学校休む勉強遅れる?高校生が遅れ取り戻す方法は?ついていけない?

生活の知恵

最近、少し学校を休みがちになり、勉強についていけないと悩んでいる学生も多い。

やはり予習や復習をしてない学生が、学校を休みすぎると授業についていけなくなるのは当然です。

では、学校を休むと勉強がどれだけ遅れるのか?詳しく見ていきましょう。

また、高校生が授業の遅れ取り戻す方法についても知っていきましょう。

広告

学校休む勉強遅れる?

結論から言うと、遅れる可能性はあります。

もちろん、あくまでも可能性の話です。

ですが、予習も復習もしてない生徒が学校を休みすぎると、授業(勉強)に遅れが出て、休む日数が長いほど勉強についていくのが大変になるのは当然といえば当然です。

学校と先生の授業スピードにもよりますが、意外と1日休んだだけで、授業がかなり進むこともあります。

特に文系の授業であれば、勉強の遅れについていけることが多いです。

逆に理数系は、公式や数式などがあるから、1日学校を休むと、そこからどんどん授業に遅れることもあります。

通うのが遠い、人間関係が疲れる、など様々な理由で高校を休みたいときってありますよね。

でも、高校は休んでしまうと勉強は遅れるのでしょうか。

高校の授業は範囲が広いので、とっても早いスピードで進むことがあるんです。

1日休んだらわからなくなった、という可能性もあります。

広告

学校を休む高校生が授業の遅れ取り戻す良い方法ってある?

高校の授業の遅れを取り戻したい場合、次の2つを実行してみましょう。

ぜひ参考にしてみましょう。

高校の授業は学校以外でも覚えられる

高校は大学受験を控えているため、たくさんの受験生向けの塾があります。

つまり、学校で勉強しなくても学ぶ方法はあるのです。

独学で覚えることが難しい科目を思い切って塾で学ぶこともおすすめです。

家庭教師やオンライン授業などの選択肢もあります。

担任の教師に相談をする

高校を休んでいる場合、教師もあなたの出席について心配しています。

せっかく入学してきたのですから、退学にならないように応援してくれます。

相談が出来る関係性がある場合、授業へのアドバイスを個別にお願いすることもおすすめです。

広告

1日だけ学校を休んで授業についていけないときは?

「1日だけ休んだら、授業についていけなくなった!」こんな時はどう対処すれば良いでしょうか。

次の方法を試してみてくださいね。

参考書を買う

1日の授業であれば、簡単な参考書でもカバーできます。

塾に入るほどじゃない、と感じたら参考書を買ってみましょう。

わかりやすく解説してあるので、テスト対策にも役立ちます。

ノートを借りる

ノートの貸し借りが出来る友達がいる場合、思い切ってノートを借りてみましょう。

先生が「ここはテストに出るぞ」と言った範囲など、教えてもらえるとありがたいですよね。

先生に聞く

先生の仕事は生徒に教えることです。わからないことを質問されると、丁寧に教えてくれます。

苦手意識のあった先生も、個別に相談すると案外優しいことも。

わからないことは先生に素直に聞いてみるのはどうでしょうか。

広告

高校生が学校休んだ日の過ごし方って?

「はー今日はもう高校休んじゃおう」と休んだ場合はどんな風に過ごすと良いでしょうか。

せっかく休んだからには次のような過ごし方がおすすめです。

ひとり時間を楽しむ

高校生ってなかなかひとりにはなりにくいですよね。

学校にも塾にも人がたくさんいます。せっかくの休みなので、ひとり時間を満喫しましょう。

ネットを見る、ゲームをする、など好きな過ごし方をして、リラックスしましょう。

この機会に趣味を見つけると、大人になってからも楽しいですよ。

ネットを活用する

高校生ってついダラダラとスマホを見ちゃいますよね。

youtubeやゲームに夢中になる世代です。

でも、ネットを暇つぶしだけに使うのはもったいないんです。

勉強を無料で教えている動画、ヨガや筋トレを教えている動画もあります。

振付を教えてくれるダンスなども充実しているのです。

この機会に「学び」の視点でネットを使ってみましょう。

気になる進学先を調べたりするのもネットが便利ですよ。

広告

勉強のストレスで学校休みたいと思ったときの乗り越え方は?

高校の勉強は専門性も高くなっていき、受験モードですよね。

順位や平均点なども気になるし、勉強は結構ストレスです。

そんな時ってどうしても学校を休みたくなります。

では、休みたい気持ちを乗り越えるにはどうすれば良いでしょうか。

下記を参考にしてみてくださいね。

結果も過程も大事だと知ること

勉強を重ねてもテストの点数が伸びず、結果にならないこともあります。

でも勉強を頑張る過程はとても大切です。

どんなに有名な野球選手でも、毎日ホームランは打てません。

少しでもホームランを打てるように毎日練習をしているのです。

まずはコツコツやることが大切です。

過程を見直すこと

結果が出にくい場合、過程を変化させる時期かもしれません。

疲れているなら勉強を減らすことで成績が伸びる子もいます。

どういう過程で勉強すれば成績が伸びるか、考えてみると良いでしょう。

テキストのコピーは禁止です。弊社では著作権侵害とし法的措置を行います。(リンクは可)
タイトルとURLをコピーしました