大人も友達と喧嘩別れする?険悪から仲直りする方法は?謝罪内容は?

生活の知恵

喧嘩をするのは子供というイメージもありますが、大人同士もトラブルは当然あります。

事実「大人の喧嘩は厄介だ」なんて思う人も少なくありません。

また、大人になってから友達と喧嘩別れしてしまい「他の人もそういった経験はあるのか?」と考えている人も。

では、大人も友達と喧嘩別れするものなのでしょうか?お悩みを解決していきましょう。

広告(スポンサードリンク)

大人も友達と喧嘩別れするもの?

アヤミさん
アヤミさん

大人も友達と普通に喧嘩しますよ。

しかも大人になった喧嘩の方が長引くし、子供の頃みたいに「仲直り」みたいなのがないので、そのまま疎遠になることも珍しくありません。

大人になってくるとどんどん頑固でプライドが高くなっていくものですよね。

わたしも大人になってから喧嘩した友達と疎遠になったことなんて数えきれないほどありますよ。

エリコさん
エリコさん

理由は色々ですが喧嘩しますよ。

友達と喧嘩別れって、若い時だけに起こりうるものと思っている方も多いですよね。

でも実は大人になっても友達と喧嘩別れしたと言うパターンも少なくありません。

意外と身近なところで起こっていたなんてことも。

気づかないだけで、大人でも友達と喧嘩別れをしているものです。

えっ!そうなの!?意外かも。と感じた人もいるかもしれませんね。

マミさん
マミさん

大人の場合は、たちが悪いこともありますよ。

二人だけの喧嘩別れなら良いですが、グループを作って仲間はずれにした感じで喧嘩別れすることもあります。

大人な対応をとることができ、相手に歩み寄りができれば喧嘩別れをすることもないのですが、人間、何があるかわかりません。

時としては、悲しい結果になることもありますよ。

タクミさん
タクミさん

大人の場合は「面と向かって喧嘩する」という場合もありますが、お互いに関係がギクシャクして、水面下で喧嘩が発生するケースもありますからね。

お互いに不満が溜まって言って、「この人とは合わない」といった感じで、子供みたいな喧嘩はしなくても、連絡取らなくなっていくケースもありますしね。

むしろ子供の喧嘩よりも大人の喧嘩の方が厄介ですよ。

カズキさん
カズキさん

大人になっても喧嘩するでしょうね。

理由は「飲み会の席で口論になる」とか「不満が募って言って爆発する」とかが多いような気がしますね。

特に大人になるとお酒が飲めるようになるので、ついお酒の席で気が大きくなって口論になってしまう場合もありますよ。

そこからお互いにギクシャクしたりして、疎遠になる場合もけっこう多いですよね。

マユミさん
マユミさん

大人の喧嘩は面倒ですよね。

大人の場合、エスカレートすると長年の友達であってもなかなか仲直りするのが難しいこともありますよ。

長年の友達だとはいえ、険悪な状態になってしまうことも少なくありません。

でも、ずっと険悪な状態が続くのも悲しいですよね。

できれば大人な対応をしたいところです。

どうでしたか?

このように大人になっても喧嘩するという人は多いです。

むしろ大人になってからの方が喧嘩したら厄介で、仲直りすることもなくそのまま疎遠になるケースも珍しくありません。

広告(スポンサードリンク)

大人も友達と喧嘩別れして後悔することってある?

大人も友達と喧嘩別れして後悔することってあるのでしょうか。

大人でも友達と喧嘩別れすることはあります。

でも、なんで喧嘩別れしちゃったんだろうと後で後悔することもありますよ。

大人な対応すれば回避できたのではないだろうか。と思うこともありませんか?

ただ、喧嘩して血が昇ってしまうと、抑えきれないと言うこともありますよね。

エスカレートしてお互い激しく言い合ってしまったという経験をした人も少なくありません。

あの時、もうちょっとブレーキかけられたら、とか良いすぎてしまったとか、後悔することもたくさんあるでしょう。

広告(スポンサードリンク)

大人同士の友達の喧嘩別れは戻れない?

大人同士の友達の喧嘩別れの時、戻れないこともあるのでしょうか。

時と内容にもよりますが、戻れないパターンもあります。

大人になればなるほど、頑固になってしまうこともあるので、素直に認めることができずそのままになってしまうパターンも多いですよ。

残念ですが大人な対応をして歩み寄りができれば回避できることばかりです。

なるべくなら、喧嘩別れはしたくないですよね。

避けて通りたいものです。

広告(スポンサードリンク)

長年の友達と険悪な状態から仲直りする方法は?

