文化祭準備でぼっちなら?仕事ないときは?サボるのは?抜け出すは?

生活の知恵

文化祭といえば出し物(模擬店)ですよね。

自身のクラスでも取り仕切らなければいきません。

でも、クラスに馴染めずぼっちだと、文化祭準備に参加するのが億劫になるものですよね。

では、文化祭準備でぼっちだったり、仕事がないときはどうしたら良いのでしょう?

ここでは解決方法を紹介しています。

また「サボる、抜け出す」など方法についても紹介しています。

広告

文化祭準備でぼっちの対処法(乗り切る方法)はある?

文化祭の準備期間は非常に長いです。

1-2ヶ月もの長い期間を馴染めないクラスの人と協力し合いながら過ごすのは辛いですよね。

文化祭準備を乗り切る方法はいくつかあります

自分の役割を自宅または土日に学校で作業する

文化祭の準備を抜け出したいとは思っても、自分に役割があったらなかなか難しくなってしまいます。

それなら、自分がやるべきこと役割は自宅や土日に学校で終わらせましょう。

与えられた役割(やるべきこと)をやっていれば、誰も文句は言いませんよね。

自分の役割はしっかり果たして、さらに人とできるだけ関わらないようにするためには、家で作業をするか土日の人が少ない時に作業をするしかありません。

土日は、ほとんど人の出入りがないのでゆっくりと自分のペースで作業をすることができます。

部活動が忙しいと断る

どうしても、文化祭に関わりたくないと思ったときは、部活や習い事が忙しいという理由で仕事を断るしかありません。

仕事を断るときは、とても心苦しいです。

しかし1-2ヶ月もの長い間を辛い思いをして過ごすよりも、1度勇気をもって断る方が楽なはずです。

勉強や塾が忙しいと断る

例えば、進学校では受験のために1年生から準備することも珍しくないですよね。

目的の学校に行くために、1年生から塾などに通って勉学に励んでいる学生も多い。

塾や勉強を理由に文化祭準備に参加する回数を減らすことができます。

こういった理由で文化祭の準備を回避する方法もあります。

準備もしくは片付けのどっちかだけ出る

文化の準備には出席しなくても、後片付けだけ手伝いに行くことで、ぼっちでもなんとか乗り切ることができますよ。

逆に文化祭の準備には出席して、本番や後片付けには参加しないという方法もありますね。

どっちかに出ておけば、クラスメイトからの反感を軽減することができます。

広告

文化祭準備で自分だけ仕事ないときは?

文化祭で自分だけに仕事が無い時は、帰っても大丈夫です。

自分だけ帰るのは、心苦しいと感じるときは、忙しそうな人たちに声をかけるという方法もあります。

もしも、クラスに馴染めていない場合、そのやり方はとても難しいかもしれません。

しかし、そこから新しい関係性が生まれる可能性があるのです。

学校で、大きなイベントが終わった後に、クラス内の人間関係が大きく変わることがよくあります。

自分の学校生活を変えたいと悩んでいる方は、学校祭がチャンスです!

授業だけの毎日では、関われない人と話すことができます。

是非、普段話さない人とコミュニケーションをとってみてください。

自分が嫌われていると思っていたのが幻想だったと気づくかも知れません。

広告

文化祭準備を嘘ついてサボるのはNG?

嘘はどんな時にでも良くないと教えられます。

しかし、時には嘘も必要です。

どうしても文化祭準備をするのが辛いと感じたら、体調不良や部活動を理由にしてサボってしまうのはOKです。

精神的に病んでしまったら、学校祭以外の学校生活もまともに送れなくなっていまします。

自分の心に正直に生きて、ストレス対策を行いましょう。

人間関係の中では、自分の心に正直に生きることが大切になってくる場合もあります。

学校の行事は心を病んでまで参加するものではありませんからね。

正直に真面目に一生懸命生きることはとても素晴らしいことです。

しかし、それが辛くて精神的な病にかかってしまったら人生が辛くなってしまいます。

時には肩の力を抜いてゆっくりと過ごしましょう。

自分の心を守るための嘘であれば、正当化しても良い場合もありますよ。

もちろん、自身が「一人ぼっち」で気まずい思いをしていることを、誰かに打ち明けるのも良いでしょう。

きっとクラスメイトが手を差し伸べてくれるはずですよ。

自分の気持ちを正直に話すことで、新しい出会いに繋がることも往々にしてあります。

広告

文化祭準備を抜け出す人って結構いるの?

文化祭準備を抜け出す人は、たくさんいます。

真面目に準備をする人と、サボる人が半々くらいです。

文化祭の準備期間は、もっともクラスのもめ事が多いです。

大人数で、一つのことをこなすことは非常に大変です。

それを乗り越えることができれば、クラスの絆が深まっていきます。

もし、文化祭の準備が辛いと感じたら無理をしすぎずに休み休み行って下さい。

また「自分の学校生活を変えていきたい!」と考えている方は学校祭がチャンスだと思って下さい!

上手く出来れば、新しい世界が見えてくるはずです。

また、失敗したとしても経験として自分の中に残り続け、今後の人間関係での失敗が減るはずです。

テキストのコピーは禁止です。弊社では著作権侵害とし法的措置を行います。(リンクは可)
タイトルとURLをコピーしました