文化祭準備行きたくないなら?ぼっちで辛いなら?やることない時は?

生活の知恵

文化祭準備は非常に面倒なものです。

特にクラスに馴染めない、一人ぼっちで悩んでいる学生にとっては、憂鬱なイベントであることは間違いありません。

では、文化祭準備に行きたくないときはどうしたら良いのでしょう?対処法について紹介しています。

また、文化祭準備中に自分(あなた)にやることがなくなって手持ち無沙汰になった時の対処法も紹介しています。

広告

文化祭準備行きたくないときの対処法は?

休む(体調不良や家の用事など、正当な理由で休む)

早退する(事前に早退する要件を伝えておくと早退しやすい。)

遅刻する(適当な用事を言って、遅れて文化祭準備に参加する)

適度に参加して、適度に欠席する(数回は参加して、数回は休みましょう)

いきたくないときには思い切って休みましょう。

もしくは早退したり、遅刻(遅れて参加)するのもオススメですよ。

「ちょっとその日は用事があって」「習い事で忙しい」「部活で呼び出されている」など理由は何でもいいです。

気分が乗らないことはいくら時間をかけても進みませんからね。

自分の分の仕事について、確認を取って自宅や自分が集中できる環境でゆっくりやったほうが効率は上がります。

実は人が集まれば集まるほど、手順がしっかりしていないと作業効率が悪いことの方がほとんどです。

まして高校生の文化祭は、利益追求の仕事とは違い、趣味の延長のようなものです。

人が集まれば会話が弾んでしまい、手が止まってしまいます。

精神的に疲れやすいです。

準備はあくまでも準備なので、自分を大切にしましょう。

広告

文化祭準備中にやることがないときは?

やることがないときは、実行委員に「何か仕事ありますか?」と確認を取る、もしくは「帰ってもいい?」と聞いてみましょう。

人に聞くことが重要です。

この二択以外、実はありません。

実行委員に声をかけることで、会話が広がる可能性もあったりします。

帰宅してもいいよと言われた時には、ぜひ他の作業をしている人に「お疲れ様です」と声をかけましょう。

「実行委員の人から帰っていいよと言われたので帰ろうと思います。

でももし何か手伝えることがあればやりますよ」というとあなたの印象がよくなります。

決して仕事をさぼっているわけではなく、自分の仕事が終わったことで手伝うという姿勢で声をかけてください。

いろんな人に声をかけて自分が作業することがなければ、家に帰って自分の時間を優先しましょう。

広告

文化祭準備中に一人ぼっちでつらいなら?

文化祭の準備で1人がつらいなら、まずは自分を変えましょう。

例えば、話題のゆるキャラなどのグッズを持ったり、可愛い雑貨(ハサミは種類が豊富でおすすめです)を持って作業してみたり。

色はなるべく派手な色味のほうがよいです。

人は自分が考える以上に見ています。

特に流行のグッズや可愛いもの、目が惹かれるものを持つと相手から話しかけてくれます。

大体は「それ可愛いね。どこで買ったの?」から会話がスタート。

話しかけてもらったら、そっけなくせずにきちんと対応しましょう。

つながりの輪が広がること間違いなしです。

また、文化祭準備期間は、クラスメイトと仲良くなるチャンスです。

当日に一緒に回る人が居なければ、準備期間中に確保しておくと良いですよ。

広告

文化祭準備で何か自分に手伝えることを探し出す方法は?

自分ができることは何かを考えます。力仕事で荷物を運ぶ、細かい作業が得意など。

できることをしっかりと周囲にアピールしましょう。

荷物運びならなるべく入り口近くの人に声をかけてみてください。

入り口近くにいる人たちは、次の作業をどうするかや必要なものを持っていこうかなどと移動を考えている場合がほとんどです。

まだまだ自分から誰かに頼むといったことが苦手なのが高校生です。

そんな時に声をかけてもらうと非常にありがたい存在です。

次からも頼みやすくなります。

細かい作業が得意な人は、教室の中央付近にいる人に声をかけましょう。

中央付近にいる人は全体の作業の流れを見たり、人手が足りないところをフォローしたりする人がなぜかそろいやすいです。

教卓や黒板側(教室のすみ)に集まっている人は、作業を見ているふりをして自分たちの話に夢中だったりします。

グループを固定して自分たちだけで話をしたい人たちが、教室のすみには揃いやすいです。

自分から声をかける人というのは、やる気があるので作業を頼みやすい頼もしい存在として一目おかれます。

広告

文化祭準備期間を楽しい日々にするにはどうしたらいい?

文化祭準備を楽しい日々にするためには、仕事を請け負う側ではなく仕事を発注する側に回りましょう。

文化祭で一番張り切るのは実行委員会の幹部クラスです。

そこから徐々にクラス役員、一般生徒(ぼっちを辛いと感じるのはこの部分にいる人たちです)といったように仕事が割り振られます。

クラスになじめず悩んでいるときは、思い切って実行する側に回ってみましょう。

実行委員は地味な仕事が多く、しかも忙しいです。

自分を忙しくさせていれば、日が経つのはあっという間です。

そんな勇気ないなと思うときは、高校を卒業してからの自分を想像してみてください。

社会ではもっと嫌なこと(嫌いな上司に媚びをうったり、やりたくない仕事をまわされたり)でもやらなければいけないことがあります。

修行をしているんだと思うと割と何でも乗り切れます。

テキストのコピーは禁止です。弊社では著作権侵害とし法的措置を行います。(リンクは可)
タイトルとURLをコピーしました