紅葉元気がない対処法は?葉先チリチリなら?縮れる?変色は?肥料も

生活の知恵

秋といえば紅葉(もみじ)ですよね。

きれいなオレンジや赤色の葉は、見ている人の心を癒してくれるでしょう。

でも、育てている紅葉に元気がないときってありますよね。

「葉先がチリチリ、縮れる、葉先の変色」など、ちょっとおかしいと思うことがあるでしょう。

そこで、このページでは紅葉(もみじ)に元気がない原因と対処法について紹介しています。

また、オススメの肥料についても紹介しています。

広告

紅葉元気がない対処法は?

秋といえば美しい紅葉ですよね。

ご自宅で紅葉を楽しみたい方も増えており、すでに植木されている方もいらっしゃるでしょう。

紅葉は庭木の中でも育てやすいとされていますが、元気がなくなることもあります。

そんな時にはどのように対処すれば良いのでしょうか。次の3つの対処法をご紹介します。

水分をあげよう

紅葉は山林の水分が豊かな土地に生えるものです。

そのため、庭で植木していると水分不足になる可能性があります。

ちょっと水やりを増やしてみてください。

目安として、夏から秋は朝、夕の2回がおすすめです。

土地の水はけにもよるので、目安として参考にしてみてください。

日当たりを確認しよう

紅葉は直射日光が少ない山林で育つものです。

そのため、日当たりが強すぎるところで

は葉が焼け、幹が傷んでしまうことがあります。

特に西陽には弱いので、鉢植えにして移動するなどの対処法を検討しましょう。

害虫や病気の対策をしよう

紅葉は比較的害虫に強い気ですが、アブラムシやテッポウムシには弱い傾向があります。

また、うどんこ病にかかることも。

こうした害虫や病気にはホームセンターなどで購入できる殺菌剤がおすすめです。

広告

紅葉(もみじ)に元気がない原因って?

育てやすく日差しにも強いとされる紅葉。

ですが、元気がなくなってしまうことがあります。

それはなぜでしょうか。

紅葉が枯れていく原因には様々な種類がありますが、多くが「場所の問題」です。

紅葉は山に育つ木であることを思い出すと、環境の改善のヒントが浮かびます。

例えば土が少なすぎる、水はけが悪い、などはよくある原因です。

山で元気に育っているイメージを持つと、育てやすくなりますよ。

広告

紅葉(もみじ)の葉先がチリチリになる対処法は?

紅く美しい紅葉を育てたいもの。

ですが、ふと気が付くと葉先がチリチリになっていることがあります。

葉が縮れるような現象が起きた場合には、どう対処すると良いでしょうか。

紅葉の葉先がチリチリになった場合、高温多湿で弱っている可能性があります。

水が足りずに枯れてしまったため、対処法としては縮れた個所の剪定がベストです。

一度枯れてしまった葉はそのままにしても回復することが無いので、カットしましょう。

他の葉に栄養を生き渡らせるために必要な作業でもあります。

広告

紅葉(もみじ)の葉先が縮れるときの対処法は?

紅葉の葉が縮れてしまったら、その他の元気な葉も危険な可能性があります。

葉が枯れる原因は主に日差しの強さや多湿のことが多いので、半日蔭への移動がおすすめです。

植林の場合は移動が難しいですが、盆栽や植木鉢での栽培の場合は移動しましょう。

すだれなどで人工的に日蔭を作って対応するのもおすすめです。

秋の楽しみの一つ、紅葉ですがご自宅で挑戦するからには美しく育ててみたいものです。

紅葉の様子を観察しながら、元気に育ててあげましょう。

広告

紅葉(もみじ)の葉っぱが変色する対処法は?

本来秋に色が染まるはずの紅葉が、黄色や茶色に変色し始めた場合はどうすれば良いでしょうか。

特に夏場に変色があるようなら、紅葉がダメージを受けている可能性が高いです。

肥料不足や水不足の可能性がありますよね。

なので、十分な水を与え、吸収率の高い液体肥料を与えましょう。

また、土に問題がある場合もあります。

土壌環境が悪いと、栄養が十分に吸い上げられず、葉が変色していってしまう可能性もありますからね。

鉢植え→地植え(もしくは地植え→鉢植え)に変更するのも良いでしょう。

広告

紅葉(もみじ)にオススメの肥料ってある?

シンボルツリーとしてもおすすめの紅葉は、挑戦してみたい植木ですよね。

紅葉を自宅で育てる場合には、どんな肥料がおすすめでしょうか。

おすすめの肥料は次の2点です。

油かす

油かすは菜種などが原料になっている肥料で、粉末状になっています。

少々油の臭いがありますが栄養は満点。

ホームセンターなどでも気軽に購入できるので、扱いやすい肥料です。

庭木用の追肥

追肥として販売されている肥料は紅葉の色を美しくするために向いています。

アミノ酸やリン酸などが調合されているので、初めての庭いじりの必需品です。

扱いやすい肥料なので手元に置いておきましょう。

テキストのコピーは禁止です。弊社では著作権侵害とし法的措置を行います。(リンクは可)
タイトルとURLをコピーしました