友達の匂い嫌いな対処法は?体臭が合わない人いる?同性も相性ある?

生活の知恵

友達はいつも一緒にいるので、いいところも悪いところも段々と見えてくるものです。

性格はとてもいいし一緒にいて楽しいのだけれど、体臭が合わずどうしても気になってしまう友達もいるのではないでしょうか。

事実、腋臭ではないけど、なんとなく匂い(体臭)が嫌いな友人がいて、どうやって付き合っていけば良いか?悩んでいる人も多い。

ここでは、友達の匂い嫌いな対処法についても紹介しています。

広告

友達の匂い嫌いな対処法は?

ここで対応が難しいのが、そもそもの体臭が嫌いという場合です。

ふつうの体臭の場合も単純に本人が臭いということなので伝えづらいです。

まず我慢できるレベルなのかどうかですが、我慢できるならいいのですが、できないなら対処しないといけません。

対処法は主に3つです。

直接伝える

においの話題で遠まわしに伝える

他人に伝えてもらう

直接伝えるのは結構勇気がいりますね。

うまく理解してくれればいいですが、自分が臭いと言われるわけなので、大きく傷ついてしまうこともあるので注意が必要です。

においの話題で遠まわしに伝えるというのは、主に自分のことや身の回りのことでにおいの話題を出します。

最近親の体臭がすごい嫌であるとか自分の匂いのことなどを出して、何とか自分も大丈夫かな?と思ってもらうようにします。

最後の他人に伝えてもらうというのは、学生であれば学校の先生に親に言ってもらったりすることです。

これが一番安全かもしれません。

やはり言われた方はかなりショックですから、親などに伝えてもらうのが一番いいです。

広告

体臭(匂い)が嫌いな友人と今後どうやって付き合っていくべき?

学生なら最悪3つ目の学校の先生から親に言ってもらう方法が使えます。

しかし社会人などの場合は使えませんので、我慢するか何とか伝えるかしなければいけません。

一番のおすすめは、冗談っぽく友達に直接匂うことを伝えることです。

「昨日にんにく食べた?」でも「焼肉食べた?」でもいいですが、直接匂うことを伝えます。

相手が話しを理解したら冗談っぽく話題をすぐ変えます。

相手に少しでも自分のにおいのことを気にさせることができれば成功です。

これ以上は友達関係にひびくのでなかなか危険です。

だからある程度軽く友達ににおいのことを伝えるという対処法がベストです。

見出し:みんなも体臭が合わない人(友人)っているもの?

どんなに性格が合う友達でも、体臭ばかりは仕方がありません。

合う人もいれば合わない人もいます。

異性であればよくにおいが合う人が運命の人だ、なんてことを言いますが、やはり個人のにおいは仕方がないです。

体臭が合わない友達もいますよ。

広告

同性の友達にも匂い相性ってあるの?

同性の友達にも匂い相性ってあるのでしょうか。

結論から言えば、異性であっても同性であってもにおいの相性はどうしてもあります。

性格や価値観が合うかが一番大切ですが、においが合わないとどうしても心の中で少し避けてしまうことがあります。

人間的に全然嫌いなわけではないのですが、本能的に少し避けてしまうのです。

だからにおいが全く相性に関係ないとは残念ながら言えません。

しかし、においよりも性格が圧倒的に相性を考える上で重要なのは言うまでもありませんね。

もし相手の匂いが気になるのであれば、香水をあげたりして見るもの一つの方法ですよ。

もしくは「○○って、少し独特な匂いがあるよね。別にくさいわけじゃないけどね。」と言ってみましょう。

広告

匂いが嫌いな友達は相性が悪いから離れるべき?

匂いが嫌いな友達は相性が悪いから離れるべきなのでしょうか。

においが嫌いでも性格が合えば相性がいいと言えます。

性格もにおいも合った方がもちろん相性はバツグンかもしれませんが、性格が合うのが一番です。

においが嫌だから離れるということよりは、何とか友達ににおいについて伝えられて改善してもらって更に相性がいい友達関係になれるといいですね。

例えば、香水をあげたりするのも一つの手でしょう。

他にも、柔軟剤を紹介したりするのも方法の一つです。

テキストのコピーは禁止です。弊社では著作権侵害とし法的措置を行います。(リンクは可)
タイトルとURLをコピーしました