友達嫌いストレスの対処法6選!仲良くするけど嫌いな時は?

学校生活

高校の仲良しグループの中に、嫌いな友達が一人いて、ストレスに感じていることに悩んでいる高校生も多い。

嫌いな人と顔を合わせるのは辛いですよね。

それでは、友人が嫌いでストレスに感じる場合は、どのように対処していくのが良いのでしょうか。

では、友達が嫌いでストレスに感じるときの対処法を見ていきましょう。

広告

友達嫌いストレスの対処法6選!

友達が嫌いでストレスに感じることってありますよね。

そこで、対処法はいくつかあります。

ぜひ参考にしてみましょう。

なるべく二人きりにならないようにする

学校でのグループ行動は難しいですよね。

なるべく二人きりにならないようにしましょう。

集団で話す分にはある程度は妥協も必要ですが、二人きりのようなコミュニケーションは避けられるので、ストレスの軽減できますよ。

相手が何もしてこないのであれば、スルーで良いでしょう。

仲良しグループを変える

どうしてもその場に居たくないなら、他のグループの子と仲良くして、いつでも移れるようにしましょう。

今後、なるべく関わらないようにするのが一番です。

相手が何かして来るわけではないなら、尚更、関わらない方が良いでしょう。

一応、他のグループの子達とも仲良くしておいた方が得策です。

一人にならない為だけの要員にする

嫌いな友人は一緒に行動する要員として扱いましょう。

友達ではなく、つるむだけの人です。

学校ではグループ行動しておいた方が、便利ですからね。

なので、便利な友達くらいに思っておくのが一番でしょう。

あとは、なるべく関わらないことです。

相手が何もしてこなければ、放っておいて問題ないですよ。

コミュニティを広げて仲良い人を増やす

コミュニティが狭いとどうしても相手の嫌なところが目についてストレスになります。

そこで、コミュニティを広げることで、視野が広くなり、友人を客観的に見れますよ。

友人のなかで嫌いな人ってはいますよね。

「友人」という言葉と「嫌い」という言葉は相反しているように感じられます。

そこで、他の友達とも仲良くしておくと良いと思いますよ。

色々な人と仲良くしておくと、大げさですが、世界が広がって、嫌いな相手がそこまで気にならなくなりますよ。

友達から少し離れてみる

友達から少し離れて冷静になりましょう。

関わらなければ、ストレスもなくなっていき、友達への嫌悪感も減りますよ。

「嫌い」から「普通」に戻るときもあります。

なので、そこまで気にする必要はないでしょう。

友人に不満を伝えて改善してもらう

あなたにとって友人が大事なら向き合うことです。

嫌いなのであれば友人をやめれば良いのではないか、多くの人は思いがちです。

ただ実際には、嫌いだからいますぐ友人をやめるということはなかなか実現がしにくいことでもあります。

そのためストレスが大きくなっていくということも非常にありふれているのが事実です。

だからこそ、向き合ってお互いに不満を伝えることです。

その友人は一生付き合っていく友達かもしれませんので、大事にしましょう。

広告

内心嫌いな友達と上手に接するにはどうしたら良い?

それでは内心嫌いな友人とは、どのように上手に接していくべきでしょうか。

大切なことは、相手に悟られないことです。

つい嫌いだと感じていると言葉の端が冷たくなったり行動にあわられてしまったりしがちです。

ただそのように、本人や周りに悟られてしまうとグループとしての雰囲気や、また一方的に自分が相手を嫌っているとも捉えられがちです。

もちろんできるだけ相手と関わらず、かつ関わるときこそ自分の言動に要注意をし、意識としては他の友人よりもやや丁寧に接するようしましょう。

相手に敵意を悟られると色々と面倒ですからね。

広告

友達が嫌いで関わりたくないときはみんなどうしている?

嫌いだと思っている友人と関わりたくないときはどのようにすべきでしょうか。

また、同じ悩みをもっている人はどうしているのでしょうか。

参考にしてみましょう。

ふたりきりになるタイミングや時間を最小限にする

ふたりきりになると否が応でも嫌いな友人と会話やコミニュケーションをとる必要があります。

嫌いだと感じている場合は、かなりのストレスと感じることでしょう。

それであれば、その機会を最小限になるようにすることが大切です。

ただ、ふたりになったタイミングで席を外すなどしてしまうと、明らかに避けていることが相手に伝わってしまいます。

コツとしては、ふたりになりそうだと感じたときは、ふたりきりになるより前の、早めから行動をすることが大切です。

他の友人も交えて複数で関わるようにする

どうしても完全に接触を0にするということは難しいでしょう。

そのときは他の友人も含めて複数名で関わるようにしましょう。

他の友人がいることで、1対1のコミニュケーションよりも受け取る情報が減りストレスも緩和されることでしょう。

グループで行動するときはその友人と距離をとって行動する

さらに、教室移動やお昼休憩などグループで行動するときは嫌いな友人と物理的な距離をとるようにしましょう。

というのも、移動やお昼の休憩では全員で話す機会もあります。

ですが、どちらかというとグループでいたとしても近くの2、3名で話すことが多く、グループのなかでも2以上のペアで会話することが多いのではないでしょうか。

そのため、嫌いな友人と距離を離しておくことで会話の機会は減らすことができます。

広告

学校のグループで仲良くしてるけど嫌い人ってみんないるもの?

「学校にてグループで仲良くしているが、そのなかに嫌いな人がいる…」というのは珍しいことではないのでしょうか。

あまりこういう話を友人間ですることはないため、もしかしたら自分だけではないかと心配になることでしょう。

ただ、学校のグループはクラス替え直後のまだお互いを詳しく知り得ていない状態でグループとなります。

その後仲を深めていきますが、仲を深めていくにつれ友人の意外な一面や、それこそ嫌なところというのも見えてくることでしょう。

ともすれば、同じグループ内の友人に嫌いな人がいるというのも自然なことに思えてくるのではないでしょうか。

学校生活におけるグループは非常に特殊でグループから抜けたり出たりというのは珍しいこととして扱われます。

気軽にグループを変えられないという面からも、グループ内に嫌いな人がいるということは珍しいことではありませんね。

広告

内心嫌っている友達と上手に離れたいときの方法は?

内心嫌っている友人とは、できるだけ関係性を薄くし上手に離れていきたいものです。

必要最低限の付き合いのみで、深くは関わらず上手に離れていくためにはどうすべきでしょうか。結論、接触の頻度を減らしていくことが必要です。

会話など直接顔を見合わせたコミニケーションだけではなくSNSでの交流も同様です。

同じクラス、同じグループである状態では、なかなか離れ難くはありますが、クラス替えや進学などで接触の頻度は環境面の理由から減っていきます。

環境の変化と共に、上手に離れていきたいというときは、SNSなどの離れていてもコミニュケーションを取れる場から接触を減らしていくようにしましょう。

上手に離れるというのは、関係性を徐々に薄くしていくということです。

焦ることなく徐々にを意識していくようにしてくださいね。

テキストのコピーは禁止です。弊社では著作権侵害とし法的措置を行います。(リンクは可)
タイトルとURLをコピーしました