友達と仲良いけど嫌いな対処法6選!うざい友人を簡単に撃退

学校生活

高校で仲良くしているけど、実は嫌いな友人がいることってありますよね。

事実、クラスや部活では大丈夫だが「遊び、移動教室」などで二人きりになりたくない友人もいます。

険悪にはなりたくないから、良好な付き合い方について悩んでいる高校生も多い。

では、友達と仲良いフリで嫌いな人への接し方はどうすれば良いのか?お悩みを解決していきましょう。

広告

友達と仲良いけど嫌いな対処法6選!

アヤミさん
アヤミさん

「割り切って付き合う」というのが一番の対処法です。

私だったら学校だけのお付き合いと割り切って適当に関わっていますよ。

仲の良いフリできるあなたは十分に大人です。

まずは褒めてあげましょう。

すごいことですからね。あとの対処法としては、二人きりにならないようにするとかですかね。

カスミさん
カスミさん

私の考える対処法は「二人きりにならないで集団で話すようにすること」です。

嫌いな友人とはなるべく二人きりにならずに、集団で話すようにしましょう。

そうすれば、だいぶ和らぎますよ。

あとは、話さなければいけない状況下ならなるべく聞き手に回るのが一番です。相手に話させるように会話を持っていきましょう。

例えば、相手の好きなことやものについて話すとかね。

あとは頷いていればOKです。

マミさん
マミさん

「適当な社交辞令を言って上手くやり過ごす」というのが対処法です。

嫌いな人とも喧嘩すると面倒ですから、仲良いフリするに越したことはありません。

適当に「今度、遊び行こうよ~」とか社交辞令でも言っておきましょう。

相手に「あなたは嫌いじゃないよ」という意思表示を形だけでもしておきましょう。

相手も悪いようにはしませんからね。

マユミさん
マユミさん

友達ではなく利用要員として認識しましょう。

嫌いな人は利用要員です。

教室移動とかグループ組とか、自分が一人になってしまう際に、使える要員として接しましょう。

ある程度、仲の良いフリしておいて、自分が困ったときに近づいて頼りにするくらいで、良いと思います。

利用要員にしましょう。

カオリさん
カオリさん

やっぱり「仲良いフリをする」というのがオススメの対処法ですね。

学校の友人のなかに、嫌いだと感じる人はいますよね。

学校生活は主に数名のグループで行動をしますからね。

実はその中に、表面上は仲の良いフリをしているが内心あまり良く思っていない、嫌いだと感じる人がいる人も実は多いですよね。

仲の良いフリそれが一番の正解ですよ。

リカさん
リカさん

対処法は「深く関わらずに距離を置いて付き合う」というのが良いですよ。

嫌いな人っていますよ。

ただ相手とは険悪にはなりたくない、ある程度の距離感をもった状態で付き合っていきたいという場合は上辺で接すると良いでしょう。

笑顔で接しておけばOKです。

いわば付かず離れずの距離感で、とても難しいと感じるかもしれませんが、実はポイントを抑えれば簡単なことです。

最も大切なことは「線引きをする」ということです。

学校に一人や二人は嫌いな人っていますよね。

まずは喧嘩を避けるために、仲の良いフリは大正解です。

あとは、どこまでを自分は許容するのか、これを自分の中で明確にしておくことが、実は1番大切なことです。

広告

学校の友達をうざいと感じるときの上手な接し方とは?

学校の友人を内心うざいと感じるときは、どのようにすれば良いのでしょうか。

うざいと感じる感情は、無意識のうちに感じる感情のため、思わないようにするということは、コントロールがしづらいものです。

その割には、嫌な部分的はつい目についてしまう…厄介だと感じるのではないでしょうか。

そんなときは、うざいと感じるのは「なぜ」か自分の感情を分解してみてください。

例えば大袈裟な言動がうざいと感じるのであれば、それはなぜ自分がうざいと感じるのか。大袈裟な言動をしていることで注目を浴びようとしているのが目につく。

というのが理由であれば、それをさらに分解します。

もしかしたら、自分も同じように注目を浴びたいという本音に辿り着くかもしれません。

とすると、うざいと感じるのは、羨ましいという感情が根底にあることに気づくことでしょう。

根底にある自分自身の本音に気づくことができると、どことなく冷静になり、相手を客観的にみることができます。

冷静になることで不思議とうざいと思っていたことが、何とも思わなくなってきます。

まずは自分自身に向き合うことが大切ですね。

広告

嫌いな友人からの誘いを上手に断る方法は?

嫌いな友人から遊びなどに誘われたときはどのようにするのが良いでしょうか。

一般的に嫌いな友人とは出かけたくないと感じるのが一般的です。

角が立たないように、どうにかうまく断りたいというときはどのようにすると良いでしょうか。

結論、「環境」を断る理由にすることをお勧めします。

例えば、家のルールなど相手に「やむを得ない」という印象を与えるとより効果的です。

自分が嫌なのではなく、あくまでこういった事情があるから…という状況で説明をしておきましょう。

相手も自分自身が断られたのではなく都合やタイミングがつかなかっただけなのかと思うことでしょう。

もしくは「もうちょっと早く言ってくれれば良かったのに・・・」というのも使える手ですよ。

広告

ストレスになる友達とは離れるべき?

ストレスになる友達とは離れるべきなのでしょうか。

一緒にいることでストレスを感じる友人とは離れるべきかという点も悩むところではないでしょう。

結論として、離れるか離れないかは自分が相手をどの程度許容できるかによって判断するをすると良いでしょう。

なかには、ストレスを感じていたがその友人のストレスを感じる言動をなぜ行うかという点を行うかという点を理解したり、慣れたらストレスを感じなくなってきたということも珍しくありません。

つまりは「慣れた」ということでしょう。

とはいえ、大きくストレスを感じるようであれば、慣れるように時間の経過を待つよりも心身の健康ためにも距離をとったほうが好ましいということもあります。

いずれも、自分の気持ちを整理し許容できるのか、どうかという点を明確にすることでこの悩みの解決法は見えてくるかもしれませんね。

広告

仲良いフリして友人関係を続けるメリットってある?

内心は嫌っているものの、仲の良いフリをすること、友人関係を続けることにはメリットがあるのでしょうか。

もしかしたら不要な労力と思う人もいるかもしれません。

ただ、仲の良いフリをすることでグループとしての友好関係は守られます。

人と人なので、性格が合わないということが発生することはごく自然なことです。

きっと現在の学生生活だけではなく今後も組織に属し続ける限り、「苦手な人」「嫌いな人」というのは発生してくることでしょう。

ただ、明らかに態度に出してしまえば、「分別がない」「自分の感情のコントロールができてない」と自分自身の評価は下がっていきます。

つまり、内心はどう思ってようとも、表面上は一定の仲を保持し続ける必要があるのです。学生生活もそれと同様です。

学生生活は社会で集団行動をしていくための練習の場でもあります。

仲の良いフリをして一定の付き合いを続けることは、きっと将来にもその経験が活きてくるでしょう。

ぜひ性格が合わないから関係性をすぐに切るという選択肢ではなく、表面上だけでも良いため付き合いを継続するということをまずはチャレンジしてみてくださいね。

テキストのコピーは禁止です。弊社では著作権侵害とし法的措置を行います。(リンクは可)
タイトルとURLをコピーしました