友達の酔っ払いうざい対処法は?だるい?みっともない?嫌いな人は?

生活の知恵

飲み会の席になると酒癖が悪い人っていますよね。

見ているだけで不愉快なのに、変に絡んでこられたらもっと最悪で、思わず相手を嫌いになるケースもあります。

酒癖の悪い友達がおり、酔っぱらうお酒を強要されたり、ダル絡みをしてきたりとうざい人で、対処法に悩んでいる人も多い。

では、友達の酔っ払いがうざい対処法はあるのでしょうか?お悩みを解決していきましょう。

広告

友達の酔っ払いがうざい対処法は?

友達の酔っ払いがうざい対処法はあるのでしょうか。

思わず友人に嫌悪感を抱いてしまいますよね。

ですが、友達の酔っ払いがうざい時の対処法はいくつかあります。

ぜひ参考にしてみましょう。

水を飲ませる

酔っ払って人に絡むような時は、自分で自分を制御することができていません。

なので、少しでも酔いを冷まし、冷静になってもらうために水を飲んでもらいましょう。

また、水を飲んで小休止してもらうことで一度上がったテンションを落ち着かせる効果も期待できます。

その人の性格によっては、素直に水を飲んでくれない時もあるので、「私水飲むからついでにここに置いとくね」などと言って、さりげなくコップを置きましょう。

人に絡むくらい酔っぱらっている方なら、必ず飲んでくれます。

思いっきり酔わせて後で話し合いをする

あえて制御をせずに、周りに迷惑をかけないようにしながら好きなだけ酔わせて後で話をするというのもひとつの手段です。

酷く酔っ払った次の日は必ず二日酔いを起こします。

頭痛と自己嫌悪に苛まれて、「なんであんな飲み方したんだろう」と苦しみます。

酷なようですが、この時に友達に真剣に話をしましょう。

相手は、自己嫌悪の苦しみの中で「もう酒を飲んで人に迷惑はかけない」と思ってくれます。

そして念には念を入れて、また酒を飲む機会の時に「この前みたいなのはやめてよ」などと言っておきましょう。

そうすることによって、飲み方は次第に変わってきます。

その場から上手く離れる

酒を飲むことができるくらいの大人なのですから、行動は自己責任です。

本来なら友達のあなたがなにかしてあげたり、相手をしてあげる必要はありません。

それに、酔っぱらいに関わることで自分も同類として人から見られる可能性も十分にあります。

ですから、自分を守るために先に離席するなどをしてもかまいません。

友人のいる飲み会に参加しない

酒癖が悪い人は基本的に治ることはありません。

最悪のケースだと、相手は何も覚えていない可能性もありますからね。

なので、いっそ友人のいる飲み会には参加しないのが一番の場合もあります。

適当な理由をつけて飲み会を断りましょう。

友達と距離を置く

飲み会での無礼講なんて存在しません。

飲み会での友人の態度を見て相手を嫌いになるケースも珍しくありません。

そこで、友人と距離を置くのも方法の一つです。

相手が「何かした?」と聞いてきたら、あなたが思っている不快感を相手に伝えましょう。

広告

友達の酔っ払いがだるい絡み方をしてきたときのその場の逃げ方は?

友達の酔っ払いがだるい絡み方をしてきたときのその場の逃げ方はあるのでしょうか。

できれば、上手に避けたいものですよね。

友達の酔っぱらいがだるい絡み方をしてきた時には、思いきって拒絶をしましょう。

酔っ払いというのは気持ちが大きくなって普段しないような言動に走ります。

ですが、同時に気持ちの振れ幅が逆にも働くのが酒というものです。

案外、強い言葉で「それは嫌だ」と伝えると、さっきまでの態度が噓のように冷静になってくれることが多いです。

広告

酔ってる人を「みっともないから嫌い」と思う人は多い?

酔ってる人を「みっともないから嫌い」と思う人は多いのでしょうか。

やはり見ていると不愉快になりますよね。

結論から言えば、、酔ってる人を「みっともないから嫌い」と思う人は多いです。

酔っている人はたいてい幼児化して、周りに迷惑をかけています。

大人になるとどうしても酒を飲む場に行く機会も増えるので、そうやって酔っぱらった人に迷惑をかけられた経験がある人はとても多いです。

そして、その全員が「楽しく飲むのはいいけど、酔っぱらってみっともなくなるのは嫌だな」と思っています。

広告

友達の酔っ払いの行動や発言を嫌いだと上手に伝えるには?

友達の酔っ払いの行動や発言を嫌いだと上手に伝えるにはどうしたら良いのでしょうか。

友達の酔っぱらいの行動や発言を嫌いだとうまく伝えるにはタイミングが重要です。

もちろん酒を飲んで気が大きくなっている時に言ったとしても、本人が聞いてくれる可能性は低いです。

だからといって、一切酒の気配がない時に改めて言ったとしても響くとは限りません。

ですので、本人が何か酒を飲んで嫌なことをした翌日、すぐに自分の思いを伝えるようにしましょう。

本人の中でも何をやらかしたのか記憶に新しく、また酔ってもいないので忘れることもありません。

広告

自分が酔っぱらいたくない時にはどう対処すればいい?

自分が酔っぱらいたくない時にはどう対処すればいいのでしょうか。

自分が酔っぱらいたくない時には、まず自分の中で酒を連続で飲むリミットとなる量を決めておきましょう。

ここまでなら飲んでも、冷静さを失うことはないという量を見つけておくのです。

そして、酒の場にいる時は、その量に向かって調整しながら飲むということをすれば、酒に酔っても、酔っぱらうことはありません。

もし、その限界の量を超えてしまった時には、水やソフトドリンクなどを間に挟むようにしましょう。

酒に酔ってくると、案外アルコールが入ってない飲み物でも満足することができます。

それに、この方法で酒を飲んでいると、翌日まで引っ張ることはありません。

テキストのコピーは禁止です。弊社では著作権侵害とし法的措置を行います。(リンクは可)
タイトルとURLをコピーしました