体育祭いじめを助長する?嫌われる?不登校に?休むのは?留年する?

生活の知恵

体育祭といえば大きな学校の一つですが、楽しいばかりではありません。

学校行事は人間関係のトラブルを招き、イジメや不登校につながるケースだってありえます。

体育祭を機にクラスから嫌われ、不登校になり休む生徒もいるでしょう。

結果、留年する場合もあります。

では、体育祭は本当にいじめを助長するのか?色々な人に意見(経験談)を聞いてみました。

広告

体育祭いじめを助長する原因になる?

アヤミさん
アヤミさん

実際問題として、いじめを助長する原因にはなると思います。

例えば、リレーとかで足を引っ張るとそこからトラブルの原因にもなりますよね。

うちのクラスではそういった問題がありました。

かわいそうでしたね。

あとはヤル気のない生徒とヤル気のある生徒との温度差ですよね。

これも人間関係が荒れる原因になりますね。

リカさん
リカさん

学校行事って体育祭に限らずですが、やはり人間関係を悪化させる原因にもなるんですよね。

運動競技って苦手な生徒もいれば、得意な生徒もいますよね。

それで、温度差や実力の差が出たりするものなんですよ。

クラスで体育祭にかける想いが熱いほど、運動が苦手な生徒は、足を引っ張るからと悪になりますよね。

クルミさん
クルミさん

うんうん。

体育祭って運動が苦手な人にとって、最悪な行事なんですよね。

中には、足を引っ張るからクラス中に責められるなんてこともありますからね。

あとはクラスの温度差ですよね。

やる気のない生徒が多いクラスだと、やる気がある生徒が空回りして、イジメの対象になることもありますからね。

タクミさん
タクミさん

学校行事はやっぱりイジメだったり、トラブルを招きやすいですよね。

集団でやるものって、意見がぶつかったり、クラスで温度差が出来たり、運動ができない生徒が悪者扱いされたりするからね。

そういった意味では、いじめを助長することってあると思います。

上記の意見を参考にするのであれば、やはり体育祭はイジメを助長する可能性は十分にあるとうこと。

理由は様々ですが、体育祭はクラス全員で挑む競技もありますよね。

クラスのみんなで団結して挑む競技は、各々の意見などがぶつかり合うものです。

また、運動が苦手な学生は、クラスに咎められる可能性もゼロではありません。

広告

体育祭がクラスでいじめに繋がる3つ要因とは?

体育祭がいじめを助長する原因になるのではないかとドキドキしている人も多いのはないでしょうか。

少なからずそういう一面もあるかと思いますが、その理由は3つほど考えられます。

1つ目は「クラスの意見が分かれやすい」

自分と違う意見の人に対して責めたいと感じたり、のけ者にしたいと感じてしまう人が多いのかもしれません。

クラスの意見が分かれやすいのも学校行事の特徴です。

2つ目は「得意不得意が明確になる」

不得意なことがあるのは決して悪いことではありません。

ですが、それが目立ったりクラスの結果に影響する可能性があるのが辛いですね。

3つ目は「負けを誰かのせいにしたくなる」

大前提として、決して一人のせいで負けてしまうことなどないもの。

ですが、悔しさを紛らわせるためにもそのような発想をする人もいるようですね。

広告

体育祭で運動苦手な足を引っ張る生徒は嫌われる?

体育祭で運動苦手な足を引っ張る生徒は嫌われるのか?

結論から言えば、嫌われる可能性もあるということ。

例えば、体育祭においてクラス中が「絶対に勝ちたい」という意思が強いと、やはり運動が苦手な学生は虐げられてしまいます。

その理由は「足を引っ張るから」ということがほとんどでしょう。

特に学生の精神はまだ未熟です。

「みんなが楽しめるように」なんて考えが出来るほど、成熟しきってはいません。

足を引っ張られると迷惑と考えてしまう学生もいるでしょう。

こういった意味で、体育祭で足を引っ張る運動が苦手な生徒は、嫌われてしまう可能性もあります。

ですが、あくまでも可能性の話です。

「そういったケースもある」くらいに考えておきましょう。

また、嫌われるかどうかは「態度による」という場合がほとんど。

例えば、種目で活躍できなくても「応援を頑張っている」人に対してネガティブな感情を抱く人は少ないでしょう。

また「準備を頑張っている」人は種目とは別のところでクラスの役に立てているので、嫌われる対象にはなりづらいです。

多少種目で足を引っ張っても多めに見てもらえるのはないでしょうか。

逆に種目であまり活躍できなかったけれど傲慢な態度をしてしまったり、あきらかにやる気のない態度でダラダラと参加してしまうと、「嫌だな」と感じられることに繋がるかもしれません。

広告

体育祭後にいじめを受けて不登校になる生徒もいる?

