ツマアカスズメバチ侵入経路は?日本の分布は対馬市?鉄腕DASH

生活(ライフスタイル)

2020年11月8日(日)にザ!鉄腕!DASH!の放送にて「グリル厄介~外来スズメバチの捕獲大作戦」という番組のコーナーで外来種のスズメバチが取り上げられました。

このザ!鉄腕!DASH!は、ジャニーズ事務所所属の城嶋茂さん、長瀬智也さん、松岡昌宏さん、国分太一さんが出演するTOKIOの冠番組です。

ゲストでは、横山裕さん(関ジャニ∞)がご出演されていますね。

では、ザ!鉄腕!DASH!で取り上げられた外来スズメバチ(ツマアカスズメバチ)とは何か?

ここではツマアカスズメバチの「侵入経路、日本の分布は対馬市」などについて解説しています。

広告

ツマアカスズメバチの侵入経路は?

ツマアカスズメバチの侵入経路として、輸入や観光などに貿易に使わられる外国からの船が一番有力です。

外来種であるツマアカスズメバチは「アフガニスタン、インド、インドネシア、中華人民共和国、台湾、タイ、パキスタン、ブータン、ベトナム、マレーシア、ミャンマー、ラオス[。 韓国、フランス、スペイン」などで生息していた生き物です。

この中で一番日本国と近いのは、韓国や中国、台湾になりますよね。

つまり侵入経路はこの3カ国で間違いありません。

この3カ国は特に日本と貿易などが盛んにおこなわれていますし、韓国客も多いですからね。

まず頻繁にツマアカスズメバチ(外来種スズメバチ)が確認されたのが、長崎県対馬市です。

次にツマアカスズメバチの侵入経路が確認されたのは、2015年の北九州市です。

2015年に北九州市でもツマアカスズメバチの巣が確認されました。ですが、

北九州市のものは長崎県対馬市の外来種スズメバチとは異なり大韓民国(韓国)に生息するハチの特徴に近いことが判明!

このツマアカスズメバチは韓国・釜山港との区間で貨客船の往来がある山口県・下関港を経由して入ってきた可能性が一番有力です。

ツマアカスズメバチは非常に危険性の高い蜂(はち)なので、刺されないように注意が必要です。

広告

ツマアカスズメバチの日本の分布は対馬市だけ?

ツマアカスズメバチが頻繁に確認されるようになったのは、確かに長崎県の対馬市です。

ですが、ツマアカスズメバチの日本の分布は対馬市だけではありません。

山口県や福岡県北九州市でも目撃情報が多数寄せられています。

ツマアカスズメバチの一番脅威なのは、その環境適応能力と繁殖力です。

この外来種のスズメバチは田舎だろうが都会だろうが、関係なく生息することができます。

さらに、この環境適応能力に拍車をかけるような驚異的な繁殖力です。

今後、このツマアカスズメバチは日本でもどんどん分布を増やしていくことになるでしょう。

ツマアカスズメバチには天敵が少ないので、その数は増加する一方です。

広告

ツマアカスズメバチの海外国での分布は?

外来種であるツマアカスズメバチは「インドネシア、インド、ブータンアフガニスタン、タイ、韓国、中華人民共和国、台湾、マレーシア、、ベトナム、ミャンマー、パキスタン、ラオス、 フランス、スペイン]などで生息していた蜂(スズメバチ)です。

2012年にはポルトガル、ベルギー、ドイツにも生息分布を伸ばしているといる情報が寄せられてきました。

さらに、ツマアカスズメバチの分布はイギリスに到達するのも時間の問題だと考えられている。

いかにこの外来種スズメバチの繁殖能力が高いかがわかりますよね。

それくらい世界中で脅威になりえる外来種スズメバチなのです。

実際に死亡したという被害状況も報告されているほど、攻撃的な性格と強い毒性も持ち合わせています。

韓国では2003年に釜山でツマアカスズメバチの侵入が初確認されて以降、韓国内では爆発的に増えています。

韓国や中国を中心として、外来種であるツマアカスズメバチは各国に勢力を伸ばしているのも事実です。

海外でも驚異とされている蜂なのです。

広告

ツマアカスズメバチ侵入経路は?日本の分布は対馬市?鉄腕DASH ~まとめ

2020年11月8日(日)に放送されたザ!鉄腕!DASH!では「グリル厄介~外来スズメバチの捕獲大作戦」という番組のコーナーが取り上げられました。

ザ!鉄腕!DASH!といえば、TOKIOの「城嶋茂さん、長瀬智也さん、松岡昌宏さん、国分太一さん」が出演する長寿番組でもありますよね。

この日のゲストでは、横山裕さん(関ジャニ∞)がご出演されていますね。

ザ!鉄腕!DASH!で紹介されたツマアカスズメバチは、日本の長崎県対馬市、山口県、福岡県北九州市などで分布が確認されています。

その侵入経路は外国からの貨物船や観光船などから侵入してきたというのが有力です。

外来種であるツマアカスズメバチは「パキスタンアフガニスタン、、インド、インドネシア、ミャンマー、 韓国、中華人民共和国、台湾、ラオス、タイ、マレーシア、ベトナム、フランス、ブータン、スペイン」などで生息していた外来種の蜂です。

この中で一番日本国と近いのは、韓国や中国、台湾になりますよね。

つまり侵入経路はこの3カ国で間違いありません。

今後、より一層日本でも分布が拡大されると予想されているほど、脅威になる外来種スズメバチがツマアカスズメバチなのです。

ぜひ注意しましょう。

テキストのコピーは禁止です。弊社では著作権侵害とし法的措置を行います。(リンクは可)
タイトルとURLをコピーしました