言ってしまった罪悪感を消す方法はあるのでしょうか?お悩みを解決していきましょう。

広告(スポンサードリンク)

悪口を言ってしまった罪悪感を消す方法は?

友人の悪口を言って後から後悔することってありますよね。

そこで、友達の悪口を言ってしまった罪悪感を消す方法はいくつかあります。

ぜひ参考にしてみましょう。

素直に謝る

いつまでも悩んでいるのではなく、友達の耳に入る前に謝ってしまいます。

「このまえ、〇〇さんにこんなこと言ったんだけど気にしないでね」といった軽い感じでかまいません。

まずは、先に謝っておくことがポイントです。

ですが、これは墓穴を掘ることにもつながるので、気を付けましょう。

両成敗と考える

悪口を言うというのは、あなたが友人に対して何かしらの不快感を覚えたことになりますよね。

であれば、友人もあなたに対して謝罪するべきです。

悪口を言ったあなたにも非はありますが、そういう思いをさせた友人にも非はあるということで、両成敗です。

これなら友人への悪口を言った罪悪感から逃れることができます。

友人も陰で言っている可能性も考慮

たしかにあなたは友人の悪口を言ってしまいました。

ですが、もしかしたら友人もあなたが居ないところで、あなたの悪口を言っている可能性がありますよ。

そうであれば、お互いさまということになります。

お互いに悪口を言ってしまっている状況を考慮すれば、あなたが罪悪感を覚える必要はありません。

態度で示す

その友達に対し、態度で表す方法です。

いつもより明るい声で挨拶をする、ちょっとしたプレゼントをする、などなんでもいいです。

他の友達とは良い方向に差別化して対応する方法です。

こうしておけば、万が一友達に悪口が伝わっても、総スカンは避けることができます。

すべてを受け入れる

その友達のわがままなどをすべて受け入れる方法です。

悪口が耳に入った、入っていないにかかわらず、その友達のミスやわがままは覚悟を持ってうけいれます。

そうすることで、罪悪感は消えていきます。

相手の良いところも悪いところも受け入れてあげましょう。

広告(スポンサードリンク)

友達の悪口を言って罪悪感を覚えるなら言わないべき?

友達の悪口を言って罪悪感を覚えるなら言わないべきなのでしょうか。

基本的に罪悪感を覚えるなら言わないべきです。

そもそもですが、悪口は言わないにこしたことはありません。

言ったことで罪悪感を覚え、精神的にダメージをうけるならば最初から言わない方がいいです。

ただ、ストレス発散のために言う場合もあります。

その場合は、罪悪感とストレス解消とを比較して、良い方法を選択します。

広告(スポンサードリンク)

友達の悪口を言ってしまう性格を直したいときは?

友達の悪口を言ってしまうのを直したいときはどうしたら良いのでしょうか。

まず、他人はそれぞれの事情があり、神様ではないということを理解します。

友人の悪い点が目立っていても、「ある程度仕方ない」と割り切ることが大切です。

また「自分は自分、友達は友達」と考え、友達をあかの他人と考えることも大切です。

悪口は言っているときは何も感じませんが、ほとんどの場合、言った後に後悔がつきまとうものです。

言い換えると、赤の他人のことで後悔しているということになります。

ですから悪口を言うことは単なる時間の無駄ですよね。

最後の方法は、悪口を言いたくなったら他の方法を使うことです。

例えば、カラオケ。大声で歌えば悪口を言うことも忘れてしまいます。

自分の趣味に没頭するのもいいでしょう。

広告(スポンサードリンク)

友達の悪口を言って後悔や反省する心理って?

