友達の悪口に疲れる対処法7選!他人の悪口が不快な時は?

友人(友達)

悪口や愚痴は言っている人はストレス発散になっているかもしれませんが、聞いている方はうんざりすることもありますよね。

事実、友人に陰口(悪口)や愚痴がよくこぼす人がおり、正直、悪口ばかり聞かされて、うんざりして悩んでいる人も多い。

では、友達の悪口に疲れる対処法はどうしたら良いのでしょうか?お悩みを解決していきましょう。

広告

友達の悪口に疲れる対処法7選!

友達が悪口ばかり言っていて疲れてしまうことってありますよね。

ここでは、友達の悪口に疲れてしまったときの対処法について紹介します。

ぜひ参考にしてみましょう。

悪口を言う友達に直接注意する

一番有効な方法は、悪口ばかり言う友達に直接注意するという方法です。

この際に、一方的に感情をぶつけるように、「悪口言うのやめた方がいいよ」などと注意することはやめましょう。

悪口を言っている本人にも、悪口を言いたくなる事情がある場合があるからです。

自分自身しか知らない事情を何も知らない相手に、頭ごなしに注意されたら不快な気持ちになってしまいます。

まずは共感してあげたうえで、優しく「良くない」と教えてあげましょう。

自分が不快になっていることに気づいてもらう

友達の悪口を直接注意する際には、悪口を言われた際の自分の感情と控えめな注意に留めておきましょう。

例えば、「悪口を聞いてしまうと〇〇な感情になって疲れてしまうから、できるだけ控えてもらえると嬉しい」というように言うことが挙げられます。

相手の事情や気持ちを尊重した上で注意すれば、悪口を言うことをやめてくれる可能性も高まります。

やんわりと伝えてあげましょう。

優しく諭してあげる

愚痴が多い友人はもしかしたら自信が相手(あなた)を不快にさせていることに気が付いてケースがほとんどです。

そこで優しく諭してあげましょう。

例えば「愚痴多いぞ~。幸せが逃げちゃうぞ」などと優しい口調で言ってあげると喧嘩にもならないでしょう。

もしくは「せっかく一緒にいるんだから楽しい時間にしたいな。」などと言うと相手を不快にさせることなく、優しく諭すことができるでしょう。

まずは友人にあなたが不快に思いをしていることをやんわりと知ってもらうのが良いでしょう。

悪口を言う友達と少し距離を置く

簡単な方法としては、悪口を言う友達と少し距離を置くことです。

わざわざ悪口を聞かされて自分自身が疲れる必要性はありません。

そのため、一緒に行動することを控えたり、メッセージのやり取りを少なくしたりして悪口を言う友達とは距離を置きましょう。

悪口ばかり言うことで周囲に人が減っていき、相手も次第に察することでしょう。

少し連絡を取らない時期を作る

悪口ばかり言うのは、最近、嫌な事ばかりでストレスが溜まっているのかもしれません。

少し連絡を取らない時間を作りましょう。

悪口を言う友達本人にも、少し自分の言動や行動を反省する時間を与えることにつながります。

ゆえに、一定期間距離を置いた後もう一度その友達と仲良くしてみると、悪口を言わないタイプの人に変化している可能性もあり、改めてその友達と友情を深められる場合もあります。

「そうなんだ〜」などと言いながら聞き流す

簡単な方法として、真剣に悪口や愚痴を聞いているように見せかけて、実際は聞き流し、「そうなんだ〜」、「なるほどね〜」などの言葉で返す方法です。

悪口や愚痴に、その場のノリなどで賛同してしまうと、本当は全く賛同していないとしても、周りの人から悪口を言う友達と同じく、一緒に悪口を言っている人だという見られ方をしてしまいます。

そのため、友達から悪口を聞かされたら、とにかく聞き流して、あくまでも聞いているように感じてもらえるような相槌を打つことがおすすめです。

「そういえばさ〜」などと話を変える

少し難しいですが効果的なの方法としては、悪口を聞かされた際に「そういえばさ〜〇〇の話なんだけど」、「あ、ちょっと見て!」などと返して、話を変える方法です。

この際にできるだけスムーズに話を変えることを意識しましょう。

相手が悪口を言っている最中に話を変えてしまうと、相手は不快な気持ちになります。

そのため、相手の悪口が途切れた際に、その場の状況に合わせて言葉を選び、返しましょう。

この返し方をすることによって、話題をうまく変えることができ、悪口を言う友達も一旦他の話題の話に集中しますし、悪口を聞かされていた側もその友達と楽しい話をすることができます。

広告

友達が他人の悪口を言ってて不快なるときはどう対応するべき?

