花火大会行きたくない時は?混雑の対策は?断り方は?楽しむ方法は?

生活の知恵

夏の風物詩と言えば花火大会ですよね。

でも中には花火大会に行きたくないと感じている人も多い。

誰しもが花火大会に好意的と言うわけではないのです。

理由は「混雑、花火に興味ない、帰宅ラッシュに合う」など。

では、花火大会に行きたくない人はどう感じているのか?色々な人に意見を聞いてみました。

また混雑への対策や上手な断り方、花火大会を楽しむ方法についても紹介しています。

ぜひ参考にしてみよう。

広告

花火大会行きたくない時はどうする?男女に聞いてみた

リカさん
リカさん

正直、行きたくないのに無理していくのもな~って感じですよ。

行くメリットと行かないメリットを天秤にかけてみては?

もし行くことの方がメリットが多いなら花火を楽しみにするのが良いですよ。

でも混雑とか花火への関心とかメリットが無いと感じたら行く必要は無し!

まあ誘われた側は相手に任せてれば良いので気楽に考えましょう。

カズキさん
カズキさん

僕は花火に興味ないし、混雑が嫌なので基本的に断っていますよ。

行きたくないなら行かなくて良いと思いますよ。

結局のところ、自分がどうしたいか?

でも相手が行きたがっていて、自分が相手との関係を大事にしたいと思うなら行くべきかもしれませんね。

マユミさん
マユミさん

別に行っても良いと思いますよ。

だって相手から誘ってきているわけですよね?

誘われた側って基本的に何もしなくて良いから楽ですよ。

誘ってきた相手に全部まかせて付いていけば良いだけですからね。

普通に花火に行っても悪いようにはならないと思うんだけどな。

マミさん
マミさん

わたしは花火大会とか好きじゃないかな?

混雑が嫌なんですよね。

それでお互いにイライラしちゃって喧嘩になるなんてこともありますしね。

だから良い日になるとは限らないと思います。

穴場とかがあれば別なんですけどね。

エリコさん
エリコさん

私も花火大会は基本的に遠慮したいかな~

花火に興味ないし、人混みも嫌いだし。

でもそうじゃないなら行くべきだと思いますね。

まあ、誘われた側は気兼ねなく行って良いと思いますけどね。

一度、行って嫌な思いをしたら二度と行かなくて良いと思いますよ。

アヤミさん
アヤミさん

花火大会って場所によっては近場で縁日(屋台)とかやっているんですよね。

花火に興味がなくても美味しい食べ物に興味がある人はオススメですよ。

わたしも花火大会には興味ないですが屋台は大好きです。

だからそれを楽しみにするのも一つの方法ですよ。

でも行きと帰りの電車とか混雑してて本当に面倒ですけどね。

このように花火に「行きたくない」という人もいる一方で、「行った方が良い」という意見もありますね。

大前提として、あなたは誘われた側です。

相手にすべて任せて気楽に後ろを着いていくだけでも良いのですよ。

広告

花火大会で混雑への対策は?

会場で混雑を避ける方法

花火大会の会場は非常に混雑するものです。

会場で混雑を一番の避ける方法は「穴場スポット」を見つけること!

いかに穴場スポットを見つけられるかが重要です。

ネットやSNSを駆使して必ず穴場を見つけましょう。

ネットは情報の宝庫です。

意外にも簡単に見つかりますよ。

行きと帰りの混雑を避ける方法

花火大会で混雑するのは会場だけではありません。

行きと帰りも混雑します。

公共交通だけでなく車も渋滞するでしょう。

そこで、一番の方法は時間をズラすということですね。

例えば、行きの場合は早めに会場入りする。

帰りの場合は、花火終了よりも前に帰るなどがオススメ。

花火終了時刻の10分~20分前くらいに帰りましょう。

そうすれば帰宅ラッシュに鉢合わせることはありません。

広告

花火大会行きたくない時と断り方は?

花火にどうしても行きたくないときは断るのも一つの手です。

でも断わり方は難しいですよね。

断わる理由として下記を参考にしてみよう。

混雑で人混みによって具合悪くなるから嫌だと言う

花火の音を聞くと動悸がする(爆音恐怖症)

忙しいフリしてわざと予定を合わせないようにする

今年は無理だから来年に行く約束して逃げる

上記の言い訳を使って上手に誘いを断りましょう。

オススメの方法はやはり体調が悪くなるということですね。

「人混みに酔って体調が悪くなる」もしくは「花火の爆音を聞くと情緒不安定になる」などが良いでしょう。

体調不良を言い訳にすれば相手も何も言ってこれませんからね。

広告

花火を楽しむ方法ってある?

綺麗な写真を取る

花火の楽しみ方は何も見るだけではありません。

写真を撮るのが好きなら美しい花火を撮影しよう。

SNSにアップすれば「イイネ」がたくさんつくはずですよ。

屋台を楽しむ

花火会場では周辺で屋台(縁日)を開催している場所もあります。

意外とこういった花火と縁日を同時進行している場所も多いですよ。

屋台には美味しいグルメがたくさんあります。

それを楽しむのもオススメですよ。

浴衣姿を楽しむ

花火の醍醐味と言えば浴衣を楽しむことです。

相手の浴衣姿を楽しむのも良いですし、自分も浴衣を楽しむことともできます。

浴衣を着ていつも違う相手に思わずドキっとすることもありますからね。

浴衣はなかなか着る機会がないので、これ機に名一杯楽しみましょう。

テキストのコピーは禁止です。弊社では著作権侵害とし法的措置を行います。(リンクは可)
タイトルとURLをコピーしました