険悪な友達と仲直りする方法なんてあるのでしょうか。

結論から言うとありますよ。

その方法を参考にしてみましょう。

自分から謝る

例え相手が悪かったとしても、こちらから謝ってしまいましょう。

お互いに歩み寄りたい気持ちがあれば、お互いにごめんと言えるきっかけが作れますよ。

歩み寄りの姿勢を見せても、相手がまだ怒っていたり、許してくれなかったりするときは、しばらく期間をおく必要があります。

周りの友達にも協力してもらう

自分からコンタクトが取りづらい時、共通の友達にお願いするのも良いでしょう。

謝りたいし、また元の鞘に戻りたいことを伝えてみることが大事です。

無理やり会って喋っても逆効果になるので、自分の気持ちを伝えた上で、しばらく様子を見るようにしてくださいね。

メールやラインや手紙をかく

直接言いづらい場合は、まずは、メールやライン、手紙などを書いてメッセージを送ると良いでしょう。

読んでくれるかは相手の気持ち次第だと思うのですが、ダメもとでトライすると良いですよ。

できるだけ手短に簡潔に書くことをおすすめします。

あの時は、悪かった。できれば会って謝りたい。と言うことも書くと良いでしょう。

広告(スポンサードリンク)

喧嘩別れした友人に謝るベストなタイミングっていつ?

喧嘩別れした友人に謝るベストなタイミングっていつなのでしょうか。

結論から言えば、喧嘩別れをした友人に謝りたいと思ったら、喧嘩をした後すぐの方が良いでしょう。

ただし、お互い興奮していて話す余地もなさそうなら、しばらく冷却時間を取ってから謝ってください。

些細な喧嘩なら、時間と共に時が解決してくれます。

あの時は、悪かった、言いすぎたという気持ちにもなるでしょう。

素直になれないこともあるので、自分の方から謝る姿勢を見せるといいですよ。

謝る時には絶対に相手のことを責めないようにしてくださいね。

例としては、10分ぐらいの喧嘩なら、5分置いてごめんと謝るのがおすすめです。

その日ピークに達して腹綿が煮え繰り返っているのであれば、1日たってから謝るのも良いでしょう。

ただし、長くあけすぎないようにしてくださいね。

できるだけ早めに謝ることをおすすめします。

広告(スポンサードリンク)

喧嘩別れした長年の友人への謝罪内容は?

喧嘩別れした長年の友人への謝罪内容はどうしたら良いのでしょうか。

喧嘩別れした長年の友人へどのような謝罪内容が良いのかって悩みますよね。

しばらく期間があいしまっていて、突然昔のことを持ち出されたら、戸惑いも感じられるでしょう。

こちらは、仲直りをしたいと思っていても、相手にはそんな気持ちがないと言うパターンもあります。

謝罪内容としては、次のような感じが良いでしょう。

できるだけ素直な気持ちで、簡単に伝えるようにするのがおすすめです。


OOさん

お久しぶりです。お元気ですか?

あの喧嘩から、どうしているかと気になっています。

あの時は、ほんとごめんなさい。

ちょっと言いすぎました。

また再び会えたら嬉しいです。

おしゃべりできたらいいな。


このような感じで簡単に書くと良いでしょう。

自分の素直な気持ち、そして今後また仲良くしたいと言う気持ちを伝えてみてくださいね

それでも、相手に伝わらないときはしょうがないです。

しつこくしてもダメですよ。

ダメな時は、そのまま距離を置いておきましょう。

怒りの気持ちや、不満などはグッと堪えて書かないようにしてくださいね。

相手に不快な気持ちを与える文章だけはやめておきましょう。

仮に書いてしまうと、さらに関係が悪化することもあるので注意してくださいね。

広告(スポンサードリンク)

喧嘩別れした長年の友人への謝罪は「電話・ライン・直接」どれが良い?

喧嘩別れをしちゃった友人へ謝りたいとき、電話、ライン、または直接会う、どれがよいのでしょうか。

喧嘩してから時間が経ち過ぎると難しいですよね。

ラインの場合、単刀直入に書くことができますが、既読がつかずスルーされることもありますよ。

もしくは、あまりにも喧嘩が酷かった場合、ラインの友達を削除されている可能性も高いです。

でも。ダメもとでとりあえずメッセージを送るのも1つの手でしょう。

電話するのも良いと思います。

ただ、素直に出てくれるとは限らないので覚悟しておきましょう。

電話に出てくれた場合は、一言あの時は、言い過ぎたと思う。ごめん。もしよかったらまた仲良くしたいと言うことを伝えてみてください。

相手も歩み寄りの姿勢を見せてくれる場合は、うまくいきますよ。

コンタクトをとって、直接会うことが可能なら、この方法もとてもおすすめです。

面と向かって、目と目を見ながら話すことができるので、気持ちがダイレクトに伝わりやすいでしょう。

喧嘩別れした後に会うのはなかなか勇気がいるものですが、最初はよそよそしい態度であっても、誠意が伝われば解消されます。

相手にも伝わり、お互い元の鞘に戻りたい、仲直りしたい気持ちが一致すればすぐに解決しますよ。

もし仮に、ダメだったとしても、無理やり仲直りする方向に持っていこうとするのだけはやめてくださいね。

喧嘩の内容についてお互いもう1度話し合うのもの良いでしょう。

仲直りの糸口が見つかることもありますよ。

テキストのコピーは禁止です。弊社では著作権侵害とし法的措置を行います。(リンクは可)
タイトルとURLをコピーしました