体育祭の練習めんどくさい人いる?辛いなら?だるいなら?嫌いなら?

生活の知恵

体育祭は学校行事の一つ。

ですが、練習期間もあることから、意外にも面倒だと感じている学生も多い。

また、学校によってプログラムも様々で、しっかりと競技を行う学校もありますよね。

学校によってはダンス演目を設けている場合もあります。

このように体育祭の練習は面倒ですよね。

中には「辛い、だるい、嫌い」と考える学生もいます。

ここでは、体育祭の練習がめんどくさいと感じる人の意見や、対処法についても紹介しています。

広告

体育祭の練習めんどくさい人って多い?

カオリさん
カオリさん

体育祭の練習はめんどくさいですね。

適度に参加して、適度に手を抜いてって感じで参加していますよ。

たまにサボったりすることもありますけどね。

あんまり熱心に参加する必要は無いかと思いますね。

タクミさん
タクミさん

体育祭なんて参加することに意義があるんですよ。

だから参加できればOKです。

確かに体育祭の練習は面倒ですけどね。

うちの学校はダンス演目とかあって、フォーメーションもあるので、なかなか厄介でしたね。

ユキノさん
ユキノさん

けっこう体育祭って面倒くさいって思っている学生は多いですよね。

ただ、これは学校によるんだと思います。

学校によって体育祭のプログラムが違いますからね。

うちの学校は「100m、持久走、学年対抗リレー」とかでした。

だからけっこう遊び感覚で出てましたよ。

でも、学校によってはダンス演目とか競技が多いと面倒ですよね。

体育祭の練習期間は、1-2ヶ月あります。

その期間に、日程を調整し、クラスの人たちと協力し合わなければなりません。

とても楽しい期間ですが、人によってはめんどくさいと感じる人も多い。

まず、お昼休みや放課後の時間が無くなることが嫌だと感じる人がいます。

日頃から勉強や部活動で忙しいにも関わらず、わずかな休憩時間を練習に充てなければいけないのは辛いですよね。

また、クラスの人たちと話し合いをすることが面倒だと感じる人もいます。

リレーの走る順番や、大縄飛び、長縄飛びなどの戦略を立てなければいけません。

初めのうちは上手く出来ないのが当たり前なのでクラスの雰囲気が悪くなることもあります。

そのような状況を面倒だと感じてしまうようです。

広告

体育祭の練習が辛いならどうしたら良い?

練習が辛い場合どのようにして乗り越えれば良いのでしょうか?

対処法を見ていきましょう。

時間がなくなって辛い場合

時間がなくなって辛いと感じる人は、出場する種目を減らしましょう!

出場項目が多いほど、練習時間が長くなってしまいます。

また、どうしても疲れている場合は、休んでしまうことも考えてみましょう。

疲れている状態で練習をしても怪我をしてしまうリスクが高まるだけです。

自分の体のことを第一に考えましょうね!

クラスメイトと協力しあうのが辛い場合

クラスメイトと協力しあうのが辛いという人は、出る種目を考えましょう!

個人競技に出れば問題ありません。

例えば、短距離走や長距離走などがオススメ!

あとは、バトミントンであれば協力プレーがないので少人数で練習をすることができます。

運動が苦手で辛い場合

運動が苦手で辛い人は、応援・声かけでバリューを発揮できるようにしましょう!

クラス全員で綱引きやリレーの練習をしていると、上手くいかないときに雰囲気が悪くなることがあります。

そんな時、真っ先に「まだまだ大丈夫だよ!」と声をかけてくれる人がいるだけで雰囲気が明るくなり、成長も早いです!

誰でも得意・不得意があります。

自分が最も輝ける場所を見つけてみましょう!

広告

体育祭が嫌いだから練習を休むのはあり?

体育祭が嫌いだと、練習に行くのも億劫になってしまいます。

そんな時は、休んでも大丈夫なのでしょうか。

体育祭の練習は、強制ではありません。

自分の都合に合わせて行くことができます。

しかし、全員で協力して行う競技があった時、いつも休んでいては迷惑をかけてしまいます。

全ての練習に行く必要は全くありませんが、クラスメイトに迷惑をかけない範囲で調整しましょう!

また、体育祭の立派な授業の一環です。

休むと出席日数に影響するので、ギリギリの人は注意が必要ですよ。

出席日数が足りている人は、別に休んでも問題ないでしょう。

広告

体育祭の練習を楽しむ方法は?

体育祭を最も楽しむ方法は、クラスで共通の目標を掲げることです。

また、さらにモチベーションを上げるためには、目標が達成された時のご褒美をみんなで決めるという方法があります。

全員で「優勝する」という目標を掲げれば、どの種目でどのくらいの順位を取らなければいけないのか明確になります。

種目ごとの目標が決まれば、自分の役割も明確になります。

運動が苦手な人でも、頭脳を活かして戦略を立てることに力を注ぐことができます。

体育祭は、運動が出来る人だけが活躍できる場ではありません。

運動が出来る人・戦略を立てるのが上手い人・応援が得意なムードメーカーが揃って始めて成り立ちます。

自分はどうやってクラスに貢献できるのかを考えると体育祭を楽しむことができますよ!

テキストのコピーは禁止です。弊社では著作権侵害とし法的措置を行います。(リンクは可)
タイトルとURLをコピーしました