文化祭で写真を彼氏が女子と撮るアリ?心理は?対処法は?言い方は?

生活の知恵

文化祭といえば、男女が色恋に発展しやすいイベントですよね。

また、男女の親交が深まりやすいイベントでもあります。

そんな文化祭で彼氏が他の女子と写真を撮っていたら嫉妬しますよね。

ここでは文化祭で写真を彼氏が女子と撮っていたときの「対処法、彼氏の心理、止めてほしいとこの可愛い言い方」について紹介しています。

広告

文化祭で写真を彼氏が女子と撮るアリ?

彼氏がほかの女の子と写真を撮っていて気分がいい人はいませんね。

ですが、写真を撮るだけなら問題はないです。

写真を撮るということは、思い出を作るということなのであまり気にしないようにしましょう。

問題に思うのは、以下のような行動です。

2人きりで写真を撮る

写真を口実に連絡先を交換する

過度にスキンシップを取る

彼氏のこうした行動が気になるときははっきりと嫌だという気持ちを伝えましょう。

「こんなこと言われて嫌じゃないかな」と考えるときは、他の女の子と写真を撮って嫌な気分になっているあなたの気持ちはどうするのですか?

付き合っていくにはお互いに嫌なことははっきり言いあい、時に口論になっても、譲歩していかないと長いお付き合いはできません。

ミツルさん
ミツルさん

男子としての意見になります。

基本的には、あくまでも思いで作りだから、そこまで気にする必要は無いと思います。

でも、それを口実に連絡先を聞いたりしてたらアウトかもしれませんね。

男子の中にも女子生徒(同級生、後輩、先輩)とフランクに接する人も多いですからね。

広告

文化祭で彼氏が他の女子と写真を撮る心理は?

文化祭で彼氏が他の女子と写真を撮る心理は単純に思い出作りです。

最近はスマホの普及により、写真が身近なものになっているので日記のような感覚です。

文化祭では、普段と違う高揚感もあるので、楽しかったワンシーンを残す感覚で写真をとっています。

写真に残すことは、残念ながら記憶には残りにくい行動です。

気にしないことが一番です。

もちろんそんなときでも最低限のルールは守ってほしいですね。

女子と2人きりで写真は撮らない

腕や肩を組まない

お互いの間で「これは嫌だ」ということをはっきりさせて、ルールは決めておきましょう。

カズキさん
カズキさん

男子として、特に何も考えてないと思いますよ。

単純に思いで作りの一環として、写真を撮っているだけですよ。

ちょっと嫉妬しちゃうのはわかりますが、変に疑うと喧嘩になる場合もありますよ。

でも、ヤキモチを焼いてることは彼氏に伝えても良いかもですね。

きっと彼氏もキュンとするでしょう。

広告

文化祭で彼氏が他の女子と写真をとる場合の対処法は?

周囲に彼氏であることをアピールする

この場合、付き合うことを周りの人から冷やかされるのが嫌で言うのを嫌がる男子もいるでしょう。

付き合うことを周囲に伝えないということが2人の間で最初にきめられているなら、彼氏をしっかり教育しましょう。

男の人は察するということが苦手です。

だからこそはっきりと伝えることが必要になってきます。

常に一緒にいる

この場合は友人関係もあり、ちょっと現実的ではありません。

ですが、せっかくの文化祭を一緒に楽しむ思い出は欲しいですね。

口の堅い友達に協力して時間を作ってもらいましょう。

長時間でなくても、一緒にいるだけで楽しいので欲張らないように。

彼氏が断らないのであれば自分が断る

この場合は一緒にいるときに可能な対処法です。

断るときは、相手の気持ちにも配慮しましょう。

彼氏を好きな人なら、ものすごい勇気を出して誘ったに違いありません。

好きな人と写真を撮りたい心理がわかるからこそ、上手に断りましょう。

彼女がいるとわかっている人とは、よほどの理由がない限り写真を撮りたいという人はいません。

それでも一緒に写真を撮りたいという人がいるなら、それは彼氏を狙っている人です。ちょっと用心しましょう。

広告

文化祭で他の女子への嫉妬を彼氏に伝えてキュンとさせる言い方は?

「ちょっとヤキモチ焼いちゃうよ~(笑いながら)」

「他の女の子と撮らないで欲しいな~(照れながら)

「みんなから人気があるんだね(泣きそうになりながら)

このように、相手に感情を伝えることも大事!

ですが、男性は感情的に話をされることを嫌います。

なので、伝えるときには、文化祭のざわざわした雰囲気の場所よりは、静かなところで伝えるほうが自分に集中してもらえます。

気持ちが落ち着ける環境で、なるべく2人でゆっくりとした口調で伝えてください。

「言いにくいんだけど」と付け足すと、何か話しづらいことがあるのかなと気にかけてくれます。

絶対に感情的になってはだめです。

きゅんとさせようと考えすぎると、行動が不自然になります。

自分の素直な気持ちを自分の言葉で伝えるのが、一番相手をきゅんとさせることができます。

勇気が出ない人はおまじないをしましょう。

顔周りに何か揺れるものをプラスします。

大人の女性が、恋したときに使うテクニックです。

(髪の毛が一番高校生らしいです。)普段縛っている場合は、ちょっとだけ勇気が出るようにヘアアイロンやドライヤーで毛の流れを整えて!髪を整えている間に、自分の気持ちも整えて。

それでも自信がつかないときには、自分のお気に入りのアイテムを味方につけましょう。

何度落としても戻ってくるキーホルダー、受験に受かった縁起の良いシャープペンなど。

ゲン担ぎです。

持っているだけで勇気が出ることが大切です。

持っているから勇気を出して自分の気持ちを伝えられます。

頑張ってください。

テキストのコピーは禁止です。弊社では著作権侵害とし法的措置を行います。(リンクは可)
タイトルとURLをコピーしました