文化祭準備が間に合わないときは?やる気ない人へは?リーダーなら?

生活の知恵

文化祭といえば出し物(模擬店)ですが、準備が大変ですよね。

時には、文化祭準備中に「間に合わない」と感じる場合もあります。

またやる気のない人もいますからね。

文化祭におけるリーダー的なポジションは大変です。

では、文化祭準備が間に合わないときは、どうしたら良いのでしょうか?

ここでは、対処法ややる気の無い人への接し方を紹介しています。

広告

文化祭準備が間に合わないときはどうする?

カオリさん
カオリさん

文化祭リーダーを務めていました。

とりあえず出来ることから一個ずつやっていくことですね。

あとは、クラスメイトに協力してもらうことです。

自分一人で頑張りすぎないことです。

クラスもあなたに必要とされていることが伝われば、やる気に似合ってくれますよ。

タクミさん
タクミさん

文化祭準備が間に合わないと感じるのは、あなたが頑張りすぎているからです。

クラスメイトを頼りましょう。

人は「頼られてる、必要とされてる」と感じると嬉しいものですよ。

うまく誘導して手伝ってもらうと良いでしょう。

マミさん
マミさん

クラスメイトに「○○(名前)がいると楽しいし、やる気出る!」と言いましょう。

もしくは「みんなで文化祭準備すると、全然、苦じゃないし、むしろ楽しい」と言いましょう。

この一言あると、クラスメイトのやる気が違ってきますよ。

重要なのは、「いかに周りの人間を巻き込めるか?」ということです。

感謝の意を伝えると、みんなも積極的に協力してくれますよ。

相手に言えたもん勝ちですよ。

ミライさん
ミライさん

大事なのは、「いかにクラスメイトを巻き込めるのか?」ですね。

感情的になって怒りをぶつけるのはNG!

褒めて感謝の言葉を伝えて、相手をヤル気にさせることが大事!

イライラするのもわかりますが、大人になって、相手に協力させるのです。

相手の善意や、やる気を出させるのが腕の見せ所ですね。

文化祭準備中に「もう時間がない」と焦ってしまいます。

ですが、こんなときこそリーダーの腕の見せ所です。

文化祭の目標は、間に合わすことではなく、みんなでひとつのことをなし遂げることにあります。

無理して間に合わすのではなく、どこかであきらめることも大切です。

舞台であれば演目のひとつをとばす、屋台であればメニューをひとつ減らすなど、時間を逆算して、「間に合うことやる」という風に方針を変更します。

方針変更はリーダーにしかできない仕事です。

広告

文化祭準備でやる気ない人へはどう接するべき?

決して、無理じいをしてはいけません。

やる気のない人は、やる気のない人なりに、それなりの理由があることが多いですよね。

なので、その解決を一緒にしていく、というスタンスで接します。

「無理なくできそうなことをやってもらう」

「興味を持ってもらえそうなことをやってもらう」

「“○○がいると助かる“などと言って相手をほめて、やる気にさせよう」

こういった感じで接していれば、おのずとやる気をだしてもらえるケースが多いです。

人手が足りないときは、ぜひ実践してみましょう。

広告

文化祭準備でリーダーに求められるものって?

最も求められるのは、決断力です。

文化祭は、「準備~当日~あとかたづけ」これまで長丁場です。

ですから予定していなかったも多発します。

そんなときに仲間にひとつの道しるべ、つまり方向性をしめして、ひとつひとつ決断していくことが大切です。

次に、気配りです。

特に、目立たない人には積極的に声をかけるようにします。

目立つ役の人ばかりが文化祭では目立ちがちですが、目立たない役割の人にも、いてもらわないと困るケースが多くあります。

縁の下の力持ちの人に、リーダーは積極的に声をかけ、気配りをしていきます。

広告

文化祭準備でクラスがまとまらないときは?

文化祭は、ときとして意見が分かれてしまいもめてしまうケースがあるものです。

まとまらないときは、リーダーとして、まずは原因をつきつめます。

まとまらない原因はなんなのか?根本的原因を突き詰めることが大切です。

原因が分かれば、原因解決に着手します。

それでもまとまらないときは、妥協点を探ります。みんなが少しずつ、譲歩しあって進めていきます。

大切なことは、「意見は食い違いながらもみんなでまとまっていく」という姿勢です。

リーダーは、まとめていくために、様々な気配りをしていきます。

自分の希望通りにならない人にはフォローを、また、自分の希望通りになっている人には過信しないように、全体をコーディネートしていく感覚です。

広告

文化祭を成功させるのに大切なものって?

「スケジューリング」

「入念な準備」

「大胆な発想」

この3つが大切です。

やはりスケジュールはとても大切で、いついつまでになにをやる、ということをはっきりと決めておく必要があります。

大切なことは日にちを決めておくことです。

次に準備です。とにかく緻密に計算して準備します。

ただこれはできる人とできない人がいるのでリーダーは、人を見て準備係を決めることが大切です。

最後に大胆な発想です。

文化祭にイレギュラーはつきものです。

イレギュラーに対して、リーダーは大胆な発想と決断力で、クラスをまとめていき、文化祭を成功させていきます。

テキストのコピーは禁止です。弊社では著作権侵害とし法的措置を行います。(リンクは可)
タイトルとURLをコピーしました