友達の暇電うざい時は?用もないのに電話してくる心理は?断り方は?

生活の知恵

暇だからといって、相手の都合関係なく電話してくる友人っていますよね。

内心、面倒に感じるものです。

事実、友達が頻繁に暇電をしてきて、内心、面倒だしうざいと思っており、どうしたら良いのか?悩んでいる人も多い。

では、友達の暇電うざいときの対処法はあるのでしょうか?お悩みを解決していきましょう。

広告

友達の暇電うざいときの対処法は?

友達の暇電うざいときの対処法はあるのでしょうか。

悩みますよね。

そこで、友達の暇電がうざいときには対処法がいくつかあります。

ぜひ参考にしてみましょう。

適当な口実をつけて電話を切る

電話で話しているということは、自分の状況が相手に伝わらないということでもあります。

ですから、適当なことを言っても相手にはその真偽が分かりません。

「電波が悪いみたい」「今から出かける」「人に呼ばれている」など、口実はたくさんあります。

少しずるいようですが、これで穏便に暇電を切ることができます。

電話を無視して後でかけ直す

何度も暇電をかけてくる相手というのは、自分の空いているスケジュールに沿って行動しています。

そんな相手には電話を無視してしまえば振り回されることはありません。

ですが、無視を何度も使っていると「電話に出てくれなくなった」など、無用な反感を生む可能性があります。

本当に必要な用事だった時にも困ってしまいます。

ですので、電話を無視した後は、のちのち電話をかけ直しましょう。

もし本当に必要な用事でもこれなら聞き逃すことはありませんし、仮にただの暇電だったとしても、「相手が暇電をかけたかった」というタイミングを外しているので、早めに切り上げられる可能性が高まります。

電源を切っておく

単純ですが、非常に効果的な手段です。

今から少し時間を取られたくない、と思ったなら携帯電話の電源を落としてしまえばいいのです。

そうすることによって、誰にも邪魔されずに自分の時間を過ごすことができます。

そして、電話が通じなかったと友人に言われたら「いつの間にか電池が切れてた」などと言いましょう。

「電話したいからいつでも充電しておいて」とはさすがに誰も言いません。

自分も暇電をするようにする

相手が暇電をしたくなるのは、「話したい」という気持ちがあるからです。

この気持ちは話をしていないとどんどん強くなっていきます。

ですから、自分の都合に合う時間で相手と話をすることによって、この気持ちが収まり、結果的に都合の悪い時間に暇電をかけられることが減ります。

ストレートに断る

今後もずっと友達からの暇電に付き合う可能性があるなら、明確に断るのが良いでしょう。

「ちょっと家でもやることがあるから、なかなか電話に出れない。ごめんね」と言って、理由は不透明でよいですが、相手にちゃんと電話に出れないことを伝えましょう。

今後も暇電に付き合いたくないなら、一度キッパリ断っとくことが大事です。

広告

用もないのに電話してくる時の友人の心理って?

用もないのに電話してくる時の友人の心理は何なのでしょうか。

これはいくつか考えられます。

仲の良いあなたと話すのが楽しいから暇電している

暇になると誰かと話したくていつも電話に出てくれるあなたにかけている

寂しがり屋で常に誰かと繋がっていないと不安になる

メールやラインなどが嫌いで電話で要件を伝えたいと考えている

用もないのに電話してくる友人は、あなたととても親密な関係を築けていると思っています。

一方通行かもしれませんが、あなたと話す時間がリラックス出来て楽しいと思っているのです。

ですから、暇だという理由だけであなたに連絡を取るのです。

広告

急に電話してくる友達に迷惑だと上手に伝える方法は?

急に電話してくる友達に迷惑だと上手に伝える方法はあるのでしょうか。

急に電話をされて、一定の時間を取られるのは迷惑ですよね。

ですけど、相手は暇な時にあなたに電話をしたくなるほどあなたのことを気に入っているので、言葉を選ばずに、「今ちょっと忙しいから」と断ってかまいません。

とはいえ、あまりに邪険にすると相手も嫌な気持ちになって関係が悪化してしまう可能性があるので、あくまで友達として気を使った言い方で喋りましょう。

「家にいるときに電話で話すとちょっとうるさいみたいだから当分は電話できないかも」などと言うのもオススメです。

第三者を理由に断るのが良いでしょう。

広告

友達からの暇電(長電話)に出たくないときの上手な断り方は?

友達からの暇電(長電話)に出たくないときの上手な断り方はあるのでしょうか。

なるべく長電話に付き合いたくないですよね。

友達からの暇電に出たくないときには、一旦無視をしましょう。

目の前にいるのに無視をするのは明らかにおかしいですが、それが電話であるなら、出ることができないシチュエーションは沢山あるので、無視をしたとしてもおかしいとは思われません。

ですが、生活の中ではいずれ携帯電話の確認はするものです。

ですから、自分に余裕ができたタイミングで、折り返し電話をしましょう。

例えば、寝る直前の時間はとても都合がいいです。

「明日起きなきゃいけないからもう寝る」という口実が使えます。

広告

友達の暇電(長電話)が嫌いな人って多い?

友達の暇電(長電話)が嫌いな人って多いのでしょうか。

結論から言えば、友達の暇電が嫌いな人は、実はそこまで多くないようです。

暇な時に電話をしてくれる相手というのは、一見迷惑な人に思えますが、裏を返せば、自分から距離を詰めて友達として居てくれようとしているのです。

色んな人と付き合いを続けていくには、多かれ少なかれ接触を保ち続けていなければなりません。

そして、そのような働きかけを他人にするというのには、体力がいります。

ですから、自分から距離を詰めて友達で居てくれる人はありがたいのです。

テキストのコピーは禁止です。弊社では著作権侵害とし法的措置を行います。(リンクは可)
タイトルとURLをコピーしました