上記で解説した通り、体育祭でイジメを受けるとそこから不登校になる生徒がいるのも事実です。

体育祭後にバカにされるようになり、不登校になるケースも珍しくありません。

「やる気のある生徒」と「やる気の無い生徒」でクラスメイトとの温度差によって、トラブルになり、結果として、人間関係(友人関係)との悪化からイジメの対象になる可能性もあります。

逆にやる気のある生徒がクラスから浮いてしまって、居心地が悪くなり、体育祭を機に不登校になるケースだってあり得ますよね。

必ずしも体育祭とイジメが直結するわけではありませんが、原因になる可能性はゼロではないということです。

ですが、あくまでも稀な可能性の話です。

体育祭後に、体育祭の最中の出来事が原因でいじめを受けて不登校になることを恐れている人もいるかもしれませんが、実は体育祭の後は意外と通常モードに戻る人が多いです。

なぜなら、よっぽど体育祭に思い入れが強い人でないと、学校生活はテストや部活、次の行事など気になることがたくさんありすぎて忘れてしまうことが多いんですよね。

ですので、あまり心配しすぎなくてもいいでしょう。

広告

体育祭に行くのが辛くて休むのはダメ?

正直、休んでもOKであることが多いでしょう。

しかし伝え方には注意する必要です。

特に「クラスメイト向け」には変に伝わってしまうことを避けたいですよね。

「本当は参加したいのだけれども、やむを得ない事情で行けない」という体にするのが一番無難です。

体育祭当日の発熱や捻挫等が良い事例です。

場合によっては仮病を疑われてしまう可能性もあります。

なので、体育祭の前々日あたりから少し調子が悪いように振る舞っておくなど念入りな準備が必要かもしれません。

体育祭は強制参加ではありませんので、休むという選択肢を取る学生も稀にいるでしょう。

ですが、体育祭は立派な授業に一環です。

出席日数や成績にも含まれています。

仮に出席日数がギリギリの生徒(高校生)は、体育祭を休むと留年する可能性だってあります。

体育祭も立派な授業なので、参加意欲も見られています。

当然、留年になることが無くても、成績に影響することだって可能性としてはあり得る話ですよ。

休むという選択肢を否定はしませんが、リスクがあるということは理解しておきましょう。

また、休むことで、クラスメイトに迷惑をかけてしまう可能性もあります。

例えば、ダンス演目などがある体育祭はフォーメーションが崩れたりしまうからね。

広告

体育祭を休むと留年する可能性もある?

結論、留年はしないことが多いです。

1年のうちの1日休むことが大きく進級に響くなんてぞっとしちゃいますもんね。

ただし、すでにたくさん休んでいて後1日休んだら出席日数が足りなくなるなんて人は注意してくださいね。

また、成績評価には影響が出るかもしれないです。

学校によっては体育祭欠席をカバーするための課題が設定されていいます。

それをこなせば評価に影響が出ないこともあるようですが、意欲や態度の部分でマイナスにされてしまうかもしれません。

デメリットも正しく理解した上で参加するか休むかを決断できると良いですね。

上記でも少しだけ解説しましたが、体育祭は立派な授業です。

遊びやイベントではありません。

つまり、出席日数や成績に影響する可能性もあるということ。

出席日数が足りなくて、留年する学生がいるように、体育祭を休むことで、出席日数や成績に影響を及ぼす場合もあります。

最悪の場合、留年することもあるでしょう。

出席日数がギリギリの生徒は、なるべく体育祭に出席することをオススメします。

もちろん、成績に影響を及ぼす可能性もあるので、「どうしても行きたくない」というわけでなければ、参加した方が良いでしょう。

テキストのコピーは禁止です。弊社では著作権侵害とし法的措置を行います。(リンクは可)
タイトルとURLをコピーしました