親からのlineうざい時は?一人暮らしで親の連絡がうざいときは?

生活の知恵

一人暮らしをしていても親からの連絡は時々くるものですよね。

親としては、一緒に生活しない分、ちゃんとしているのか、大丈夫かと色々気になるものです。

一人暮らししているにも関わらず、親から毎日のようなラインや電話が来ており、内心、面倒に感じて悩んでいる人も多い。

では、親からのlineがうざいときの対処法はについて知って行きましょう。

広告(スポンサードリンク)

親からのlineうざいときの対処法は?

LINEで毎日のように連絡がくるとほっといてって思うこともないですか?

親子であってもある程度は限度をわきまえてほしくなりますよね。

では、対処法を見ていきましょう。

とりあえず一言だけ返事をする。

親にとっては、いつまでも子供で、何も連絡が来ないと余計心配になりメッセージも増えるでしょう。

だから、一言だけ元気。

ありがとうとか、絵文字を送るなどをするだけで良いので返事をしてください。

スタンプで返す

親からの連絡が「うざい」と感じても無視するわけにもいきませんよね。

でも、メッセージのやり取りが続くのも避けたいものですよね。

そんなときはスタンプがオススメです。

一言メッセージを送った後に、スタンプも送りましょう。

そうすれば、相手を不快にさせることなく、こちらもストレスなく対応できるでしょう。

親に忙しいということを伝える。

毎日連絡が来て大変な時は、今忙しいから、返信を毎日することができないということを伝えておくのも良いでしょう。

3日以降とか、日付を設定しておくのも手ですよ。

親からのLINEにすぐに返事をしない。

すぐに返事をしていると大変な時は、時間をずらして返信するのも良いでしょう。

1日、1日と期間を徐々に伸ばして返信してみるのも一つの手ですよ。

返信をしないでほっておくのはダメです。

そして期間を空けすぎても帰って心配の種を増やしてしまうので気をつけてくださいね。

電話にしてほしいと伝える

親からのメッセージがうざいと感じるのであれば、電話にしてもらうのもオススメです。

電話であれば、手短に用件が済ませられますし、長くても10分くらいでしょう。

メッセージだとずっとやり取りが続きますが、電話であれば、数分で会話が終了します。

文書を打つ手間も省けますし、電話にしてもらうにも一つの方法ですよ。

広告(スポンサードリンク)

一人暮らしで親の連絡がうざいときの上手な伝え方は?

一人暮らしで親の連絡がうざいときの上手な伝え方はどうしたら良いのでしょうか。

一人暮らしをしていても、四六時中親からの連絡があると、なんか一人で生活していないのではって錯覚になってしまうこともありますよね。

もういい加減にしてほしいと思っても、はっきり言えないし。

余計エスカレートされても困るでしょう。

今忙しくて、連絡ができない。いついつまで待っていて。

既読しているから、返事をしなくても元気にしているから心配しないでと伝える。

仕事中や、講義があるときは、連絡できないのですぐに返事が来なくても心配しないで。

このような感じで伝えてみるのも良いでしょう。

親と一緒に一定のルールを定めておくのも一つの手ですよ。

週末に連絡をするとか、1週間に1回は必ず連絡するとか。

親が安心できる方法を探ってみてくださいね。

広告(スポンサードリンク)

LINEを返さないと怒る親へはどうやって対処するべき?

LINEを返さないと怒る親へはどうやって対処するべきなのでしょうか。

LINEの場合、既読がつくので、返信をすぐに欲しがる親も多いでしょう。

親は時間があるので暇な分、余計気になってしまうのです。

でも、子供の方は、学校や仕事など忙しい日々を送っていますよね。

すぐに返信しないからと言って怒る親もいますが、その時はしっかりこちらの事情を説明してわかってもらうようにしてください。

学校に行っている、または仕事をしている、バイトをしている時間は連絡ができないことを伝えておくのも良いでしょう。

親が納得すれば、返信が遅れても怒ることはしないと思いますよ。

ある程度のルールを定めておくのも1つの手です。

一度しっかり話し合いの場を設けてみるのも良いでしょう。

広告(スポンサードリンク)

親がLINEの返信を催促してきたらどう返信したら良いの?

