友達の声が嫌いな対処法5選!イラっとしたらOOで即解決!

学校生活

学校では友達と行動する人も多いですが、相手の嫌なところも目につきますよね。

例えば、友達の声がどうしても受け付けないこともあります。

では、友達の声が嫌いなときはどうしたら良いのでしょうか?

お悩みを解決していきましょう。

広告

友達の声が嫌いな対処法5選!

アヤミさん
アヤミさん

「我慢して気が合う友人として付き合う」

これが一番の対処法かと思います。

声は人によって、落ち着く声、好きな声、はたまた苦手な声があります。

初対面の人でもなんとなく声が好きだと好印象を抱くことも多いすからね。

難しいですが、声が嫌いといよりは、内心、そのご友人のことが嫌いという可能性がありますね。

でも、性格が良かったり、気が合う友人であれば、大事にしましょう。

マユミさん
マユミさん

相手を総合的に見て判断しましょう。

声だけでなく、総合的な判断をしてみましょう。

声は嫌いでも、その他に性格とか恩義とか好きなことはあるハズです。

総合的に判断してみてはどうでしょうか?

まあ、人としては好きだが声がどうしても不快に感じてしまう苦手だと感じてしまうということもありますよね。

ユキノさん
ユキノさん

「慣れる」というのが対処法です。

声はどうしようもないですね。

わからなくはないですが、その友人を仲良くしていきたいなら「慣れる」しかないでしょうね。

声を指摘するのはさすがに可哀想ですしね。

どうしても嫌なら距離を置くしかないと思いますよ。

エリコさん
エリコさん

対処法は「相手の良いところに目を向ける」ことです。

声はどうしようもありません。

だから、まずは相手の良いところに目を向けましょう。「性格、思い出、恩義」なども良いですよ。

そうすれば、友達の声が嫌いでも、自分の中で友人関係の整合性は取れますよ。

マミさん
マミさん

どうしても耐えられないなら友達を辞めましょう。

それが対処法です。

声はどうしようもありませんからね。

まあ、高校で仲の良い友達の声が苦手で、性格は嫌いじゃないけど、どうしても相手の声を不快に感じてしまうことに悩んでいる高校生も多いですからね。

友達辞めるしかないと思いますよ。

そもそも声が気になる時点で、多分、友人に対して心のどこかで嫌悪感があるのでは?

声が嫌いと感じると、話の内容がなかなか入ってこなかったり、気に触ることを言われてはいないにも関わらずイラッとしてしまうなど、交友関係に影響もあることでしょう。

それでは友人の声が嫌いと感じるときはどのようにしたら良いのでしょうか。

このページを参考にしてみましょう。

広告

友達の声が嫌いだと感じる原因は?

まずは、友人の声が嫌いだと感じる原因を考えていきましょう。

一般的に下記であることがほとんどです。

参考にしてみましょう。

声がイメージと異なるため

嫌いだと感じるということは、まず初めに違和感を感じています。

例えば、漫画がアニメ化されたときに、キャラクターの声に対して意外性を感じる時のように、人は相手に対してこういう声だろうというイメージをしています。

それとおなじことが友人に対しても発生しています。

友人の声が自身のイメージと異なっていた。

それが故に違和感を感じ、そのギャップがストレスとして感じているのではないでしょうか。

聞き取りにくいと感じるため

話している内容が聞き取りづらいという可能性もあります。

一見「聞き取り辛い」と「嫌い」は繋がっていないように思えます。

ですが、聞き取り辛いということは無意識のうちでもストレスが積み重なっていきます。

そのストレスの積み重ねによって知らぬうちに感情が嫌いへと変化をしていっているのではないでしょうか。

声だけではなく話し方も相まって嫌悪感を感じるため

実は声だけ、音だけではなく、その人特有の話し方の癖が相まって、嫌いと感じる…つまりはストレスを感じるということも考えられます。

舌足らずな話し方や、言葉の癖などが気になり出すと、気にしないでいようとするほうが難易度が高くなります。

雪だるまのように日々の微細なストレスが大きくなっていってしまっているということでしょう。

広告

声が嫌いな友達と仲良しでずっと一緒にいる対策は?

声が嫌いな友人とこれからも仲良くしていきたいというときは、どのような対策をすると良いのでしょうか。

結論、最も効果的な対策はその声に慣れることです。

慣れるまでは、メールやメッセージなどを中心に相手とのコミュニケーションを図り、人となりを知っていくと良いでしょう。

その上で、完全に避けるのではなくその友人と会話でのコミュニケーションも増やしていくようにしてください。

声が嫌いという感情は分解をすると、違和感を感じるという感情が根底に存在しています。

その違和感に慣れて日常にするためには慣れていくことが必要不可欠です。

そして慣れるためには、接触頻度を増やすことが必要不可欠です。

広告

友達の声にイラっとしたらどうしたら即解決できる?

嫌いだと感じていたりストレスを感じていると、頭では相手には他意がないとわかっていてもイラッとしてしまうこともあるでしょう。

それでは、ついイラッとしたときの上手な相手との接し方としてはどのようなものでしょうか。

まずイラッとしたときは、一呼吸置くようにしましょう。

これは声だけではなく、どんな物事にも当てはまります。

最も行ってはいけないことは、イラッとした感情のままその友人と話し方を続行することです。

自分の感情の受け止めと整理ができていないため、もしかしたらちょっとしたことで怒りやストレスが大きく感じてしまうというかもしれません。

ストレスを引き摺らないためにも、イラッとした感情はその場で昇華させることが大切です。

広告

声が苦手だと友達自体が嫌いになることってある?

声が苦手だとその友人自体が嫌いになるということはあるのでしょうか?

こちらは、場合によっては可能性としてあります。

ただ、嫌いになってしまうときの理由としては声が嫌いというよりは、どちらかというと言動や言葉の癖が嫌いということがほとんどです。

改めて嫌いと感じる気持ちを分解すると、声が苦手だと思っている場合でも、実は声自体ではなく口癖や話し方が鼻につくということが非常に多いケースです。

言動や口癖の場合は、その人自身が現れていることがほとんどのため、その友人自体が嫌いになってしまうという状態です。

つまり、声だけが嫌いで友人が嫌いになるということは非常に少なく、何かしらの人としての要因があるということですね。

広告

ずっと一緒にいる友達の声がうざいと感じたら相手に言うべき?

長く友人として付き合っている友人の声がうざいと感じた場合、相手に伝えるべきでしょうか。

結論、もし相手が意図的に声を変えているようであれば、その背景を聞きつつ指摘をしてあげると良いでしょう。

ただ意図的ではなく持ち前の声だった場合は伝えないほうが良いです。

意図的に声を変えているということであれば、戻すことができる、変えられるものであるため指摘をしたほうが良いでしょう。

ただ、本人も何か思うことがあり意図的に変えているため、頭ごなしに否定するのではなく背景を聞きつつ、相手に伝えてみましょう。

ただ、その声が持ち前の声で変えられないものであった場合は、相手に容姿を指摘しているのと同じことです。

相手を傷つける可能性があるため、指摘は避けたほうが良いでしょう。

いずれも相手としっかり向き合い、頭ごなしに否定をするのではなく、相手にも何か考えがあるのだということを大切にして話してみてくださいね。

テキストのコピーは禁止です。弊社では著作権侵害とし法的措置を行います。(リンクは可)
タイトルとURLをコピーしました