友達うざいと言われた対処法6選!嫌いと言われた返し方も!

学校生活

学校での友人関係は大きな悩みの一つになりますよね。

例えば、相手から傷つくような言葉を言われることもあるでしょう。

では、学校の友達からうざいと言われた対処法はどうしたら良いのでしょうか?

お悩みを解決していきましょう

広告

友達うざいと言われた対処法6選!

深い意味はないので気にしない

「うざい」とかってそこまで悪意や意味は無いときもあります。

特に学生が使うときって「とりあえず言っとけ」みたいなパターンが多いですからね。

そこまで気にしなくて良いことだったりします。

友人から離れる

ある日、学校の友達にうざいと言われてしまい「なんでそんな酷いこと言うのだろう?」と人間不信になりモヤモヤしている中学生もいます。

どうしても自分の中で消化できなければ、友人とは離れても良いかもしれませんね。

交友関係を広げて仲の良い友人を作る

相手から悪意のある言葉をぶつけられると、精神的に辛いですよね。

「うざい」という言葉に深い意味は無くてもです。

そこで、他のグループの子達とか、色々な人と仲良くしておくと、相手からの言葉も気にならなくなります。

交友関係が狭くなると、やはり悩みも深くなりますからね。

信頼関係が友人と築けていない証拠だから離れる

うざいと言われてムカつくのは、その友人と信頼関係が築けていない証拠です。

相手は冗談のつもりで、何も意味を持ってない場合もあります。

あなた自身が「相手に嫌われているかも?」と感じているのでしょう。

結論から言えば、信頼関係が築けない相手とは仲良くしないほうが良いでしょう。

少しずつ離れて行くのも方法の一つですよ。

友達の発言が「自分にだけなのか?みんなにも同じこと言っているのか?」を見極める

まずは冷静に自分を見つめ直すことが大事です。

うざいといわれる理由があるはずなのです。

ネットで調べれば、うざいと思われる理由がたくさんでています。

その中に、自分が該当する項目がたくさんあれば、ほぼ間違いなくそれが理由ですね。

次に、言っている友達を検証してみます。

友達のなかには、どんな人に対してもうざいといっている人がいるからです。

ほんのささいなことでもすぐに「うざい」と言ってしまうという感じですので、そのような人は無視でいいです。

友人からすればコミュニケーション一環の場合も

うざいと言われたらショックでは相手には特に悪意や意味が無い場合もあります。

なので、気にする必要はありません。

友達は「うざい」をコミュニケーションのひとつとして使っているかもしれないからです。

「うざいなぁ」と言われても、案外、軽い気持ちで悪気なく発言しているときもありますね。

広告

友達うざいと言われた時の上手な返し方は?

友達うざいと言われた時の上手な返し方はどうしたら良いのでしょうか。

一番良いのは「そうですか。すみません。」と笑いながら言うのが良いでしょう。

あとは「ちょっと・・・」と笑いながら言うのも良いでしょう。

あまりに相手がしつこいのであれば、距離を置くのもオススメです。

確かに「うざい」と言われたら反応に困りますよね。

まず素直に自分がうざいことを認めます。

「え、自分はうざくない」と思っている人でも、友達から発言がある限り、なにか原因があるはずです。

理由があるから人は行動したり発言するケースもあります。

第一に原因が何であるかを確認するほうがいいです。

といいますのも、原因が分からないと、うざさはなくならないからです。

また、日ごろの行いが良ければ友達はうざいと思わなくなる可能性もありますね。

広告

友達に嫌いと言われたらどうする?

友達に嫌いと言われたらどうするべきなのでしょうか。

とにかくなぜ嫌われているか、をはっきりさせることが重要。

ですが、直接、相手に聞くのも抵抗がありますし、聞かれた方も正直に答えてくれるとは思えません。

ですので、友達の友達に、相談してみます。

「〇〇さんに嫌い」と言われたんだけど、なぜだか分かる?と聞いてみればいいのです。

残念なことですが、嫌われる人は、多くの人から嫌われる傾向にあるのですぐに回答を得ることができるでしょう。

原因が分かれば、それを解決していきます。

時がたってから、友達に心を開いて、改心したことを告げるのもいいでしょう。

こちらから主体的に変化していけば、友達にも伝わるものです。

友達も、本気でいっているかはどうかは、数回やりとりをしてみないと分かりません。

その友達と長続きできますよ。

広告

友達に嫌われてるサインって?

友達に嫌われてるサインってあるのでしょうか。

様々な意思表示や行動がありますが、代表的なものは、「目が合わない」「いつも近くにいない」です。

人間は嫌いな人とは、無意識のうちに距離をとってしまう動物です。

敵から身を守るために養われたDNAとでもいえます。

無視される、などもありますが、口数が少なくなった友達にも嫌われているでしょう。

会話の中で、友達から否定的な発言が多くなったり、途中で会話が止まったりしたときも嫌われている可能性があります。

今まで、一緒に遊んでいた友達が、突然離れていく、というケースが多いです。

意外と、自分が嫌っている友達にも嫌われているものです。

「嫌い」と思っていると、自然に行動や言動としてでてしまいますので、友達は自然と気づくものです。

そして嫌われてしまうということにつながります。

ただ、中学生年代は多感な時期でもあります。

突然嫌われたり、そうでなくなったりと、波があるので、深刻に考えず長い目で対応することが肝心で、「お互い様」という心理で対応していくことも大切です。

テキストのコピーは禁止です。弊社では著作権侵害とし法的措置を行います。(リンクは可)
タイトルとURLをコピーしました