友達のちょっかいうざい対処法5選!煽り気にしない方法も!

学校生活

うざい絡み方をしてくる友人っていますよね。

たまに、友人に対してイラっとしてしまうものです。

事実、学校にほぼ毎日ちょっかいを出してくる友人がおり、その面倒な絡みに悩まされている高校生も多い。

では、友達のちょっかいがうざいときの対処法はどうしたら良いのでしょうか?お悩みを解決していきましょう。

広告

友達のちょっかいうざいときの対処法5選!

友達のちょっかいが鬱陶しいときもありますよね。

そこで、友達のちょっかいうざいときの対処法はいくつかあります。

ぜひ参考にしてみましょう。

軽く流すテンプレートを作る

何度も続く友達のちょっかいに対しては、軽く流す一連の流れ、つまりルーチンを作ってしまいましょう。

例えば、「はいはい」などでも構いません。

これを言うということはもうそろそろ話は終わりだということをまず自分の中で決め、実際にそのように振舞うのです。

最初のうちは自分の中だけでの取り決めですが、あなたがずっとそうしていると、やがて周りにも「あの子があれを言い出したらこの話は終わりだ」という認識ができます。

そうなってしまうと、あなたにとって不愉快な時間はもはや長く続くものではありません。

相手を上回る

ちょっかいをかける人というのは主導権を握りたがります。

自分のノリで相手を振り回し、その結果生まれる反応に面白みがあると思っているのです。

ですが、そのような人ほど、実はちょっかいを出される側の立場になるとうまく反応できなかったりするのです。

ですから、相手がちょっかいを出してきたらただ振り回されるのではなく、自分が振り回すようなことを言いましょう。

相手は不意を突かれて、ちょっかいを出される側がいかに面白くないものか理解してくれます。

反応しない(無視する)

相手がちょっかいをかけてくるのは、あなたが反応してくれるからなのです。

友人は「この人のリアクションが面白い」と感じて、ちょっかいを出してきているケースもあります。

そこで、もういっそ反応しないというのも有効的な手段の一つです。

いっそ無視してしまいましょう。

不快であることを相手に伝える

ちょっかいを出してくる友人に対して我慢していると、相手はどんどんエスカレートしていきます。

そこで、相手にちゃんと伝えましょう。

友達であれば「やめてほしい」と伝えるべきです。

もしくは「不快な顔」をして相手に察してもらうというのも方法の一つです。

避ける(少し距離を置く)

ちょっかいを出してくる友人を避けるのも方法の一つです。

ストレスが溜まる相手とは関わらないほうが良いでしょう。

気持ちが落ち着くまでは関わらないようにしましょう。

そして、気持ちが落ち着いて心に余裕ができたら、また今まで通り仲良くすると良いでしょう。

広告

友達のちょっかいを気にしない方法は?

友達のちょっかいを気にしない方法はあるのでしょうか。

マインドを変えるのは難しいことですが、まずは友達からのちょっかいは愛情表現の一つであることを知っておきましょう。

友達はあなたのことが嫌いではなく、あなたに懐いているからこそちょっかいを出しているのです。

嫌いな相手にはちょっかいなど出しません。

友達からの友好の証だと思いましょう。

自分を好いてくれる友人は大事にするべきです。

それを踏まえたうえで、友達のちょっかいを気にしないようにするためには、そもそももっと大切なものが世界には沢山あるということを思い出してください。

例えば、将来就きたい仕事はなんでしょうか。

そのためにどういう勉強をしなければいけないでしょうか。

部活はいつまで続けられるでしょうか。

自分には何が向いているのでしょうか。

そんなことを色々考えた後に、友達のちょっかいについて考えてみてください。

ちょっかいを出してくる友達も、そのちょっかいのことをずっと気に病んでいる自分のことも、小さいと思えるのではないでしょうか。

広告

友達からの煽りには何て言い返すのが良い?

友達からの煽りには何て言い返すのが良いのでしょうか。

結論から言えば、友達からちょっかいで煽られると、なにかうまいことを言い返したくなりますが、実は『反応しない、面白くないことを言う』などが良いのです。

もしあなたが友達からの煽りに面白く言い返してしまうと、相手は「二人の掛け合いで面白いノリにできた」と思ってしまいます。

こうなってしまうと相手はちょっかいを辞めようとは思いません。

ですが、面白くないことで言い返すと、「あの人に振っても面白いことにならない」と自然と煽りは減っていきます。

広告

友達のちょっかいがうざいと思ってしまうのは心が狭いから?

友達のちょっかいがうざいと思ってしまうのは心が狭いからなのでしょうか。

少し自分を疑ってしまいますよね。

ですが、その心配はありません。

友達のちょっかいがうざいと思ってしまうのは、心が狭いからではありません。

そもそも、ちょっかいをかけるタイプの笑いと言うのは、お互いの信頼関係が無ければやってはいけないのです。

その信頼関係がない事に気付かず、ちょっかいを何度もかけてくるというのは確実に相手の責任です。

広告

つきまとってくる友達(うざい人)を遠ざける方法は?

つきまとってくる友達(うざい人)を遠ざける方法はあるのでしょうか。

つきまとってくる友達を遠ざけるには、他に仲の良い友人を見つけるということが何よりも大切です。

友達というのは成り行きで出来てしまうものですが、それは裏を返せば、自分でも友達を選べるということでもあります。

もしあなたが例えば勉強に専念していれば、勉強が得意な友達が多くできますし、スポーツに邁進していればスポーツ好きな友達ができます。

何よりも、あなたが毎日頑張っていれば、素敵な友達が出来るのです。

そして、あなたが自分をそのような状況に置くことができたなら、わざわざつきまとってくるような暇な友達はあなたの隣にいることは出来ません。

広告

いい人だけどうざい友達の特徴って?

いい人だけどうざい友達の特徴って何なのでしょうか。

いい人だけどうざい友達には共通して「普段はうざいけど困った時は頼れる」という特徴があります。

人には誰も表向きの性格と本性があります。

いい人だけどうざい友達はくだらないことばかり言ってふざけるような性格をしています。

ですが、ここ一番であったり、誰かが真剣に困っていたりしたときには、普段のふるまいを投げ捨て、「いい人」の本性を出して真剣に話を聞いてくれます。

普段がうざいから人を遠ざけてしまいがちですが、その分友人に対する情は深い場合が多いです。

テキストのコピーは禁止です。弊社では著作権侵害とし法的措置を行います。(リンクは可)
タイトルとURLをコピーしました