学校休みたい理由がストレスだと親は許さない?理由は?説得方法は?

生活の知恵

いじめられてはいないけど、学校の人間関係が億劫になってしまうときってありますよね。

でも、学校を休みたい理由が「ストレス」だと親は許してくれないでしょう。

説得するのも難しいですよね。

そこで、このページでは「学校を休みたい」と考えている中高校生に向けて、対処法などを紹介しています。

学校に行くのがストレスな学生はぜひ参考にしてみましょう。

広告

学校休みたい理由がストレスだと親は許さないもの?

ナオミさん
ナオミさん

世代にもよりますが、やはり親は子供がストレスで学校行きたくないと言っても聞く耳を持たないでしょうね。

「ストレス」なんで誰しもが感じていると親は思うでしょう。

親って子供の心境を理解できなかったりするものですよね。

エリコさん
エリコさん

親って意外と子供の心境がわからなかったりしますよね。

学校での子供の姿を知らないから、「どれだけ辛いか?」がわからないんですよね。

一生懸命伝えるしかないと思いますよ。

クルミさん
クルミさん

ストレスってだけだと親は許してくれないと思いますね。

例えば、ストレスによって「不眠症、憂鬱、自律神経のバランスが崩れる」など、具体的な症状があれば、親も理解してくれると思いますよ。

高校生は色んな悩みを抱える世代です。

ストレスも多くなり、体調不良になる子もいます。

では、学校を休みたい理由がストレスの場合は、親って許さないものでしょうか。

結論から言うと、ケースバイケースです。

例えば、部活動の推薦入試で高校に入った場合、学校や部活を過度に休むと単位を落とす可能性があります。

こうした事情があると、ストレスでの欠席を心配する親もいます。

最近では子どもが休むことに理解がある親も多いので、1日ぐらいならと休ませてくれることも多いです。

広告

学校休みたいと言うと親が怒る理由って?

学校を休みたい、と親に打ち明けても、許してくれないどころか怒る親もいますよね。

どうして親はこういう時に怒るのでしょうか。

次の3つのポイントを参考にしてくださいね。

休みは甘えだと思っている

親の年齢にもよりますが、昔って学校を休むのは甘えだと教えられていた世代があります。

頑張って学校に通うことが正しいと思っているので、つい厳しく怒ってしまいがちです。

成績のことが心配

進学校に通っている場合、授業のスピードはハイペースです。

休むことで子どもの成績が落ちないか、親はとっても心配しているので怒っているのかもしれません。

怒っているようで心配なだけ

子どもを教育する際に、つい怒り口調になる親もいます。

でも心配なだけで、あなたを怒りたいわけではないのです。

こういう方は心配事があると、そういう口調になりやすいのです。

広告

学校休みたいときに親を説得する方法って?

学校を休む際に仮病ではなく、親をちゃんと説得する方法はどんな方法でしょうか。

次の2つを参考にしてみてくださいね。

休ませてくれないと仮病で休むと言う

ちょっと脅し気味になっちゃいますが、休みたい気持ちを素直に伝える場合はこのぐらい言うのもアリですよ。

交渉上手になっちゃいましょう。

疲れている、しんどいと感じていると素直に言いましょうね。

休む代わりに成績は伸ばすと言う

親って駆け引きされると弱いんですよ。

成績を伸ばす代わりに学校は1日~2日休ませてと言いましょう。

勉強を頑張るなら休んでもいいよ、と怒らないかもしれません。

ゆっくり自宅で勉強もできますし、学校は休めるし、あなたにもお得な説得方法です。

広告

学校休みたいとき親にバレないで休む方法は?

親にバレずに学校を休みたい!

そんなときはどうすれば良いでしょうか。

今回はバレにくい2つのアイディアをご紹介します。

友達にお願いし学校に電話してもらう

家から学校に電話をかけにくい場合、友達に頼んで電話をしてもらうとバレにくいです。

学校もまさか友達が親のフリをしているとは思いません。

あなたは登校をごまかして1日休めばOKです!

登校して早退する

親にバレずに安全に休む方法といえば、やっぱり早退です。

登校して、体調不良を伝えて下校しましょう。

でもこの方法は学校から親に連絡が行くことが多いので注意してください。

親にバレない欠席方法はかなり難しいです。

うまく欠席できても、成績表を見れば親は気付きます。

それよりも何故休みたいか、きちんと親に言えることがベストでしょう。

広告

高校生が学校を休みがちになるデメリットは?

高校生が学校を休むと、どんなデメリットが考えられるでしょうか。

次のポイントを押さえて、出来るだけ上手に休みましょうね。

成績が落ちる

高校の授業は学校によってとってもスピードが速いです。

休み過ぎるとテストで赤点になってしまうかも。成績が落ちやすくなるので注意しましょう。

推薦入試が難しくなる

高校によっては指定校推薦の方法で、名門大学や安定した国公立大学などを目指せます。

しかし、ライバルも多いのも事実。

些細な欠席数の差で、推薦入試を逃すかもしれません。

過度に休むとそもそも推薦が難しくなるので気を付けましょう。

イベントを休むと内申点が下がりやすい

文化祭や体育祭を休むと、一般的に内申点に影響しやすいと言われています。

イベントの日って億劫ですが、できれば将来のことを考えると登校したほうが良いでしょう。

テキストのコピーは禁止です。弊社では著作権侵害とし法的措置を行います。(リンクは可)
タイトルとURLをコピーしました