紅葉良さは?楽しくない?嫌いな理由は?好きな理由は?楽しみ方は?

生活の知恵

秋の季節になると紅葉シーズンですよね。

人気スポットでは美しい紅葉の景色を見るために多くの観光客が押し寄せることも。

ですが、中には紅葉を楽しめなかったり、良さがわからないという人がいるのも事実。

そこで、紅葉の良さとは何なのか?

このページでは「紅葉の良さ(魅力)」についても解説しています。

また、嫌いな理由や好きな理由、楽しみ方についても紹介しています。

広告

紅葉良さって何?

秋の始まりを感じられる

赤とオレンジのグラデーションが美しい

紅葉狩りができ、加工して本の栞(しおり)などに出来る

色々な紅葉スポットがあるが、違った美しさのある景色が楽しめる

美しい景色で感傷的な気分にさせる

美しい紅葉スポットに行くために山登りやロープウェイに乗ったり、目的地に着く過程も楽しめる

このように紅葉の良さは人それぞれですが、色々な楽しみ方があることがわかりますね。

紅葉の良さは様々ですが、「季節の変わり目を感じられるのが嬉しい」という意見があるようです。

蒸し暑くじめじめとした夏から、ようやく過ごしやすい気候になったことを、紅葉を通して実感する人も多いとか。

他にも「見た目が鮮やかで見ていて楽しい」という意見も。

紅葉中は様々なカラフルな色の葉がついた木が並び、街中が華やかになります。

冬になったら枝だらけの木が増え少し物寂しい雰囲気になってしまうため、そうなる前に鮮やかな風景を楽しんでおきたいと感じる人も多いようです。

広告

紅葉が楽しくない人いる?

ユキノさん
ユキノさん

わたしは紅葉が楽しくないですね。

というか単純に「興味がない、関心がない」といったところでしょうかね。

周りの友人に言うと驚かれますが、まあ、美的感覚は人それぞれですからね。

特に紅葉が美しいとかは思わないですね。

マユミさん
マユミさん

紅葉って観光で来る人も多いみたいですが、うちの近所にもちょっとした紅葉スポットがあって、秋になると観光客が集まります。

帰路の途中に紅葉スポットがあると、人が集まっていて迷惑なんですよね。

中にはマナー違反者もいるから・・・・

近所に紅葉スポットがあると、けっこうストレスですよ。

マミさん
マミさん

紅葉って美しいと思う人も多いですが、けっこう毛虫がいたりするんですよね。

だから子供と紅葉を見に行くときには気をつけなきゃいけませんしね。

なかなか面倒が多かったりしますし、危険も付き物ですよ。

個人的には興味がない人は紅葉に行っても楽しめないと思いますね。

紅葉が楽しくないとか、興味を持てないと感じる人もいるようです。

「紅葉」は葉が緑からオレンジや赤に変色する現象のこと。

そこにどんな意味を見出すかは人それぞれ。

あまり楽しくないと感じる人は、単純な自然現象として捉えているだけかもしれません。

広告

紅葉が楽しくない嫌いな人の理由って?

紅葉が楽しくないとか嫌いだと感じる人の理由も3つほどあります。

ぜひ参考にしてみよう。

1つ目「魅力が全くわからないから」という率直なもの。

関心が全く持てないため、もはや「好き嫌い」などの感情をあまり感じたことがない人も。

美的感覚は人それぞれです。

紅葉を美しいと思えない人も実際に居るのです。

2つ目「インドア派だから」というもの。

家の中にいても、確かに紅葉を感じることも楽しむことも出来ません。

インドア派の人にとっては、日常の中で見る機会もあまりなく、楽しいと感じたことがないのかもしれません。

3つ目「虫が嫌いだから」というもの。

夏と比較すると少しずつ虫の数は減りますが、それでもまだたくさん虫はいます。

紅葉を見ようと思えば、虫に遭遇する確率も高いです。

それが、嫌悪感に繋がっている人もいるようですね。

広告

紅葉が好きな人の理由って?

紅葉が好きだと感じる人の理由も3つご紹介します。

ぜひ参考にしてみよう。

1つ目「秋が好きだから」というもの。

紅葉そのものというよりも、そこに紐づく季節である「秋」にワクワクする人も多い様子。

日本人の好きな季節ランキング1位は秋のようですしね。

2つ目「風情を感じるから」というもの。

紅葉を楽しむ人の中には、風情を感じている場合も多い。

自然の変化に趣を見いだせる人からすると、紅葉を楽しめる季節は感受性が刺激される絶好の機会のようです。

3つ目「四季がはっきりしている日本ならではの楽しみ方だから」というもの。

紅葉スポットには、外国からの観光客も多数来ています。

それは、ここまではっきりとした季節があるのが日本独特の特徴だから。

紅葉はその象徴のような存在でもあるのですね。

広告

紅葉の楽しみ方って?

紅葉のオススメの楽しみ方を3つご紹介します。

まずは、王道ですが「写真を撮る」のはいかがでしょうか。

画面いっぱいに広がる紅葉は、どの角度から撮っても美しく撮れるはずですよね。

また、写真を撮るのに合わせて「山登りを楽しむ」のもいいかもしれません。

やはり街中の紅葉よりも、広大な山の中で紅葉を楽しむ方がより魅力を感じることが出来るはず。

少し変わった楽しみ方であれば「色鮮やかな葉を使ったアートを楽しむ」のも良いかもしれません。

どんぐりや木の実を紅葉した葉と組み合わせれば、リースやお面などを作成することが出来ますよ。

広告

紅葉が楽しめるオススメスポットはどこ?

紅葉を楽しむオススメスポットとプランを2つご紹介します。

ぜひ参考にしてみよう。

1つ目「長野や北海道で雪×紅葉を楽しむ」

標高が高い山がある地域では、紅葉の時期にすでに雪が積もっていることも。

真っ白な雪と、紅葉した山肌のコントラストが絶妙に美しいので、非常にオススメです。

2つ目「京都や奈良で寺社×紅葉を楽しむ」

紅葉は古くから、俳句や短歌のテーマとして楽しまれてきました。

遠い昔に思いを馳せながら、日本独特の景色を楽しむのも通な紅葉の味わい方と言えるでしょう。

テキストのコピーは禁止です。弊社では著作権侵害とし法的措置を行います。(リンクは可)
タイトルとURLをコピーしました