友達が友達の悪口を言っていた場合、どのように対応すべきなのでしょうか。

結論から言うと、友達の悪口を言う友達のことを大切に思っているのであれば、その場で注意してあげるべきです。

なぜなら、悪口を言うという行為そのものが、人からの信用を失ってしまう行為だからです。

そのため、友達の悪口を言う友達に対しては、「悪口を言うと人からの信用を無くしてしまうからなるべくやめたほうがいいよ」と注意してあげましょう。

そうすることにより、悪口を聞かされる側も嫌な思いをせずに済みますし、何よりも悪口を言う友達(当人)のためになります。

広告

友達と一緒になって悪口を言ってしまったら告げ口される?

友達と一緒になって悪口を言ってしまったら告げ口されてしまうのでしょうか。

結論から言うと、告げ口されてしまう可能性は非常に高まります。

友達と一緒になって悪口を言ってしまうと、その友達に利用されてしまう場合があるからです。

つまり、その友達は自分自身がいい子に見られたい、人気者になりたいという欲求から、一緒になって悪口を言っていた人を悪く言う場合があるのです。

例えば、「〇〇ちゃんが悪口言ってたよ。」、「私自身は悪口言うつもりはなかったんだけど、〇〇ちゃんは言ってた」などと、あくまでも自分は全く悪くなく、一緒になって言っていた人が悪いということをいろんな人に告げ口します。

そのため、告げ口されないためにも友達と一緒になって悪口を言うことは控えたほうが良いでしょう。

広告

愚痴と悪口ばかりの友人を付き合っていくことにメリットある?

愚痴と悪口ばかりの友人と付き合っていくことにメリットはあるのでしょうか。

簡潔に言うと、全くメリットはありません。

なぜなら、愚痴や悪口ばかりの友人といてもマイナスな気持ちにしかならないからです。

常に笑顔で前向きな話をする友人と、愚痴や悪口ばかりの友人、どちらに魅力を感じるかと言ったら、間違いなく常に笑顔で前向きな話をする友人と一緒にいたほうが、プラスな影響をもらえますよね。

わざわざ、愚痴や悪口ばかり言っている友人と付き合い続けて、マイナスな影響ばかりを受ける必要はありません。

また、愚痴や悪口ばかりの友人と付き合っていると、周囲の人から、自分自身もその友達と同じように愚痴や悪口ばかりの人であると見られてしまう場合があります。

そのため、できる限り愚痴や悪口ばかりの友人とは付き合わないことをおすすめします。

広告

「ほんまでっかTV」で紹介した悪口を言わない人は友達少ない説って本当?

「ほんまでっかTV」で紹介されていた悪口を言わない人は友達少ない説は本当なのでしょうか。

結論から言うと、その説の実証は難しいです。

むしろ、悪口を言う人のほうが友達は少ない場合もあります。

一見、悪口を言う人に友達が多いのは、あくまでも人と表面上の付き合いしかできないためです。

悪口ばかり言う人と深く仲良くなりたいと思う人は、限りなく少ないため、周囲の人から距離を置かれているのです。

ゆえに、悪口を言う人には、困ったときに心配してくれたり、助けてくれたりするような本当の友達はいないのです。

反対に、悪口を言わない人には、自然と周りに人が集まり、何かあったときに相談し合えるような深い付き合いの友達がたくさんいます。

広告

悪口を言う人ほど人気者説って本当?

悪口を言う人ほど人気者な説は本当なのでしょうか。

簡潔に言うと、この説の事実とは言い難いでしょう。

悪口を言う人は、友達が多く人気者なイメージがありますが、それはあくまでも表面上での話です。

実際は、その人から悪口を聞かされて嫌な気持ちになっている人がほとんどですし、反抗したり拒否したりすると面倒臭いことになるからとりあえず友達のように接してあげているという人も多いです。

そのため、裏では悪口を言う人が悪口を言われている可能性が高いのです。

ゆえに、悪口を言う人が人気者であるという説は嘘になります。

画像のコピーは禁止です。弊社では著作権侵害とし法的措置を行います。(リンクは可)
タイトルとURLをコピーしました