紅葉嫌いな人いる?理由は?汚い?男女で違う?好き?スポットどこ?

生活の知恵

秋といえば「紅葉」をイメージする人も多い。

毎年、紅葉スポットにはその美しい景色を見るために多くの観光客が殺到します。

でも、紅葉が嫌いという人も意外とおり、紅葉狩りを汚いと感じる人もいます。

ここでは、紅葉が嫌いな人の「理由、男女の比率」についても紹介しています。

また、好きな人の理由やオススメスポットについても紹介しています。

広告

紅葉嫌いな人いる?

ユキノさん
ユキノさん

わたしは紅葉が嫌いですね。

厳密に言えば、「どこがきれいなの?」って思ってしまうタイプですね。

だから紅葉を見に行く人の気持ちは全くわかりませんね。

紅葉に興味が無い人も結構いるんですけどね。

あと紅葉スポットが家や職場の近所にあると、けっこう人が多くて迷惑ですよ。

マナー違反者が居たりして、ストレスの原因になります。

ミライさん
ミライさん

うんうん。

紅葉ってなんだか悲しくなってくるから、私も得意ではないですね。

なにより別に美しいとも思いませんしね。

それを周りに言うと「えー!!」と驚かれますが、美的感覚は人それぞれでしょう。

まあ、紅葉をキレイと思う人の方が多数派だと思うので、大きな声では言えませんけどね。

マミさん
マミさん

紅葉に興味がない人って結構いませんか?

わたしの周囲では、紅葉に関心がない人も多いですよ。

あと、紅葉スポットって人が集まるから嫌いですね。

帰路の途中にちょっとした紅葉エリアがあるのですが、毎年、人が集まっていて結構迷惑だったりしますね。

楽しいイベントが多い秋ですが、紅葉もその1つですね。毎年紅葉の名所は多くの観光客で賑わいます。

でも、紅葉が嫌いな人もいるのでしょうか。

紅葉自体を嫌いな人は少ないのですが、そもそも関心がない人もいます。

また、観光地の混雑が苦手な人はとても多いようです。

確かに紅葉の名所の近くに住んでいると、秋は大混雑する道路事情に悩まされる場合も。

美しい景色がもたらす負の副産物ですね。

広告

紅葉狩りや紅葉が嫌いな人の理由は?

秋は行楽シーズンですね。

紅葉が楽しめる時期は気温も落ち着き、散策にピッタリのシーズンです。

紅葉狩りに知人や恋人を誘ってお出かけしたい人も多いでしょう。

でも、紅葉は苦手、と断られる場合も。

そこで、なぜ紅葉が嫌いなのか調べてみました。

まず、紅葉が苦手、嫌いと感じる人は「枯れる葉を見るのが好きじゃない」のです。

確かに新緑のシーズンと比べると、紅葉は枯れていく姿なのでセンチメンタルになりますね。

紅葉以外の別のお出かけなら好きかもしれません。

他にも「嫌いというより関心がない」場合も多いのです。

春が好きな人もいれば、秋が好きな人もいます。

紅葉狩りに誘っても反応が薄い場合、紅葉自体に関心がない場合があるのです。

「せっかく誘ったのに、紅葉が嫌いだなんて…」と落ち込むかもしれませんが、偶々その人は紅葉に関心がなかっただけ、と割り切っちゃいましょう。

広告

紅葉が汚いという意見もある?

赤や黄色に染まっていく紅葉は大変見応えがあります。

鮮やかな景色は花以上の美しさとも言えますね。

でも、「紅葉が汚い」という意見もある、というのは本当でしょうか。

ある有名タレントが「紅葉は汚い」とテレビで話したと話題です。

でも他のゲストや視聴者からは「紅葉を汚いと思う人がいるなんて!」とびっくりするコメントが多く寄せられました。

紅葉に関心がなくても、汚いとまで思う人は少ないようですね。

もちろん、美的感覚は人それぞれですからね。

広告

紅葉は男女のどちらに人気なの?

スポーツの秋、食欲の秋と楽しみの多い秋ですが、紅葉もその一つ。

では、紅葉は男女によって人気は異なるのでしょうか。

あるアンケートによると、男女問わず秋に見たい景色の第一位は「紅葉」と答えています。

性別に隔たりなく、紅葉が好きな人は多いのです。

また、年齢別では年齢が上がっていくほど紅葉が好きな人が増加します。

特にシニア層の秋の旅行先ランキングには、必ず紅葉の名所が上がってくるほどです。

ハイキング、キャンプ、絵を描く、写真を撮るなど様々な遊び方ができる紅葉狩りは、多くの大人の男女に愛されています。

広告

紅葉が好きな人の理由は?

気候が安定し過ごしやすい秋は、魅力がいっぱいですね。特に紅葉は秋のレジャーの代表として人気です。

では、紅葉はどんな理由で愛されているのでしょうか。

実は紅葉が好き、というのは科学的な説明ができるのです。

赤色は人間の心理に影響する、と科学的に証明されています。

赤色は人間の目に魅力的に映る色なのです。確かにもみじの赤色は、とっても鮮やかで美しく見えますね。

美しく赤く染まる山や葉っぱは、人間が自然に魅力を感じやすいのです。

また、紅葉の時期は夏と違い、散策がしやすいシーズンです。

涼しく快適な日が多く、気持ちの良い景色の中を歩けるので、紅葉が好きと感じる人は多いのです。

広告

紅葉嫌いでも楽しめるオススメのスポットどこ?

紅葉シーズンは秋の魅力がいっぱいですが、「紅葉狩りは苦手、嫌い」と感じる人でも楽しめるスポットはあるのでしょうか。

そこで紅葉が苦手な方も、楽しめるスポットもあります。

今年は友人や恋人と、気分転換に紅葉もある秋の観光に出かけてみませんか。

さっそく魅力的な紅葉スポットをご紹介しましょう。

「メタセコイヤ並木」

抜群の人気を誇るのが滋賀県高島市の「メタセコイヤ並木」です。

まるで北欧のような景観の良さはSNSで大変人気があり、観光客も増加しています。

周辺には琵琶湖もあるので、紅葉以外のドライブも楽しめるのもポイント。

高原も近く、温泉もあるので旅行先にいかがでしょうか。

「昭和記念公園」

都内からのアクセスの良さで人気なのは昭和記念公園です。

イチョウの鮮やかな景色は圧巻の一言。

日帰りでライトな散策にピッタリ。

なので、紅葉が苦手な人も訪れやすいスポットです。

「圓光寺」

美しい寺との景観が優美な京都、「圓光寺」は外国人観光客からも人気の紅葉スポットです。

京都観光の1つに選べば、紅葉が嫌いな方も訪れやすいでしょう。

枯山水も見どころの一つ。

なので、まるで1枚の絵画を見るように紅葉を楽しめます。

テキストのコピーは禁止です。弊社では著作権侵害とし法的措置を行います。(リンクは可)
タイトルとURLをコピーしました