文化祭やりたくないときは?行きたくないときは?楽しめないときは?

生活の知恵

文化祭は誰しもが楽しみにしているわけではありません。

中には「面倒、楽しめない、行きたくない」と考えている学生もいます。

では、文化祭をやりたくないときはどうすれば良いのでしょうか?

ここでは文化祭を多くに感じているときの対処法について紹介しています。

また、行きたくないと考えている人はぜひ必見です。

広告

文化祭やりたくないときの対処法は?

適度の参加して適度に休む(半分出席して半分欠席する)

休む(体調不良や病気など、正当な理由をつける)

保健室で休む(体調が悪いと言って保健室で休ませてもらう、可能であれば早退する)

早退する(文化祭一週間前に早退する理由“家の用事”などを先生に言っておくこと!)

遅刻する(正当な理由をつけて、遅れて参加、片付けだけ手伝う)

このように文化祭をやりたくないときの対処法はいくらでもあります。

多くの生徒がとても楽しみにしている文化祭ですが、なかには参加したくない、行きたくないという人もいるようです。

いろいろな理由があると思いますが、一番多いのは、「あのノリについていけない」ということではないでしょうか?

文化祭は、普段おとなしい人が急に活躍したり、また、普段からリーダーっぽい人がより一層、しきりだしたりといろいろ変化がおきます。

本心では楽しみたいけど、きっとその変化についていくのがしんどい、というのが根本にあると思います。

そういう方にとっておきの方法を紹介します。

「文化祭は、〇日だけの演劇だ」と考えるのです。

普段、暗い人が急にあかるくなっているのも役者を演じている、と考えるのです。

そして文化祭はその舞台装置です。

ですから本心では楽しみたい、と思っている人は、「〇〇な自分」を演じてみるのをおすすめします。

文化祭は長い学生生活の中でも唯一、演技が認められる行事です。

広告

文化祭に行きたくないときの対処法は?

いろいろ自分なりに工夫したけど、やっぱり行きたくないという人もいます。

そんなときは、開き直ります。

意外と文化祭には、ひとりでも楽しめる内容のものがあります。

例えば、「おばけやしき」です。

おばけやしきは、ほとんどがグループで参加するものですよね。

なので、驚かす方もグループ参加は退屈していますので、ひとりで参加する人には、とっておきのサプライズがあることがあります。

また食べ歩きもおすすめです。

広告

文化祭を楽しめないときの対処法は?

「文化祭を楽しめない」という人は、無理に楽しむ必要はありません。

文化祭になると、みんなが盛り上がっていて、楽しんでいるように感じますが、意外と無理して楽しんでいる人も多いのが事実です。

楽しめないときは無理して楽しむ必要はまったくないです。

せいぜい長くて、1日~2日のことです。

どこか一人でいれるところを探してそこでじっ~としています。

例えば、トイレなどもオススメです。

同級生の内緒話とか、秘密ごととかが聞こえてきて、楽しいですよ。

1日~2日じっ~とすることくらいできるはずです。

ゲームや本、お菓子を持ち込むのも可です。

卒業して、社会にでれば、それ以上にじっ~としてなければいけない期間もありますから、その練習と思います。

広告

文化祭を手伝わないはどう?

アヤミさん
アヤミさん

手伝わないと反感を買ってしまうので、なるべく手伝いは参加した方が良いですよ。

あと、ぼっちの人なら尚更、積極的に参加しよう。

時間つぶしが出来ますし、クラスメイトからも感謝されて、一石二鳥です。

ミライさん
ミライさん

文化祭は積極的に手伝うべき!

クラスに馴染めないなら尚更です。

あなたが積極的に参加すれば、クラスメイトから感謝されますし、その後の対応も変わってきますよ。

カズキさん
カズキさん

手伝いに積極的に参加することは、得なことはあっても損なことはありません。

・ぼっちで回るのを回避できる

・クラスメイトから感謝される

・クラスメイトが友好的になり、輪に入るチャンス。

このように、文化祭の手伝いに積極的に参加することで、交友関係も広がるし、学生生活を変えるチャンスです。

自分のメリットのためにも手伝いに参加するべきですね。

文化祭の手伝いは積極的に参加する方がベターです。

なぜなら、今後の学校生活に影響を及ぼすからです。

特に、本心では手伝いたい、と思っている人は、勇気をもって「手伝おうか?」と自分から立候補することをおすすめします。

文化祭は、なんなりと手伝うことがありますので、「ありがとう、助かる」ととても感謝されるでしょう。

広告

文化祭で周囲に馴染むようにする方法は?

文化祭で、なかなか周囲に馴染めない、ひいてしまう、という人も多いでしょう。

そんなときは、できる範囲で「何か手伝おうか?」といった感じで、声をかけてみることをおすすめします。

自分から動くことが大事!

アクティブになれば、事態が好転することはよくあることです。

恥ずかしからずに、「まず最初の第一歩」です。

昔の人の言葉で、「最初の一歩を踏みだすことができれば、目標の半分に到達」という言葉があります。

ぜひ参考にしてみよう。

テキストのコピーは禁止です。弊社では著作権侵害とし法的措置を行います。(リンクは可)
タイトルとURLをコピーしました