親がLINEの返信を催促してきたらどう返信したら良いのでしょうか。

親は、子供が今どのような状態なのかしっかり把握できていないので「なぜすぐに返信くれないの!?」って思ってしまうこともあるでしょう。

既読がついて読める時間があるのなら返信だってと思われても仕方がありません。

自分が忙しい時間をあらかじめしっかり伝えておくのが一番です。

この時間は、すぐに返事ができないということをわかってもらうようにしておきましょう。

そうすれば。返信を催促してくるということもなくなりますよ。

もしくは、LINEをもらった時点で、今忙しいからごめん。後で連絡するというように伝えておくのも良いでしょう。

絵文字やスタンプでそのようなメッセージがあればそれを送るのもおすすめです。

何かしらアクションを起こしておけば、催促されなくてすみますよ。

広告(スポンサードリンク)

親のラインがめんどくさいと感じるのって性格悪い?

親のラインがめんどくさいと感じるのって性格悪いのでしょうか。

親のLINEがめんどくさく感じることもあるでしょう。

人間誰でもそのような気持ちが湧くこともあります。

だからと言って、性格が悪いことにはならないので安心してくださいね。

その時に心理や忙しい時なら、めんどくさく感じてしまうこともあるでしょう。

親だけに限らず返事を書くのさえ嫌な時もあります。

そんな時は、無理に書く必要はありません。

ただ、そのままにしておくと心配するので、スタンプや絵文字だけでも送っておくようにしましょう。

広告(スポンサードリンク)

母親からの毎日来るラインがうざいときに会話を続かせない方法ってある?

母親からの毎日来るラインがうざいときに会話を続かせない方法ってあるのでしょうか。

親としては子供が気になるので毎日でも声が聞きたいと思ってしまうこともあるでしょう。

でも、子供にとってはそれがうざいと感じることも。

母親からLINEがきた時は、まずはありがとう。という気持ちを伝え、元気にしているから安心して。今ごめん、勉強中で手が離せない。また連絡するから。

という感じで手短にいうと良いでしょう。

仕事中や、これから出かけるところなど自分の状態を伝えれば、そのまま長々と続くことも無くなりますよ。でも、絶対に相手に反論したり、いい加減にしてほしいとマイナスなことを言うのはダメです。

余計毎日連絡がくるので注意しましょう。

広告(スポンサードリンク)

親からのどうでもいいLINEや電話は無視して大丈夫?

親からのどうでもいいLINEや電話は無視して大丈夫なのでしょうか。

親元離れて暮らしていると、やはり親からのどうでも良いLINEや電話もたまにはくることもあるでしょう。

特に自分が忙しい時に限ってそのような連絡がくると大変ですよね。

忙しい時は仕方ないので、無視しても大丈夫でしょう。

ただし、ずっと無視し続けるのはダメです。

適度に返事するようにしてください。

あとは、自分の今の状況を素直に伝えて、今忙しい、時間が取れないことをわかってもらうのも1つの手ですよ。

広告(スポンサードリンク)

親からの連絡にストレスを感じ始めたら喧嘩になっても止めてもらうべき?

親からの連絡にストレスを感じ始めたら喧嘩になっても止めてもらうべきなのでしょうか。

親からの連絡がストレスに感じるようになってしまったら、しばらく距離を置くことをオススメします。

喧嘩になってしまうと余計ストレスも溜まるので、喧嘩にならないように対処しなくてはいけません。

今、忙しいことこの間は連絡できないことなどを伝えてみましょう。

仮に、伝えた後に、連絡が来たとしてもその時は無視しても大丈夫です。

自分の気持ちが落ち着いて、また冷静に向き合うことができるようになってから、親に連絡をしてみるのも良いでしょう。

無理は禁物ですよ。

広告(スポンサードリンク)

親から連絡に動悸がする理由って?

親から連絡に動悸がする理由って何なのでしょうか。

親からの連絡が頻繁にくると、かえってストレスになり、動悸がしてしまうこともありますよね。

動悸の理由として下記が考えられます。

すぐに返信しなくてはいけないと思ってしまう。

脅迫されているように感じる。

親に従わないといけないと思う。

監視されているように感じる。

親からの連絡が義務のように感じ、すぐに返信をしなくてはいけないのではと思ってしまうこともあります。

脅迫されているように感じてしまうことも。

LINEの場合、既読がつくので、すぐに返信しないと色々言われるのではないかと考えてしまうこともあるでしょう。

例え親であってもやっぱり気になりますよね。

返信するまで、ずっと気になってしまい他のことが手につかないなんてこともあります。

便利なようで常に監視されているような感じさえも覚えるでしょう。

このような理由から動悸まで発展してしまうと言うこともあるので注意が必要ですよ。

テキストのコピーは禁止です。弊社では著作権侵害とし法的措置を行います。(リンクは可)
タイトルとURLをコピーしました