体育祭怖い時は?リレーのプレッシャーには?自分のせいで負けたら?

生活の知恵

体育祭は学校で催される一大イベントの一つですよね。

でも、中には体育祭へのプレッシャーを感じ、不安で押しつぶされそうな生徒もいます。

「クラスメイトの足を引っ張って自分のせいで負けたらどうしよう?」と不安になるときもありますよね。

そこで、このページでは「体育祭への参加が怖い時」の乗り越え方について紹介しています。

広告

体育祭怖いときの乗り越え方は?

プレッシャーで体育祭が怖いと感じたことがある人はいますか?

高い期待をかけられて選手に選ばれたけど、自信が無くて怖くなってしまうことがあると思います。

自信が持てるまで練習に打ち込む

プレッシャーで怖いと感じてしまうのなら、練習をして自信を持つことが必要です。

何もしないと不安がどんどん増えていくだけです。

練習をこなして不安を1つずつ潰していきましょう。

また、練習をすれば不安が減るだけでなく、練習に集中することで、その間は不安から逃れることができます。

クラスメイトを信じる

怖くて不安だと感じる原因はなんでしょうか。

1つは、負けて悔しい思いをするからだと思います。

もう1つは、負けたときにクラスメイトから良く思われないからではないでしょうか。

負けたら、何か言われるのではないかという恐怖があると思います。

その場合、クラスメイトを信じてみましょう。

あなたの努力する姿は、みんなが見ています。そしてあなたが良いと思って選んでくれているのです。

失敗したからといって責められることはありませんし、クラスメイトに責める資格もないのです。

体育祭で人生が変わる訳ではない

体育祭の前にメンタルを安定させておきましょう。

体育祭のプレッシャーがあると思いますが、失敗しても人生が変わる訳ではありません。

クラスが負けてしまうこともあるかもしれませんが、それでクラスの評価が変わるわけでもありません。

体育祭の目的は、みんなでスポーツを楽しむことです。

悩みすぎず、楽しむことに注力してください!

誰もそこまで期待していないことを知る

体育祭へのプレッシャーに押しつぶされそうなのはわかりますが、クラスメイトはあなたが思っているほど、あなたに期待していません。

クラスメイトもそこまで「勝ちたい」とは、思ってないでしょう。

当事者(あなた)はそうは思えないでしょうが、クラスメイトからしたら体育祭に対する執着なんて、そんなものですよ。

クラスメイトからしたら「思いで作り、授業の無いラッキーな日」くらいには思っていませんよ。

あなたも気楽に楽しみましょう。

前日にしっかりと休息をとる

人は体が疲れていると、やはり精神的にも不安定にもなります。

わかりやすく言うと「睡眠不足、疲労感、栄養バランスの乱れ」など、ダイレクトに精神に影響します。

不安に押しつぶされそうな感情は、何も精神的な問題だけではないのです。

前日にしっかり休息をとり、万全な状態で体育祭に挑むようにしましょう。

コンディションの調子を整えることで、精神的にも屈強になれますよ。

アロマオイルやハーブティーに頼る

アロマオイルやハーブティーには芳香成分が含まれています。

ハーブの香りというやつですね。

これには気持ちを落ち着かせる効果(鎮静作用)があり、メディカルハーブとも言われ、民間療法にも利用されています。

特に、カモミールティーやペパーミントティーが有名ですね。

ハーブティーを水筒に入れて持参したり、小さなアロマオイル瓶を持って行き、匂いを嗅いだりすることで、不安な気持ちが落ち着きますよ。

広告

体育祭のリレーで自分のせいで負けたらと不安な時は?

リレーで自分のせいで負けたらと不安に思う人はたくさんいると思います。

しかし、リレーにおいて「自分のせい」という場面はほとんどありません。

リレーは、結局全員のタイムの総合です。

たとえ、自分の番で他の人に追い越されたとしても、それは偶然です。

たまたま自分の番の時に、足の速い人がいたりしただけです。

全員がもう少しずつ早く走ることができれば、超されることは無かったのです。

そのため、リレーで負けてしまうのは、全員の責任です。

自分の事を追い込みすぎないでくださいね!

広告

体育祭の全員リレーはいらない?

体育祭の全員リレーは、注目の種目ですよね。

足の速さに自信の無い人は、みんなに走ってる姿をみられる最悪の種目だと思っていると思います。

体育祭の全員リレーは、段取りなども非常に手間になるので、実施していない学校もあります。

その場合は、選手リレーといって選ばれた数人のみがリレーをするようです。

体育祭の全員リレーはいらないと思われがちですが、とても盛り上がる種目です。

その理由としては、全員が当事者意識をもって参加できるからです。

綱引きなども全員で行いますが、1人1人の活躍がわかりづらいです。

一方で、全員リレーは全員が主役になる瞬間があるので、全員関心を持って取り組むことができます。

全員リレーで勝つことができれば、クラスの団結力もより深まっていきます。

全員リレーに苦手意識がある人も、戦略を立てるときに頭脳を発揮するなど自分の活躍できる場所を探して見て下さい。

テキストのコピーは禁止です。弊社では著作権侵害とし法的措置を行います。(リンクは可)
タイトルとURLをコピーしました