友達の悪口を言って後悔や反省する心理って何なのでしょうか。

いくつか考えられます。

自身の正義感に反する行為をしていると感じる

友達と仲良いと思っているから罪悪感がある

友達を親しい友人として見ているからこそ裏切っている感覚がある

自身に悪口(悪いこと)を言っているという自覚がある

まず、正義感などが明確にある尊い人は後悔するケースがあります。

このような人は、自分の目指す人物像が高いため、悪口を言ったときに後悔します。

悪口は、友達へのうらやましさや嫉妬の表れなので、そのような行為をしてしまった自分に対し後悔と反省をするわけです。

他人の評価を気にする人も後悔や反省をします。

理由は、悪口はいずれ自分の評価を下げるからです。

「悪口を言う」⇒「他人に広がる」⇒「悪口のターゲットの耳に入る」⇒「評価が下がる」というロジックです。

広告(スポンサードリンク)

友達への悪口は告げ口されて本人に伝わるから注意?

友達への悪口は告げ口されて本人に伝わることが多いです。

また、「告げ口」という形でなくても、普通の会話の中ででてきたりします。

ただ単に言いたいだけ、といった感じで悪気なく、なんの意図もなく告げ口をするケースもあります。

ですから、本人には伝わる、と肝に銘じておきます。ちなみに、告げ口する人には要注意です。

というのも、告げ口する目的は、当事者同士がもめてほしいから仕掛けるわけですよね。

自分はもめ事にまきこまれることなく、他人をもめさすわけですからあまり良いものではありません。

告げ口する人とはあまり接しない方がいいです。

広告(スポンサードリンク)

友人への悪口を言ってしまった時の対処法は?

友人への悪口を言ってしまった時の対処法はどうしたら良いのでしょうか。

誰でも、ちょっとしたきっかけや話の流れで、友人への悪口を言ってしまうときがあります。

対処法としては、謝ることです。

そんなこと当たり前、と思うかもしれませんが、ここでの謝り方にはコツがあります。

まずは、「謝っても許してもらえないかもしれない」と覚悟を決めること。

これ、できていない人が多いのが現実です。

多くの場合、「まぁ、あやまったら許してもらえるだろう」と考えがちですが、許すかどうかは、友人が決めることです。

謝る側が決めることではありません。

つぎに、「縁を切られるかもしれない」と考えること。

最悪のケースですが、想定をしているのと、していないのでは、実際になったときの心構えに違いがでてきます。

また、縁切りはないかもしれませんが、その友達とは以前のようにはうまくいかない、とも考えましょう。

そもそも、良い関係であれば悪口はないはずです。

悪口がある時点で、それはお互いがうまくいっていない訳です。

ですから、悪口がでた時点で、友人関係はあきらめた方がベターです。

広告(スポンサードリンク)

友達の悪口を言ってしまったときの謝り方は?

友達の悪口を言ってしまったときの謝り方はどうしたら良いのでしょうか。

謝り方にはコツがあります。

まずは、謝罪の気持ちをしっかりと伝えることです。このときに、分かりやすい言葉で、短く言うのがポイントです。

「悪口言ってごめん」これで構いません。

なお、何に謝っているのかをはっきり伝えることも肝で、特に悪口以外の要素が並走する場合は、論理的に考える必要があります。

また、変な照れもいりません。

「今度、〇〇おごるから」など、照れも入った形では誠意が伝わりませんし、友達に失礼です。

さらには、自分の事情や言い訳をいれないことです。

謝罪時に「悪気はなかった」という台詞がよく使われますが、悪気がなければ何をやってもいいわけではありませんね。

謝ったあとも大切です。

二度と悪口は言わない、繰り返さない、以前のように良い友達でいたい、などはっきりとこちらの意向を伝えます。

幸い許しをえてからも心がけることがあります。

それは、友達への感謝です。たとえ謝罪だとしても、それは友達の貴重な時間を搾取しています。

まずは、時間をとってくれたことに感謝しましょう。

何度も言いますが、悪口を言った側に落ち度があります。

その落ち度に対し、許すか許さないかは友達に決定権があります。

こちらにはゼロです。

この点を肝に銘じる必要があります。

これだけ徹底した配慮で謝罪した結果、無事仲直りできれば、かけがえのない絶対的な友達となります。

テキストのコピーは禁止です。弊社では著作権侵害とし法的措置を行います。(リンクは可)
タイトルとURLをコピーしました