学校サボりが先生にバレたら怒る?理由は?親にバレずに休む方法は?

生活の知恵

学校に毎日行くのが面倒になったり、億劫になり、ついザボってしまうこともありますよね。

学校をサボると当然のように先生からは叱られるでしょう。

では、学校の先生はなぜサボることに怒るのでしょうか?

ここでは、怒られる基準や怒る理由について紹介しています。

また、バレずに休む方法についても解説しているので、ぜひ参考にしてみましょう。

広告

学校サボりが先生にバレたら怒られる?

なんだか気分が乗らない、友達と合わない、など色んな事が起きるのが高校生活です。

ちょっとサボって休みたいな、と感じませんか。

でも学校のサボりが先生に見つかったら怒られるでしょうか。

この場合は2つのパターンが考えられます。

進学校の場合

進学校の場合、生徒が成績を伸ばして大学進学をすることを目標にしています。

そのため、サボりには比較的甘い先生が多いのが特徴です。

成績が安定していて、学校生活に問題がなさそうなら、あまり強い指導はしません。

一般的な高校の場合

進学する子もいれば、就職をする子も多いような高校では、トラブル防止のためにサボりに厳しい先生もいます。

地域でトラブルを起こす子が多いと、良い就職先が減ってしまう可能性があるためです。

高校のタイプによって指導方針が異なっています。

中学までと比べると、どちらのタイプも意外と先生は怒りません。

退学・停学の制度があるので、問題があったら怒る指導よりも退学や停学を伝えるケースが多いのです。

広告

学校サボりがバレて先生が怒る理由って?

高校の先生は意外と怒らないのですが、それでも学校をサボったことに怒る場合はどんな理由からでしょうか。

次の3つの理由が考えられます。

生徒を心配している

サボりに怒るのは、生徒を心配しているからです。

高校生にもなると心も身体も大人になりますが、それでもまだまだ幼さがあります。

サボってトラブルにならないように、先生は心配しているのです。

学校全体を心配している

サボりは他の生徒にも影響をする、と考える先生もいます。

学校全体のことを心配していると、つい先生も怒り気味になるのです。

また、サボりは大きなトラブルになるかもしれません。

事件性があると学校にも責任が及ぶので、怒った指導になりやすいのです。

教師という立場の使命感

教師は生徒を正しく導くという使命感を持った人も多いです。

なので、この生徒を正しい道に導かなければと考えている

その使命感からあなたに厳しく叱っているのです。

広告

先生や親にバレずに学校を休む方法ってある?

先生にも親にもバレずに休みたい、そんな時に使える方法はあるのでしょうか。

本来なら親から学校に連絡をすることがベストです。

でも、どうしても…という場合は次の方法はいかがでしょうか。

親のフリをして欠席の電話を入れる (仮病や身内の不幸を伝える)

学校には一度行き、早退する

親のフリをして電話をするのは古典的な手法です。

でも声でバレることがあります。

確実な方法は学校に一度登校し、体調不良で早退を申し出する方法です。

但し、親に学校から連絡されるかもしれないので注意しましょう。

いずれにせよ欠席は通知表に残るので、親にはバレます。

怒られることを先延ばしにするより、休みたい理由を親に伝える方が確実かもしれません。

広告

仮病で休んだ次の日の学校に行きにくくなる?

仮病を使って高校を休んだ場合、次の日に学校に行きにくくなるでしょうか。

結論から言うと、「行きにくくなります」。

先生に病気を心配されたり、親にバレないかなとドキドキしたりと、自分自身が学校に行きにくく感じるからです。

また、後ろめたい気持ちや罪悪感から学校に行きにくくなるというケースもあります。

でも案外先生は何も言ってこない場合もあります。

行きにくく感じても、休んだ1日が楽しかったなら割り切ってしまうのも方法ですよ!

広告

学校休むと勉強に遅れる?

学校を休むと勉強が遅れるかどうか心配ですか?

はっきり言って、1日ぐらいなら大丈夫です!

でも、テストの日を休んでしまうのはおすすめしません。

補講に行かないといけなくなったり、別の日にテストを受けなおしたりと面倒になる可能性があります。

また、テスト期間に入る前も要注意です。

試験の範囲を先生が告知する可能性があるので、聞いておけば、「どこを勉強したら良いか?」がわかるでしょう。

1日休んだばっかりに、更なるストレスになってしまうかも。

高校はテストで進級・進学が左右されやすいので、テストの日は学校に行くことがおすすめですよ!

すべての高校というわけではありませんが、1日くらい休んでも大丈夫なケースは多々あります。

ですが、休む期間などは注意しましょう。

テキストのコピーは禁止です。弊社では著作権侵害とし法的措置を行います。(リンクは可)
タイトルとURLをコピーしました