友達嫌いすぎる対処法5選!関わりたくないときの接し方も!

学校生活

学校の友達に嫌いな友人はいますか?

最初こそは仲良くしていたが、一緒に過ごす時間長くなるにつれて、その友人の嫌なところが少しづつ見えてきてしまい、嫌いになってきてしまったということもあるでしょう。

では、友が達嫌いすぎるときの対処法を見ていきましょう。

広告

友達嫌いすぎる対処法5選!

アヤミさん
アヤミさん

「友達と一時的に距離置く」これが一番の対処法です!

わたしだったらあまりにも嫌な友達とは一緒にいたくないので、距離を置きますかね。

友人関係は平等だと思うし、相手が自分をバカにしてくるなら、同じ時間を過ごす価値はありません。

まずは他のグループの友人と仲良くしておいて、いつでも移れるようにしましょう。

カスミさん
カスミさん

友達でいたいなら「ちゃんと相手と向き合うこと」がオススメの対処法です。

あなたが相手とどういう関係でいたいのか?

これによりますよね。

友達でいたいなら、相手の不満をぶつけるのが一番だと思いますよ。

「これからも仲良くしたいから言うだけど・・・」みたいな感じで言うのがベストですね。

もう一緒に居たくないなら、普通に離れてしまうのが一番だと思いますね。

別に仲の良い友人を見つけましょう。

マミさん
マミさん

「学校だけの付き合いにして割り切る」といのも対処法の一つですよ。

他の、対処法としてはこんな感じかな。

学校だけの関係として便利要員(ぼっち回避要員)として割り切って接するのが良いでしょう。

もちろん、友達でいたいなら話し合う時間を設けて、相手に不満をぶつけるのもアリでしょうね。

対処法はいくつかあるので、ぜひ実践してみると良いでしょう。

リカさん
リカさん

「仲の良い友人を変えて、その友達とは少しずつ離れていく」というのが一番の対処法です。

他の友達と仲良くしておいて、少しずつ今の友達と離れていくのが良いでしょう。

友達は学校だけの付き合いだけにして、プライベートは絶対に付き合わないようにしましょう。

嫌いな友達といるとストレスたまりますし、他の友達を知れば、比較もできますからね。

マミさん
マミさん

「他に自分の属せるコミュニティを作る」というのが対処法として良いと思います。

色々なコミュニティに属せば、人間関係の視野が広くなりますし、心に余裕ができて「こういう人もいるんだと」考えることもできますよ。

高校の友達と最初は仲良くしていたが、マウントばかり取ってきて、少しずつ相手の嫌なことが見えて嫌いに感じて悩んでいる高校生も多いですからね。

ことあるごとにマウントを取ってくるということなども、友人関係で悩む人からはよく聞く悩みの要因です。

では、友人がだんだんと嫌いになってきてしまった、ということがあった場合どのように考えるのが良いでしょうか。

このページを参考にしていきましょう。

広告

うざい友達と関わりたくないときの上手な接し方は?

うざい友人と関わりたくないときは、どのように立ち回るべきでしょうか。

話したり、一緒に行動することで、コミュニケーションが発生するのでそのたびにストレスを感じてしまうことでしょう。

うまく立ち回るためには接触を最低限にすることが必要です。

そのうえで接触が発生するときは第三者を含めて3名以上でコミュニケーションを図ることを意識してみてください。

一対一でのコミュニケーションではなく、複数名でのコミュニケーションをお薦めする理由としては、複数名での会話は基本的に誰かが話の軸をもっていることが多いです。

もちろん話題が変わることや返事によってその軸は他の人へと渡っていきます。

そして複数名であればあるほど話し手の母数は増えていきます。

つまり複数名でいたほうが、話し手に回る、聞き手に回るというコントロールがしやすいのです。

嫌いな友人が話をし始めて、ストレスを感じるようであれば聞き手にまわってしまう、話の軸をズラして話し手に自分がなってしまうなどコントロールしやすさが格段と上がります。

広告

嫌いな友達に悟られず上手に避ける方法って?

