文化祭友達いない辛いなら?一緒に回る人を誘う?一人乗り切るなら?

生活の知恵

文化祭といえば学校が主催する大イベントですが、友達がいない学生にとっては地獄のイベントですよね。

正直、憂鬱になっている学生も多いでしょう。

では、文化祭友達いない辛いならどうするべきか?色々と対処法を紹介しています。

ぜひ参考にしてみよう。

また、文化祭において「一緒に回る人を誘う方法、一人乗り切る方法」についてもレクチャーしています。

広告

文化祭友達いない辛いなら?

いっそ欠席する(体調不良や家庭の用事など正当な理由を設ける)

用事で早退する(事前に担任の先生に話しておこう)

体調不良で早退する(熱中症や吐き気などがベターですね)

遅刻する

一人でいられる場所を探す(トイレ、体育館、使ってない教室、立ち入り禁止区域など)

同じぼっちに声をかけて仲良くなる

他校にいる友達を呼んで一緒に回る

クラスメイトから文化祭に関する仕事を貰う(手伝う)

本来であれば、積極的に誰かを誘うのが一番。

ですが、それが無理なら、クラスメイトから仕事を貰って、文化祭の手伝いをしましょう。

クラスメイトにも感謝されるし、あなたの好感度が上がるでしょう。

クラスメイトに心配されたら「みんなにちゃんと楽しんでほしいから、全然手伝うよ」と言うのが良いのでしょう。

このように友達がいないときの対処法は様々です。

実践できなそうな方法を参考にしてみましょう。

また、友達がいなくってつらいときは、思い切ってゲームをするのがおすすめです。

文化祭といえども、必ず休憩室などがあってくつろげる部屋がありますので、そこを使わせてもらってゲームに打ち込みます。

普段ではできないような高揚感を味わいながら、没頭してゲームに集中することができます。

次のおすすめは読書です。

普段読みたくても読めなかった本を持ち込みます。

朝から夕方まで、終日読書に専念します。

極めつけは受験勉強です。文化祭当日に、案外、受験勉強する人が多いのも事実です。

他人の目を気にすることなく受験勉強に励みます。

広告

文化祭で一緒に回る友人を誘ったら相手から迷惑に思われる?

文化祭で一緒に回る友人を誘ったら迷惑になるなんてことはまずありません。

考えすぎです。

それに関しては、まったく気にすることはありません。

誘われた方は、うれしくて「いこう」と、喜んで一緒に回ってくれるでしょう。

大切なことは、その「友人」の「友人」に気配りをすることです。

もしかすると承諾してくれた友人はオッケーでも、その友人の友人はいい顔をしていないおそれがあります。

すべて回った後などに、「ごめんね。邪魔になったかな?」とひと声をかけます。

このひと声があるかないかで、今後の友達付き合いが決まります。何事も気配りが大切です。

広告

文化祭で一緒に回る人を上手に誘う方法って

普段から友達付き合いを気にしていて、一緒に回る人には不足しない、という人以外は、案外、一緒に回る人選びに苦戦します。

その理由としては、文化祭は自由度が高い行事の割に、学校からグループを指定されないからです。

修学旅行、体育祭、遠足など他のほとんどの学校行事は、当日の動きの基本となる班編成が先生から指示されます。

一方、文化祭だけはなぜか一緒に動く班の指示はなく、個人に任されています。

これでは困って当然です。

当日、見渡せば、一緒に回る人を探している人が必ずいますので、その人を誘います。

これが成功の第一歩です。

ぜひ同じぼっちを探してみましょう。

あなた以外にも一人で困っている同級生は1人~3人はいるものですよ。

広告

文化祭で友達いないときに一人乗り切る方法は?

いろいろ手をつくしたけど、どうしても一人で乗り切ることになった、という人も多いでしょう。

1人で乗り切る方法はいろいろありますが、基本は、「一人を楽しむ」ことです。

一人の方が、自分の好きなところに行けますし、なんといっても気を使うことがありません。

人気の内容でも、一人の方が早く回れます。

またクラスによっては、一人で来た人用の特別演出を用意しているところもあのりますし、そもそも、一人で回ることを恥じることはありません。

どうしても恥ずかしい、という人は、スマホを持ってうろうろしてみます。

とりあえず、スマホを持ってウロウロしていれば格好はつきますし、他人から見ても「ぼっち」とは思われません。

最後に、裏技としては、場所分割法があります。

事前に、人がいないけどゆっくりできる場所をあらかじめリストアップしておきます。

「図書室」「食堂」「休憩室」、そして最後に「トイレ」といったところでしょうか。

そして、それぞれの箇所に十~二十分程度ステイします。

時間が来たら、次の場所へ移動、といった感じで、特定の場所に長居せずに転々と移動します。

複数の場所で1人の時間を過ごすということです。

一か所最大二十分が限界です。

これ以上いると、目立ってしまいます。

ただ、最近では防犯カメラ等もあるので、事前に防犯カメラがどこを撮影しているかを把握することができればベストです。

テキストのコピーは禁止です。弊社では著作権侵害とし法的措置を行います。(リンクは可)
タイトルとURLをコピーしました