くせ毛をプール後に中学生はどう対策する?前髪や髪の毛ボサボサは?

生活の知恵

夏季の体育の授業でお馴染みの「プール」ですが、皆さんは好きですか?

でも水泳の授業でネックになってくるのが「くせ毛」の対策です。

直毛の人はあまり気にされたことがないかもしれません。

ですが、くせ毛の人は1度水に濡れてしまうと、朝にセットした髪型が崩れてしまうので、プール後はかなり大変なのです。

今回の記事では、学校でもできる「くせ毛対策」についていくつかご紹介していきます。

ぜひ参考にしていただければ幸いです!

広告

くせ毛をプール後に中学生はどう対策する?

プール授業は泳いでいる時は夏の暑さから逃れられるので天国。

ですが、授業が終わった後は色々と面倒なことが多いですよね。

1日の最後の授業であれば特に気にすることも少ないですが、まだ授業や部活がある場合にはそれなりに準備をしなければなりません。

まずプール後の授業で一番大切なことは髪を乾かすことです。

でも学校によってはドライヤーが使えない場合がありますよね。

そこで、オススメなのは下記の吸水性バッチリなドライタオルです。

ミライさん
ミライさん

わたしも速乾性のドライタオルでプール授業後のくせ毛を乗り切りました。

わたしもかなりのくせ毛で今は縮毛矯正かけています。

やはりプール後のくせ毛への対策はいかに髪の毛を早く乾かせるかですからね。

口コミで評判だし是非オススメですよ。

この商品であれば、学校のプール授業後の濡れた髪をいち早く乾かしてくれます。

くせ毛の対策において大切なのは「いかに早く乾かすのか?」ということです。

早く髪の毛を乾かすことで限りなく髪の毛の「くせ毛、うねり、はね」を解消することができます。

そして次に問題なのが学校ではドライヤーが使えないとうこと!

そこでオススメなのがコンパクトで持ち運び便利な充電式ヘアアイロンです。

マユミさん
マユミさん

コンパクトで何より持ち運び便利ですからね。

学校のカバンに入れても全然かさばらないですしね。

めちゃめちゃ便利です。

口コミでも好評の理由がわかりますね。

タオルとヘアアイロンさえあれば何も怖くないですよ。

まあ、中学校によってヘアアイロンは持ち込み禁止の可能性がありますけどね。

コンパクトだから忍ばせることもできますけどね。

学校ではドライヤーは使えませんよね。

コンセントも使えない場合もあります。

ですが充電式ヘアアイロンであれば、コンセントを利用する必要もありません。

これでくせ毛もすぐに元通りにできますよ。

上記で紹介したヘアアイロンとドライタオルがあれば、プール授業後のくせ毛も心配ありません。

また値段も手ごろなのでとってもリーズナブルです。

ぜひ参考にしてみよう。

広告

プール後の前髪ぺったんこはどう対処する?

髪型の中でも特に目立ち、重要なのが「前髪」ですよね。

直毛の人はぺったんこになってしまいますし、くせ毛の人はくるくるになってしまい、プールの後は非常に悩ましいです。

そこで便利なのが、ホットカーラーです。

まずタオルドライをきちんとした後で、このホットカーラーを巻きます。

充電式でコンセントは必要ありませんので、学校でも使用できます。

前髪が綺麗に巻かれているだけでも、かなりマシに見えますよ!

広告

プールの水泳授業後に髪の毛がボサボサになる中学生の対処法はどうしたら良い?

プールに入った後の髪は、ボサボサでゴワゴワになることが多いですよね。

プールで髪が傷んでしまう原因は、水の中に「塩素」が入っているからです。

この塩素が髪の表面のキューティクルを剥がしてしまうので、ボサボサになってしまうのです。

髪が少しでも傷まないようにするためには、なるべく髪が水に浸からないようにする必要があります。

ですので、プールに入る際には髪をまとめて、シリコンキャップを被ると良いです。

また、髪のキューティクルを守るために、UVカットの効果がある洗い流さないタイプのトリートメントを事前に付けておくことも、対処法の一つです。

広告

プール後に濡れた髪でも髪型を可愛くアレンジするオススメの方法ってある?

プールの後は、身支度の時間があまり無いことが多いですよね。

髪を完全に乾かすのも難しい場合がほとんどかと思います。

そこで、プールの後で濡れてしまった髪を、少しでも可愛くアレンジする方法を調べてみました!

後ろ髪はお団子にすると、うねりやボサボサ感もうまく誤魔化すことができます。

また、前髪はピンを使ってまとめて留める方法が1番簡単にアレンジできる方法です。

いずれにしても、長時間濡れたままだと髪が更にダメージを受けてしまうので、アレンジをする前に、出来る限りタオルドライをしておくようにしましょう。

広告

くせ毛から縮毛矯正した髪でプールに入って自然乾燥させたら縮毛矯正とれちゃう?

縮毛矯正は、髪のくせを伸ばすことができますが、髪にかなりのダメージを負わせてしまう施術の一つでもあります。

縮毛矯正後の髪は弱っている状態。

なので、プールの塩素に浸かると、せっかくの縮毛矯正がとれてしまう可能性が非常に高いです。

ですので、縮毛矯正後の数日間や当日は、出来る限りプールには入らない方が無難です。

縮毛矯正は高価な施術なので、効果が長持ちするためにも、プールの日程は考慮しておいた方が良いでしょう。

テキストのコピーは禁止です。弊社では著作権侵害とし法的措置を行います。(リンクは可)
タイトルとURLをコピーしました