友達の約束に寝坊してうざいと思われたら?謝罪内容は?仲直り方法も

生活の知恵

友人との遊びに遅刻してしまうと、その日が気まずさと申し訳なさで最悪になりますよね。

事実、友達と遊ぶ約束したが、自分が寝坊してしまい中止になり、謝ったが友達には「うざい」と思われ、なんとか仲直りしたいと悩んでいる人も多い。

では、友達の約束に寝坊してうざいと思われたときの対処法はどうしたら良いのでしょうか?お悩みを解決していきましょう。

広告

友達の約束に寝坊してうざいと思われたときの対処法は?

友達の約束に寝坊してうざいと思われたときの対処法はどうしたら良いのでしょうか。

友達との約束に寝坊してうざいと思われ、謝っても許してもらえないときには、こんな対処法があります。

ぜひ参考にしてみましょう。

とにかくひたすら謝る

寝坊したときに友人へ不快感を与えてしまったのであれば、ひたすら謝りましょう。

最初は許してくれなくとも、日を改めて謝罪すれば、許してくれるケースも多いです。

友人も当日は頭に血が上って感情的になっているでしょうが、少しずつ冷静になっていき、あなたの謝罪も受け入れてくれます。

もう二度としないと誓いを立てる

友人は遅刻されて怒っているのであれば、「もう二度としないからチャンスをください」と言いましょう。

相手もあなたとの関係を大事に思うからこそ、遊んだりするので、あなたの誠意が伝われば、必ず許してくれますよ。

謝罪と誓いをセットにすれば、相手も納得してくれるでしょう。

「どうすれば許してもらえる?」と話を先に進める。

謝っても許してもらえない場合は、会話をその場所に留め続けても解決できることはありません。

むしろ、「遅刻されて怒っている」という感情を強めていく結果にしかなりません。

ですから、まずは会話を先に進めて「怒っている」から「どうすれば解決できるのか?」に進めていきましょう。

そうすることで、怒りから気をそらせることが出来ますし、二人の関係も改善していくことができます。

ですが、くれぐれも偉そうに映ってしまうような言葉選びは避けてください。

事態を悪化させることにつながりかねません。

とりあえず何か違うことをする

ずっと怒り続けることが出来る人はそうはいません。

怒りという感情自体に持続力がありませんし、そもそも怒っていても楽しくありません。

ですので、約束があり、一通り謝ったのならば、とりあえず一緒に何か出来ることを探しましょう。

そうして一緒に楽しいことに取り組んでいるうちに、少なくとも謝っても受け入れてもらえないくらいの怒りの感情は薄れて冷静に話し合うことができます。

広告

寝坊する友達は相手にどんな風に思われてしまう?

寝坊する友達は相手にどんな風に思われてしまうのでしょうか。

寝坊をしてしまう理由は人それぞれで、自分なりの訳があるかと思いますが、友達にとってはただの「寝坊」です。

「寝ていて約束に遅れた」なのです。

それは、遅刻をせずに待ち合わせ場所に来た相手からしたらとても不誠実に思われてしまいます。

基本的に遅刻への考え方は人それぞれですが、やはり遅刻されて不快に思う人が多いです。

遅刻してしまったら、とにかくひたすら謝りましょう。

広告

約束に寝坊されたときの友達の気持ちって?

約束に寝坊されたときの友達の気持ちはどうなのでしょうか。

約束に寝坊された時、友達は「自分は約束を守るつもりだったのに」と考えます。

つまり、相手は自分のために行動をしていたのです。

その気持ちを裏切られたら、悲しいですよね。

怒りというのは、悲しみの表現方法でしかありません。

自分が寝坊をして相手が怒っている時、本当は友達も悲しんでいるのです。

友人はあなたとの予定を楽しみにしていたからこそ、怒りも覚えるし、悲しみも覚えるのです。

まずは友人にいかに「今日の遊びを楽しみにしていたか」を伝えたうえで、誠心誠意、謝りましょう。

広告

友達が自分の寝坊にイライラしてるときの接し方は?

友達が自分の寝坊にイライラしてるときの接し方はどうしたら良いのでしょうか。

イライラしている人との接し方は難しいですよね。

特に自分が原因を作っているときは、何を言っても墓穴を掘るように感じるでしょう。

友達が自分の寝坊にイライラしているときは、今まで通りの接し方では問題があります。

しばらくは「自分は寝坊で約束を破ってしまった」ということを踏まえ、距離感を保って話をするようにしてください。

そうすることで、友達も落ち着いて考えることができます。

その時にあなたが反省している態度を見せることが関係改善の第一歩です。

広告

約束に寝坊したときには友人へどんな謝罪内容が良い?

約束に寝坊したときには友人へどんな謝罪内容が良いのでしょうか。

寝坊する時にはいろんな理由があります。

翌日が楽しみで寝付けなかった。

どうしても昨日中にやることがあった……。

しかしそんな事情は、相手には関係ありません。

ただ約束を破られたという事実があるだけです。

ですので、自分が寝坊をした訳を説明するのは良くありません。

まずは、真剣に謝っていると分かるように、全面的に自分の非を認めた謝罪をすることです。

それから、今後はどうやって寝坊をしないようにしていくかを伝えるしかありません。

どうしても許して貰えなかった場合は「本当にごめん、気持ちが落ち着いたら連絡してほしい。待ってるから」と言いましょう。

広告

友達との約束に寝坊して相手が怒っているときの仲直り方法は?

友達との約束に寝坊して相手が怒っているときの仲直り方法はあるのでしょうか。

できれば、前みたいな関係性に戻りたいですよね。

誰でもそうなのですが、感情的に怒っているときというのは冷静な判断が出来ません。

ですので、まずは相手の怒りが収まるのを待ちましょう。

そうすることで、相手は理性的になぜ自分が怒っているのかを考えるようになります。

それから、誠心誠意、謝罪の気持ちを伝えましょう。

当日謝って、日を改めて謝罪するとあなたの反省も伝わりやすいですよ。

広告

寝坊で遅刻して友達なくした人って多い?

寝坊で遅刻して友達なくした人って多いのでしょうか。

寝坊で遅刻して、友達を怒らせた人は多いのですが、友達を無くすまで発展する人は多くはありません。

あくまで1回の遅刻は、友達としての長い歴史の1ページでしかないからです。

たった1回遅刻をしたからといってそれがきっかけで破局してしまうことはそうそうありません。

ですが、場合によっては寝坊による遅刻で破局してしまうこともあります。

それは、遅刻をする以前に友達を怒らせている場合です。

色々なことが積み重なって、寝坊による遅刻で感情が爆発し、そのまま友達をやめてしまう。

という流れなのですが、これは遅刻が原因という訳ではありませんよね。

なので、寝坊による遅刻だけで友達をなくした人は少ないと言えます。

テキストのコピーは禁止です。弊社では著作権侵害とし法的措置を行います。(リンクは可)
タイトルとURLをコピーしました