学校休むのが怖いときは?休むと気まずい?罪悪感へは?悪いこと?

生活の知恵

学校が辛くて少し休みたいけど、休むことが「悪いこと」と考えてしまうと、つい無理してでも登校しまうものですよね。

でも、無理して行くたびに、どんどん精神的に辛くなっていきます。

休むと罪悪感だけでなく、教室に入るのが気まずいとさえ思ってしまいます。

では、学校を休むのが怖いときはどうしたら良いのか?

ここでは対処法について紹介しています。

広告

学校休むのが怖いときは?

結論から言えば、学校を休むのが怖いと思う感情は大切ですが、無理せず、勇気をもって休むことも大事です。

学校を休みたいというのは、心からのSOS信号である場合もあるからです。

例えば、体調が悪かったら学校を休みますよね。

無理したら具合が悪くなり、症状が悪化するものです。

それと同じです。

心の不調が「学校に行きたくない」というSOS信号を発信しています。

休むのは怖いという感情は大切ですが、まずは、心から発信しているSOS信号を優先してみましょう。

学校を休むことは悪いことではありません。

心の調子が悪ければ、少し休むという選択肢が大事な場合もあります。

学校をストレスなどで休みたくなることは多くあります。

でも、学校を辛くて休むということはしっかりしている人ほど踏み出せないものではないでしょうか。

行きたくないという理由は多くありますが、その中で自分自身の心や体が想像以上に疲れていることも多くありますので、休むという勇気を持つことも大切です。

自分のことは自分が一番理解しているので、何かおかしいなと思ったら学校を休むように親に相談するのも大切なことです。

広告

学校を休むと気まずい?

学校を休むと心配されることが、教室に入りづらくなることです。

でも安心してください。

1日学校を休んで教室に入りづらい環境になることはありません。

少なくとも周りのクラスメイトは、1日休んだ人を否定的な気持ちで見ていません。

「どうしたんだろう」と心配することはあっても、「あいつは何で来ないんだ」なんて注目することはありません。

次の日にいつも通りに教室に入れば大丈夫です。

自分自身が気にし過ぎないことが大切です。

周囲の人間はそこまで、あなた(他人)に興味はありません。

広告

学校を休むことに罪悪感を覚えるときは?

学校を休むことに罪悪感を持つ人は、しっかり者が多いです。

まずその感情が自分から出たことに、自分で自分に拍手を送って欲しいです。

しかし、はじめに書いたように、休みたいという気持ちは自分自身からのサインです。

無理をし続けると、はじめはその無理に慣れてしまいます。

ですが、本当に限界になってしまったときに、一気に学校に来られないような状態になってしまう可能性があります。

しっかり者の人は、勇気を振り絞って休むということが自分にとって重要なことになります。

自身の心の健康を優先することも大事です。

広告

学校を休むことは悪いことなの?

学校を休むことは全く悪いことではありません。

きちんと自分と向き合えている証拠です。

休みたいと思うときは、いろいろな場合があります。

朝の体調が優れない、勉強が全然分からない、友達関係のトラブルがあるなどです。

勉強に関して後ろ向きな気持ちだと、「勉強しなさい」と一蹴されてしまいそうですが、どのような理由であっても、一度立ち止まってじっくり向き合おうという自分自身からのサインです。

しっかりサインに向き合ってあげましょう。

もし学校を休むのであれば、ゆっくり自分の時間を持ち、頭の中で考えを整理するのも良いでしょう。

また、読書や映画を見るのもオススメです。

意外にもヒントが見つかることだってありますよ。

広告

学校休んだ日の過ごし方って?

いざ親と相談して学校を休んだら何をして過ごしていればいいでしょうか。

熱が高くて休んだわけではないから、寝込むほどきついわけではないし。

まずは、ゆっくり何も考えず休みましょう。

あなたは疲れているのです。

ごはんもいつも通りしっかり食べましょう。

たくさん水分も取りましょう。

そして、体調が少し良くなったら、ボーっとしながらあることをして欲しいです。

それは、「なぜ行きなくないんだっけ?」と考えるということです。

これは熱があったり腹痛だったり明らかに体調が悪い場合は別ですが、「学校が行くのが辛いな」と考えている人はぜひこの時間を少し作ってください。

気楽に、ぼーっと、なぜ行きたくないか整理してみてください。

朝起きるのが辛いのか、クラスメイトが嫌なのか、部活動が嫌なのか、授業を受けるのが嫌なのか、学校が辛くて行きたくない理由は人それぞれです。

これができれば、休んだ日の過ごし方として満点です。

これに加えて、何か自分の行動や心の姿勢などで変えられることがあれば変えましょう。

でも、無理は禁物です。

何が辛いか考えられたのなら満点です。

明日は何食わぬ顔で教室に入りましょう。

他の人は、何か体調が悪かったのかな、くらいにしか思っていません。

そして次にまた後日休みたくなったら、また親と相談して休みましょう。

そのときに、自分が何で行きたくないか少しずつ話せるといいですね。

学校が辛くて行きたくないときは、思い切って休んで自分自身と向き合う時間を作ってみましょう。

テキストのコピーは禁止です。弊社では著作権侵害とし法的措置を行います。(リンクは可)
タイトルとURLをコピーしました