生理でプールを休む時の理由の説明は?見学理由は?休めない場合は?

生活の知恵

夏季は学校でもプール開きが行われ、水泳の授業が開催されます。

でも女子であれば、生理でプールを休まなければいけないときもありますよね。

そんなときに体育の先生のどうやって説明したら良いかわからない人もいます。

相手が男性教師だと言いにくいですからね。

では、生理でプールを休む時の見学理由の説明はどうしたら良いのか?

ここでは「伝え方、見学届の書き方、休めない場合の対処法」について紹介しています。

広告

生理でプールを休む時の理由の説明は男性教師にどう伝えれば良い?

プールの授業で、女子生徒が特に気がかりなのは、生理の時にどうしたらいいかですよね。

担当が男性教師の場合、休む時の理由説明は、どうしても恥ずかしいものです。

結論としては、休む時の理由説明はハッキリと「生理です」と言ってしまって問題ありません。

先生も教師ですから、もちろん生理については理解しています。

生理だからといって、他の生徒に言いふらしたりすることはありません。

また、生理だとハッキリ言いづらい場合は、「ちょっと腹痛が酷いので・・・」と言えば察してくれる先生もいます。

生理で休むことは悪いことではありませんし、月経の初日から3日目あたりまでは腹痛が酷く気怠いものです。

休むときは正々堂々としていて、問題ありません。

リカさん
リカさん

どうしても言いにくかったら担任の先生に言って話を通してもらうのが一番ですよ。

もちろん担任の先生も男性の場合がありますよね。

もしそうだったら、同じ学年の女性の先生に言って話を通してもらいましょう。

あとは保健室の先生に言ってもらうとかでも良いかもしれませんね。

ユキノさん
ユキノさん

わたしは欠席理由に「腹痛」と書いて、その文字の赤いラインマーカーをつけていましたよ。

察しの良い男性教師だったら気付いてくれますよ。

まあ、鈍感な先生もいますけどね。

でも体育教師も子供じゃないと思うし、普通に「腹痛」と書けばわかってもらえますけどね。

広告

学校の体育見学届の書き方で生理が理由で休む時の伝え方って?

上記で説明したように、生理でプールの授業を休むことは普通のことです。

少々恥ずかしいかもしれませんが、体育見学届には「生理です」とハッキリ書いてしまうのが1番です。

初日などの身体が辛い時期の場合は、注釈で「○○日目です」と書いておくのも一つの手です。

生理に理解のある先生であれば、その注釈で身体の調子を察してくれるでしょう。

もし様々な事情で見学届の書き方に悩むことがあれば、保健室の先生に相談してみたり、親からハンコ付きで直筆してもらったりすることも視野に入れてみてください。

広告

生理中は水泳を休むのって学校的にはダメなことなの?

生理中に学校を休むことはダメなことではありません。

ただし、先生によって生理に関する理解度の違いはあります。

良心的な先生や学校の場合は、生理で休んだ分をレポートや補講で補うことができます。

また休むことは可能でも、欠席扱いになり、成績に点数が加算されない場合もありますが、休めるという利点はあります。

1番大変な場合は、「生理でも、水中では水圧で経血は出ないから泳げる」という考えを持っている先生が担当の場合です。

特に男性の先生でこのような考え方をしている人がいますが、実際には水中で経血が完全に止まるわけではありません。

さらに、水の中から外に上がった時には水圧が無くなりますので、一気に経血が出てしまうこともあります。

様々な面から考えても、生理中はプールに入ることを控えた方が無難です。

理解が乏しい体育の先生の場合には、上記と同じように、保健室の先生などに相談してみましょう。

昨今ではSNSの普及もあり、生徒にとって不適切な対応をとれば大問題に発展することも珍しくありませんので、積極的に相談をすれば改善してもらえる可能性はあります。

もし不安な場合は、同じような対応をされた生徒と複数人で一緒に相談をしてみてはいかがでしょうか。

カオリさん
カオリさん

休むのは良いけど、授業が欠席扱いになるんですよね。

欠席は成績に響くから、無理やり出席している女子もいましたよ。

水泳の授業中にプールに鮮血が浮いてたりしましたからね。

配慮してくれる学校もあるみたいですが、基本的にうちの学校では生理休みは欠席扱いでした。

だから成績に響くのがめちゃめちゃつらい。

中学だったら内申点に響くし、高校だったら留年の可能性も出てくるからね。

広告

生理中でも水泳の授業を休めない場合の対処法は?

どんな手を尽くしても、生理でプールの授業を休めない場合もきっとあると思います。

そのような時にできる対処方法をいくつかご紹介します。

①タンポンを付ける

②ナプキンを付ける

③月経カップを付ける

④赤に近い色のセームタオルを使う

生理中によく使用されるグッズを付けてから水着を着る方法が主流です。

これは、プロの水泳選手でも行っている方法です。

またセームタオルという、絞れば何回でも使えるタオルが、カラーバリエーションが豊富で使いやすいので、赤色のものを使えば経血で汚れてしまっても然程目立ちません。

生理中の水泳の授業は何かと大変ですが、対策や相談をして、頑張って乗り切りましょう!

テキストのコピーは禁止です。弊社では著作権侵害とし法的措置を行います。(リンクは可)
タイトルとURLをコピーしました