体育祭が大嫌いで辛いときは?苦痛なら?イジメを助長?トラウマに?

生活の知恵

体育祭は学校の一大イベントですが、運動が苦手な学生にとっては、最悪な行事ですよね。

「苦痛、トラウマになる、いじめに繋がる」など不安に感じている生徒も多いでしょう。

休みたいとさえ思うでしょう。

では、体育祭が大嫌いで辛い時はどうしたら良いのでしょうか?

ここでは体育祭が苦痛に感じる場合の対処法を紹介しています。

広告

体育祭が大嫌いで辛いときは?

自分は運動音痴だと自覚している人は体育祭を思いっきり楽しめないかもしれません。

クラスの足を引っ張ってしまっていつも落ち込んでしまう人も多いのではないでしょうか。

実は、運動音痴の人がクラスの絆を強くするきっかけを作ることがあるのです!

まずは考えてみましょう。

クラス全員、運動が得意な人で、何もしなくてもどんどん試合に勝っていく風景を….。

たしかに、試合には勝てるかもしれません。

しかし、絆は深まらないでしょう。

絆とは、色々な困難があり、みんなで協力して乗り越えて初めて形成されるものなのです!

運動が出来ない人がいたり、多数派と意見が対立したりする人がいるからこそ、みんなで解決策を考えて実行することができるのです。

運動が苦手な人は、自分の活躍する場所を運動以外で探してみましょう。

頭がいい人は、クラスメイトをどのように活躍させたら勝利できるのかを考えることができます。

ムードメーカーの人は、クラスが険悪な雰囲気になった時に盛り上げることができます。

運動ができることだけが良いことではありません!

色々な人がいるからこそ、クラスが活気のある楽しい空間になるのです!

広告

体育祭に出るのが怖いと感じているときは?

運動が苦手だと、体育祭を怖いと思うかも知れません。

体育祭に恐怖を感じてしまった時は、どのように対処すれば良いのでしょうか?

ボールが飛んできたら怖いなど、怪我を怖がっている場合

運動音痴だから怪我が怖いと思っている人は、練習をすることで怪我の確立を下げることができます。

普段運動をしないのに、急に動くと色々な場面で怪我をする恐れがあります。

ボールが来たときの対処法などを運動が出来る人に聞いて、自分の身を守れるようにしましょう!

運動ができないことを馬鹿にされることが怖い場合

体育祭では、運動している姿を見られてしまいます。

運動ができないことを笑われたりしたら、とても傷ついてしまいますよね。

そんな時は、あえて全力でプレーしてみて下さい!

中途半端にやる気のない雰囲気でいると、馬鹿にされる対象になってしまいます。

負けそうでも最後まで一生懸命な人に対しては、応援してくれる人の方が多くなります!

応援してくれる人たちを味方につけて、馬鹿にできないような雰囲気を作ってみて下さい!

自分が足を引っ張ってしまわないか怖い場合

多くの学生にとって体育祭は思い出作りの一環です。

確かに、足を引っ張ってしまわないか?不安になる場合もあるでしょう。

ですが、クラスメイトはあなたを責めるほど、体育祭に熱量を持っていません。

もしあなたが一生懸命に競技に参加しているのであれば、誰も責めることはしないでしょう。

逆にやる気なさそうに競技に参加していれば、責められるでしょう。

「全力を出すこと、楽しむこと」この2点を考えましょう。

広告

体育祭はイジメを助長することもある?

体育祭で、いじめが助長することはほとんどありません。

みんな自分のことに必死ですし、盛り上がっているので他人をいじめている暇がないからです。

そもそも、学生にとって体育祭は「思い出作り、授業がないラッキーな日」くらいにしか思っていません。

ほとんどの学生にとって体育祭とはその程度の執着です。

運動が苦手な人は自分が足を引っ張ってしまうのではないか?と悩んでいる人も多い。

ですが、そこまで「勝ち負け」に固執するクラスメイトや体育祭はそうないでしょう。

でも全くイジメを招く可能性が無いわけでもありません。

もし、いじめが起こっている時は、迷わず信頼できる人に相談してください。

親や先生に言いにくい場合は、学校の心理カウンセラーや、コールセンターなども相談窓口よしては良いです。

決して我慢をしないようにしましょう!

広告

体育祭がトラウマになる場合もある?

体育祭で負けてしまった原因が自分であるという場合

運動している姿を馬鹿にされた場合

このようなケースだと人によってはトラウマになってしまうかもしれません。

トラウマになってしまう前に、友達や家族に失敗を伝えてみましょう!

失敗は、自分が思っているよりも他人は気にしていません。

他人に話してみると「そんなに気にすることじゃないよ」と教えてくれるかもしれません!

どうしても出席したくないなら、休むという手段もあります。

確かに「サボる、ズル休みする」という行為は褒められたものではありません。

ですが、まずは自身の心の健康を最優先にしましょう。

どうしても無理なようであれば逃げたって良いんですよ。

もしくは、無理だと感じたら早退するのもアリですよ。

テキストのコピーは禁止です。弊社では著作権侵害とし法的措置を行います。(リンクは可)
タイトルとURLをコピーしました