呼び捨て嫌いな人いる?友達にされたら?心理は?やめてほしい時は?

生活の知恵

人を呼び捨てする人っていますよね。

そういう人がいると、悩みの原因になりますよね。

事実「友達に名字で呼び捨てにされ、不快になるのは自分だけなのか?」悩んではいるが、嫌な思いをするから呼び捨てをやめてほしいと感じる人も多い。

では、呼び捨てされるのが嫌いな人はどれくらい居るのでしょうか?詳しく見ていきましょう。

広告

呼び捨て嫌いな人っている?

カオリさん
カオリさん

呼び捨てってちょっと嫌ですよね。

馴れ馴れしいとも感じますし、ちょっと職場とかで呼び捨てされると、カチンと来ることもありますよね。

職場なんだから緊張感持ってほしいと感じてしまいます。

マユミさん
マユミさん

わたしも呼び捨てされるのは、苦手なときってありますね。

相手にもよりますが、仲良くない相手に呼び捨てされるのは、ちょっと嫌ですね。

後輩からバカにされるというか、ちょっと威厳がなくなるので、やめてほしいですね。

親とか親友とかだったら良いですけどね。

マミさん
マミさん

呼び捨てってちょっと嫌ですよね。

心が狭いかもしれませんが「○○さん」って呼んでほしいです。

特に職場では、やっぱり働きに来ているので、馴れ馴れしく接してこられるのは、ちょっと迷惑ですね。

やめてほしいです。

カスミさん
カスミさん

時と場合を考えてほしいですよね。

苗字での呼び捨てを感覚的に苦手だと感じることは、不自然なことではありません。

たとえば学校にて、教師から呼ばれる際は苗字での呼び捨てが多いです。

また社会に出れば、ビジネスマナーとして社外へ社内の者を指すときは自分の上司であったとしても、苗字の呼び捨てで伝えます。

クルミさん
クルミさん

確かにタイミングによっては、「○○ちゃん」「○○くん」「○○さん」呼び方は嫌ですよね。

敬称だけでも色々ありますが、どのような呼ばれ方も不快です。

価値観や家族からの呼ばれ方によっても好みは様々です。

なかには、下の名前での呼び捨てや友人間でも苗字の呼び捨てで呼び合う人もいるのではないでしょうか。

また、その苗字での呼び捨てが嫌いだと思う人も一定数いますよ。

自分が実際にビジネスマナーを使用する場面に身を置いたことはないとしても、苗字の呼び捨ては一般的には目上の人に対してへり下った印象をもつのではないでしょうか。

親しみのある呼び方でも、場合によっては相手を不快にさせるものです。

そのため、苗字の呼び捨てはなんとなく嫌だ、軽くあしらわれているような感覚がして嫌だという人も多いのではないでしょうか。

相手がそのようなつもりで使っていなかったとしてもそう感じてしまうことはごく自然なことです。

広告

友達に呼び捨てにされて不快に感じたときの対処法は?

友人に苗字の呼び捨てをされて不快に感じたときはどうすれば良いのでしょうか。

まずは、相手はそれとなく苗字の呼び捨てで呼んでいることがほとんどなので、それとなく他のあだ名を提示してみるのはどうでしょうか。

角の立たない伝え方をするのであれば、普段は周りからこう呼ばれている、苗字だと呼ばれても気がつかない、教師から呼ばれているようでドキッとするなどと代替案を伝えたり、それとなく理由を伝えるのも良いかも知れません。

もちろん、もし長い期間苗字で呼ばれているようであれば一度や二度のお願いではなかなか一度ついた癖は抜けません。

ここは根気強く、伝え続けていく必要があります。

もし相手にそこまで深刻な問題だと思わせたくないようであれば少し冗談めかして伝えていくと良いかも知れませんね。

広告

人を呼び捨てにする友達の心理って?

人を呼び捨てにする友達の心理って何なのでしょうか。

相手の心理を理解することで受け止めたときの気持ちの整理や、どう対処していくと良いか考えが深めやすくなります。

苗字で呼び捨てにする人の心理を考えてみましょう。

苗字が呼びやすい

文字数や苗字を構成する音節から呼びやすい名前というものは、ついその名前で呼びがちです。

また、名前を呼ぶというタイミングは非常に日常生活において多く、そのほとんどは無意識のうちに呼ぶことが多いでしょう。

つい呼びやすい名前を無意識のうちに選んでいるということが考えられます。

すでに下の名前で呼んでいる同じ名前の友人がいる

もし、あなたが友人に同じ名前の友人がいた場合、二人とも同じ呼び方をしますか?

名前を呼ぶ際には頭の中でなんとなくその人を思い浮かべる場面も多い。

同じ名前の友人がいた場合、異なるあだ名にて呼び分けをすることを好む方も多いでしょう。

もちろん、この理由のみで苗字の呼び捨てとなるとは言い難いですが、一つの理由としては十分に考えられることです。

思い返してみれば自分自身も同じ名前の友人を異なる呼び方をしている…という心当たりもあることでしょう。

あだ名がイメージと合っていない

たとえば、呼び捨てであれば仲が良い印象、「ちゃん」であれば可愛い印象など、あだ名から受け取るイメージというのは一定数あります。

そのイメージが実際の人物像を合っていないとなんとなく違和感を感じるのではないでしょうか。

人は違和感は解消をさせたり、避けたりして、親しみやすい状態を好みます。

最初はあだ名で呼ばれていたのに、気がついたら苗字呼び捨てだったという場合はこのケースが理由だったということが多いのではないでしょうか。

広告

友達に呼び捨てにされるのを絶対にやめてほしいときは?

友達に呼び捨てにされるのを絶対にやめてほしいときはどうしたら良いのでしょうか。

呼び方は一度根付いてしまうと、なかなかすぐには再定着が難しいことも事実です。

ただ、どうしても苗字での呼び捨てが不快だから今すぐ変えてほしいというとき、また今後苗字で呼び捨てにされないためにはどうすれば良いのでしょうか。

すでに定着をしてしまっており、すぐにでも呼び名を変えてほしいときは、それを素直に相手に伝えてみてください。

習慣を変えるのは本人の意識が何より大切です。

お願いをするというよりは、協力をしてもらうという気持ちで伝えてみてください。

また今後、苗字で呼び捨てをされることを避けるには、初対面の印象を大切にしてください。

どう呼んでほしいのかこちらから提示をしていきましょう。

もちろんかなり奇抜なあだ名はハードルが高い可能性があるので、呼びやすくかつ自分の印象に近いものを選んでみてくださいね。

広告

友達の名前を呼び捨てできない人の心理って?

友達の名前を呼び捨てできない人の心理ってどうなのでしょうか。

人を呼び捨てにする一方で、中には友人の名前を呼び捨てることがとても苦手という方もいます。

苗字、下の名前に限らず呼び捨て自体に苦手意識を感じる場合の心理としては、結論「遠慮」です。

呼び捨てにするということは友人間であれば仲が良い印象を抱きます。

呼び捨てにしても良いのだろうか、馴れ馴れしいと思わないだろうかと心配をし、相手に対して遠慮をしてしまいます。

もし相手になかなか呼び捨てで呼んでくれないな、呼び捨てで呼んでほしいなというときは、ぜひ呼び捨てで呼んでほしいということを相手に伝えてみてください。

きっと慣れるまで時間は要するかも知れませんが安心をして呼び捨てで呼んでくれることでしょう。

テキストのコピーは禁止です。弊社では著作権侵害とし法的措置を行います。(リンクは可)
タイトルとURLをコピーしました