学校休んでしまう時は?休みがち嫌われる?行きづらい?過ごし方は?

生活の知恵

つい学校を休んでしまうことってありますよね。

学校を休みがちになっていて、なんとなく行きにくくなってきたことに悩みを抱える学生も多い。

「学校を休みがちの人はクラスメイトに嫌われるかもしれない・・・学校に行きづらい」と思うこともあるでしょう。

では、学校休んでしまうときはどうしたら良いのか?対処法について紹介しています。

広告

学校休んでしまう時の対処法は?

学校休んでしまう時の対処法はいくつかあります。

一般的に下記がオススメです。

ぜひ参考にしてみましょう。

「あと1日だと」決めて休む

1日の終わりに楽しみを作って乗り越える

週末に楽しみを作って乗り越える

休んだときは勉強(予習、復習)をちゃんとする

お昼ごろに早退する

つい学校を休んでしまうときは、1日もしくは週末に楽しみを作って乗り越えるのが良いでしょう。

楽しみをつくることで、目先の嫌なことを乗り越えることができます。

楽しみは「ゲーム、映画、買い物、読書、美味しいものを食べる」なんでもOKです。

もしくは早退するのも一つの方法です。

お昼ごろ早退できると思えば、学校への足取りも軽くなるでしょう。

休むくらいなら「早退」という選択肢をとるほうが、まだマシですからね。

学校は休んでも悪く思わないことが大切です。

「学校は行かなくてはいけないもの」ではないですし、ましてや高校は義務教育ではないので、行かなくても構わないです。

学校に行かない自分を責めることはさけます。

勉強も学校だけができる場所ではないですし、最近では通信という方法もあります。

友達も学校だけで作るものではありませんね。

とにかく深刻に考えず、気軽に考えるようにします。

広告

学校休みがちはクラスから嫌われる?

学校を休むことがそのまま嫌われることはあまりないです。

休んだだけで嫌われるような友達であれば、それは友達ではないでしょう。

ただし、体育祭や文化祭など、一致団結でやるイベントなどを休むと、話題についていけなかったり、写真撮影ができなかったりして、「仲間外れ感」を持つことがあります。

また準備を休んだりすると、少し嫌われることもあります。

TPOによって休みタイミングは気をつけましょう。

場合によっては、あなたが休むことで誰かに迷惑が掛かることがありますからね。

でも、基本的には学校を休んだくらいで、嫌われることはありません。

広告

学校休みすぎて行きづらいときの乗り越え方は?

休みすぎて学校に行きにくくなりますよね。

そんなときは、1日の終わりに楽しみを作りましょう。

人は未来に楽しみがあると、目先の嫌なことを乗り越えられる傾向にあります。

もしくは、「早退」でも良いでしょう。

1日学校にいる必要はありませんからね。

お昼ごろに早退できると思えば、学校に行きやすいでしょう。

他の方法としては、学校へ行く準備をきちんとすることです。

手を抜かずに、前日の夜に行います。

そのときに、学校のことを少し思いだしておくことがポイントです。

これで少しは気分が晴れます。

そして、早く寝ることです。睡眠は最大の良薬です。

そして、いつも一緒にいた友達がいれば連絡をとりあうのもよいです。

話をしていくうちに学校へ行く気分が熟成していきます。

広告

学校休んだ日の高校生の過ごし方は?

特に定型の過ごし方はないですが、最低限心掛けることは、「正しく起きること」「三食きっちり食べること」「間食はしない」「ニュースを見ること」です。

ダラダラと寝て過ごす、スマホゲームばかりする、といった過ごし方は禁物です。

気分転換に、部屋の掃除もいいでしょう。

古くなった教科書や雑誌などを捨てる、拭き掃除をするなどすればリフレッシュし、気分も晴れやかになります。

友達とのSNSなども積極的行った方がいいです。

今日あった出来事などを確認し、リアルタイムで情報を入手しておく方が、休み明けにバタバタせずにすみます。

気持ちに余裕があれば、勉強をしてみます。家で勉強することでいつもと違った集中力を発揮できる場合があります。

広告

よく学校を休む人ってどんな印象を持たれる?

よく学校を休む人ってどんな印象を持たれるのか?

多くの場合、まわりのみんなは心配してくれるでしょう。

「病気がちなのかな?」と思ってもらえることも多いです。

しかしながら、なかには、あまりよく思わない人もいるのも事実です。

よくあるのは、いいかげんな人、というイメージを持たれることです。

学校にきたり、こなかったりということは、それだけコミュニケーション不足になりがちです。

「学校をさぼっている」「〇〇病だ」など、よからぬ噂をたてられてしまうこともあります。

また特に他のクラスの子からはあまり良いイメージはもたれることはないです。

同じクラスであれば、人柄や性格などが分かりますが、違うクラスの場合、そのあたりが不明なので、やや悪い方向で評価されることが多く、つらいと感じることもあります。

いずれにしろ、自分はよく休むと自覚している子は、日ごろから積極的に友達とコミュニケーションを取っておく方がベターです。

良きコミュニケーションに勝るものなしです。

テキストのコピーは禁止です。弊社では著作権侵害とし法的措置を行います。(リンクは可)
タイトルとURLをコピーしました