中学生が周りと合わない時は?雰囲気やクラスに気の合う子がいない?

生活の知恵

学校のクラスの雰囲気に馴染めず、周りと合わないときってありますよね。

クラスに馴染めず悩んでいる中学生も多い。

クラスに雰囲気や気の合い友人が居ないと学生生活は苦しいものです。

中には学校を休みがちになってしまう生徒もいるでしょう。

では、中学生が周りと合わないときはどうしたら良いのか?乗り越え方についても解説しています。

広告

中学生が周りと合わないときの乗り越え方は?

無理して合わせず付かず離れずの距離を保つ

学校だけの関係だと割り切って上辺の付き合いをする

あなたが大人になって周囲と合わせてあげる

友達の好きなものに興味を持つ

趣味や好きなものなど友達と何か共有する

学校以外で自分の居場所を見つける

友達との共通点を探してみる

友達に好きなものを進めてみる

中学生ライフの中で、周囲と自分がうまく合わないときは、どんな風に乗り越えると良いでしょうか。

人間関係のこじれで悩む子は多いのですが、答えは一つです。

それは、「無理に合わせない」こと。

人間関係で無理をして合わせていても、ストレスを抱えてしまいます。

でも合わないからって話さない、というわけではありません。

大人の世界でも、人間関係が合わないことはよくあることです。

でも、協力しあわないと過ごしにくいですよね。

わざと無視をする、避けるのもストレスです。

そこで、友達としては合わなくても、知り合いとしてうまく協力しあえる関係が理想です。

苦手な子とも、会話程度はできる関係を作れると、学校も過ごしやすくなります。

広告

クラスの雰囲気が合わないときの対処法は?

クラスの雰囲気が合わないときの対処法はどうするべきでしょうか。

オススメの乗り越え方は次のとおりです。

無理に入ろうとしない

雰囲気が合わないときは距離を保つことがおすすめです。

無理に入ろうとすると、気も使いますしストレスの原因になります。

また無理すると空回りすることだってあり、逆に反感を買ってしまうことになる場合も。

雰囲気は良い方向に変わっていくこともあるので、焦らずに過ごしましょう。

話せる人が見つかるチャンスかも

雰囲気が合わない、と感じているのはひょっとしてあなただけじゃないかもしれません。

クラスのノリについていけない子を見かけたら、少し話をしてみるのも良いでしょう。

実は同じように悩んでいる子かも。

友達になれる可能性もあります。

広告

クラスの雰囲気が悪いと感じてしまうときは?

クラスの雰囲気が悪いと悩んだときでも、色々な方法があります。

次のように対処してみましょう。

あえて関わらない

クラスの雰囲気が悪いと、良くしたくなりますよね。

でも人間関係がよりこじれてしまう可能性もあります。

あえて関わらないことで、乗り越えるというのも方法の1つです。

先生に軽めのノリで相談する

先生との面談時に、軽いノリでクラスの雰囲気について触れることもおすすめです。

「トゲトゲしている」「ギスギスしている」など、わかりやすく伝えることで先生も今まで以上にクラスへ気を配ってくれます。

軽めのニュアンスだといじめなど余計な心配をされずに済みますよ。

広告

クラスに気の合う子がいないときはどうしたら良い?

クラスに気が合う子がいないのってつらいですよね。

そんな時ってどうしたら良いでしょうか。

友達じゃないけど仲間は作る

親しい間柄ではないけど、軽く会話したりクラスの話をしたりできる仲間は増やせると良いでしょう。

コツは、親しくなろうとしないことです。

情報交換程度に交流出来る人が増えると、あなたももっと過ごしやすくなります。

クラス以外に友達を作る

クラスが合わなくても、クラス以外に友達がいると気も楽になります。

部活や小学校の頃の友達など会話できる友達と親しくしましょう。

特に中1ですと次年度はクラス替えの学校も多いですよね。

つらいけどいずれ終わりは来るので、それまでは気持ちを切り替えて別の友達と親しくすることがおすすめです。

広告

気の合わない人が多い学校生活を明るく楽しくする気持ちの切り替え方は?

気の合わないクラスだけど、もっと学校生活を明るく楽しむためには、どんな風に気持ちを整えると良いでしょうか。

次の2つを参考にしてみてください。

社会勉強だと思うこと

中学校で起きる嫌な出来事は、社会に出てからも経験しやすいものです。

特に人間関係は大人もよく悩んでいます。

そこで、今起きていることは社会勉強だと思って、観察してみましょう。

きっと将来役に立ちます!

悪い子ばっかりじゃない

話してみると苦手な子も居ますよね。

何でこんなに意地悪なんだろう、とか。

でもしょせんは中学生の子どもです。

弱点もあります。

勉強が苦手、運動が苦手、など誰にでも不得意なこともあるのです。

悪い子じゃないな、と思っておくとしゃべるのも上手になったり、交流が出来るようになります。

気が付くとあなたも会話の中心にいるかも!

テキストのコピーは禁止です。弊社では著作権侵害とし法的措置を行います。(リンクは可)
タイトルとURLをコピーしました