学校ズル休み2日どうする?次の日は気まずい?休む理由は?成績は?

生活の知恵

朝になると学校に行くのが億劫になってついずる休みしてしまうことってありますよね。

1日だけならまだしも2日くらいズル休みするとだんだんと学校に行きたくなくなりますよね。

もしくは学校に行くのが気まずいと感じるようになるでしょう。

では、学校を2日以上、ズル休みして、次の日に登校するのが気まずいと感じるときはどうしたら良いのか?

ここでは、学校を休んで登校するのが気まずくなったときの対処法について紹介しています。

また、休む理由(言い訳)や成績への影響などについても紹介しています。

広告

学校ズル休み2日したときの対処法は?

ついつい面倒になって学校を2日連続で休んだ時、明日も休んじゃおうかなと悩みますよね。

でも、このままズルズル休んでしまうと、再び学校に通うのは怖くなってしまいます。

そんな時は次の2つの対処法がおすすめです。

午前中で帰るつもりで登校する

3日連続で休むのはマズいな、と思ったら午前中だけ登校するつもりで学校に行きましょう。

「辛くなったらやっぱりまだ体調が良くなくて…」と帰ればOKです。

行ってみると結構楽しく感じて、そのまま午後も受けられるかもしれませんよ。

お気に入りの本やゲームを持っていく

友達と馴染めないことに不安があるなら、お気に入りの本やゲームを持って行ってみましょう。

スマホにダウンロードしておけば、どんなタイトルの本やゲームなのか周囲にも知られません。

スマホが無い場合、カバーを付けた本や漫画もおすすめです。

自分の世界を学校に持っていくと、気持ちが楽になりますよ。

趣味を通じて新しい友達が出来るかもしれません。

自分へのご褒美(楽しみ)を作る

人は未来に楽しみを作っておくと、目の前の嫌なことと向き合いやすくなります。

「これを乗り越えたら、楽しみがある」と思うことで、現状と向き合う力になります。

まずは1日もしくはその1週間を乗り切った自分へのご褒美(楽しみ)を用意しておきましょう。

「美味しいものを食べる」、「ゲームを買う」など、なんでもOKです。

出かける予定を立てるのもありでしょう。

広告

高校をずる休みして次の日の登校が気まずいときの乗り越え方は?

ずる休みとすると、次の日の登校って気まずいですよね。

でもそんな時には次の乗り越え方を押さえておきましょう。

1日寝ているつもりで登校する

学校に関すること以外の目標を立ててみる

音楽を聴く

1日寝ているつもりで登校すると、授業も休み時間も結構気楽になります。

面倒に感じたら保健室に行くのもアリです。

また、学校に関すること以外の目標を作りましょう。

塾で高得点を目指す、漫画を描いてみる、スポーツをやる、など何でもOKです。

やりがいがあると、学校はあくまでも1つの居場所に過ぎないことがわかります。

さらに、音楽を聴くこともおすすめです。

休み時間はイヤホンをして、お気に入りの音楽を聴くとリラックスします。

広告

学校を2日休む正当な理由って何?

高校を休む際に正当な理由があるとしたら、どんな場合でしょうか。

ぜひ参考にしてみましょう。

冠婚葬祭

結婚式やお葬式など、冠婚葬祭での欠席は正当な理由として認められています。

とくに身内の不幸は忌引きとして扱われ、通常の欠席にはカウントしません。

ですが、学校によっては何かしらの証明の提出を要求されることもあるので、注意が必要です。

病気やケガ

風邪や腹痛、などの病気やけがも欠席の正当な理由です。

また、伝染力の高い病気(インフルエンザやノロウィルスなど)は出席停止を求められます。

熱がある場合も欠席が認められています。

女性の場合生理痛も配慮している高校が多くなっています。

広告

学校ずる休みしたら成績はどうなる?

学校のずる休みはどの程度成績に影響するでしょうか。

1日、2日程度なら成績には影響しないでしょう。

自分でカバーをすればOKです。

ただし、体育などのテストがある日は受けないと補講になる可能性があります。

一人で走ったり、プールで泳いだりするのは正直辛いかもしれません。

補講を受けないと単位を落とし、留年になる可能性もあります。

体育以外でも、中間・期末のテストは休むと成績に大きく影響するので、欠席はおすすめしません。

ずる休みをする日は、選んだ方がいいかもしれませんね。

広告

学校を休む理由に家庭の事情は高校だと難しい?

家庭の事情で高校を休むのは難しいことでしょうか。

高校は親が欠席を伝えると、細かい聞き取りはあまりしません。

病気は種類によっては強い伝染力があるため、他の生徒の体調管理上聞き取りを行いますが、それ以外はさほど突っ込んで話は聞きません。

高校は義務教育ではないので、親が言うならそれでOK、というスタンスです。

例えば、旅行で欠席する子もよくいます。

どうしても休みたい、という場合は親に相談をし、親から学校へ伝えてもらうのがベストでしょう。

テキストのコピーは禁止です。弊社では著作権侵害とし法的措置を行います。(リンクは可)
タイトルとURLをコピーしました