嫌いな友人本人に悟られず、上手に避けるにはどのようにすれば良いのでしょうか。

結論、「緩急」をつけて避けていくようにしてください。

なるべく接触の機会を少なくするために避けるというのは簡単なことです。

難しいのは相手に悟れないようにすること。

どうしても避けてばかりだと相手は何かをしてしまっただろうかとすぐに気がついてしまいます。

相手にどうしても悟られたくないというのであれば、あえて接触をこちらからしてみる、など距離感に緩急をつけてください。

避けられているかもしれないと気づくとどうしても行動が目につき気になってしまいます。

それを逆手に取り、相手に「気のせいだった」と思わせるために、あえて話しかけてみるなどコミュニケーションの緩急をつけることです。

これにより、「避けられているかも」→「気のせいだった」をくりかえることで人は慣れていきますので、避けられているかもしれないということ自体に、慣れていき感度が落ちていきます。

そうすれば、避けていようとも相手は気にしない、気が付かないという状態ができあがります。

広告

嫌いな友達をうざいと思ってしまうときの対処法は?

嫌いな友人に対してうざいとストレスを感じてしまうときはどのように自分の気持ちを対処すべきでしょうか。

できることであれば、ストレスを感じたくない、もしくは軽減したいことでしょう。

そのようなときはぜひ、どこにたいしてうざと感じるのか自分の気持ちを整理してみましょう。

そのうえで、相手には「期待しない」という考え方に変化させていくこともおすすめします。

例えば、何に対してもマウントをとる友人に対してうざいと感じるのであれば、なぜうざいと感じるのかという点を整理してください。

例えば、マウントをとることで優位な立場についているような言動をすることが目につくとします。

つまりは自分の考えとして、相手と自分を比較して友人間で、優勢劣勢を定義づけることが「正しくない」と考えているのでしょう。

そしてそれを友人にも同じ考えや考えのもとの行動を期待してしまっています。

その期待をするのをやめることです。

この友人は自分自身と考え方が違うという点を受け入れ、相手に期待をしない。

そうすると、何となくストレスとして感じていたものが無関心に代わっていきます。

好きの反対の言葉は嫌いではなく無関心という考え方があるように、嫌いな友人としてアテンションするのではなく、無関心になっていくことでストレスも感じなくなっていくことでしょう。

広告

大好きだった友達を嫌いになったときはどうする?

大好きだった友達を嫌いになったときはどうするべきでしょうか。

今まで大好きだった友人が、いろんな面が見えてきて嫌いになるという気持ちの変化があると、自分はなぜ嫌いになってしまったのかと悲しくなるでしょう。

他に良い面もあるため、これからも仲良くしたい。

ただ嫌いなところがあり嫌いという気持ちが大きくなってしまったとなると自身の気持ちも辛いのではないでしょうか。

その場合、どうするのが最善でしょうか。

結論、そのときは言いづらいかもしれませんが、自分が嫌だと思うところを本人に話してみましょう。

もちろん一方通行だけではなく、相手からも自分に対して嫌だと思っていることはないか、直してほしいと思っていることはないか聞くことが大切です。

実は自分が嫌いになってしまった点などは、相手は意図なく何気ない言動だったということも非常にありふれています。

もちろんなかには、友人は自身の信念や考え方のもとで行っている言動もあるため、自分の希望を全て反映してもらうという考えではなく、あくまでお互いの内心を知り、折衷案を講じていくという考え方が大切です。

これからもその友人と付き合っていきたいということであれば、相互理解が何より大切です。

もし、今まで大好きだった友人で嫌いになってしまった人がいるということであれば、まずは自分中でも気持ちを整理して相手と理解を深めるということを大切にしてくださいね。

テキストのコピーは禁止です。弊社では著作権侵害とし法的措置を行います。(リンクは可)
タイトルとURLをコピーしました