親ダイエット反対する対処法は?口出ししたら?怒る?父親が邪魔?

生活の知恵

痩せたいけど、一緒に暮らす家族(父親と母親)がダイエットに反対したり妨害してきて、協力してもらえないことに悩む人も多い。

自分が痩せるために頑張っても親に妨害されたら努力も水の泡となり、痩せることは不可能です。

そこで、親がダイエットに反対するときの対処法を見ていきましょう。

広告

親ダイエット反対する対処法は?

ダイエットをはじめるとなぜかいつも親が反対してくる、といった経験はありませんか。

そんな悩みを持っている方に向けて、ダイエットに反対する親への対処法を紹介します。

ぜひ参考にしてみましょう。

親に隠れてダイエットをする

親にダイエットを反対されたくないのなら、ダイエットをしていること自体を悟られないようにするのが最も手っ取り早い方法です。

自分の部屋があるのなら、部屋にいるときだけ軽い運動をしてみたり、もしくは何かしらの理由を付けて外出し、ジョギングやウォーキングを習慣にしてみるのもいいかもしれません。

「なんだか最近痩せた?」と言われる頃にはダイエットもほぼ成功と言っていいでしょう。

1番近くにいる家族がそう感じるのですから、他人から見ればそれ以上の見た目の変化が起こっているはずです。

そこでダイエットも一時中断すれば、親から気取られることもありません。

ただ、一緒に生活しているだけに、ダイエットを隠し続けるというのは多少精神的にも辛くなってしまう部分があるかもしれません。

親を納得させる

ダイエットに反対するのであれば、親を納得させる明確な理由を言いましょう。

例えば、「洋服がキツくなってきて着れないから、新しい服を買うお金もないし、もったいないから」などと言えば、親も納得するでしょう。

もしかしたら親から「新しい服買ってあげる」と打診があればラッキーですよね。

このように親を納得される理由があれば、相手も何も言ってきません。

他にも「太ってると言われた」もしくは「去年よ身長は伸びてないのに3kgほど体重が増えてる」などと言うのも良いでしょう。

運動をメインとしてダイエットにする

少しだけ面倒ですが、ジョギングしたりして、日ごろの運動量を増やしましょう。

また、散歩など有酸素運動もダイエットに最適ですよ。

食べた後ではなく、食べる前の空腹時に軽く有酸素運動するとカロリーも落ちやすいです。

1日のカロリー計算しながら運動も取り入れた健康的なダイエットであれば、親も反対しないでしょう。

自分で食事の用意や日々の生活を管理できるのなら話は別ですが、親元で暮らしている方がダイエットをするには、親の理解が必要になってきます。

ダイエットを続ける理由を強い意思で伝える

今自分がダイエットをしていると、正直に言ってしまいましょう。

それで反対されても、あなたにダイエットを貫き通す意思さえあれば、きっとうまくいきます。

親や家族だからといって、あなたの節制方法やダイエット方法をすべて管理することはできません。

ダイエット中であることを明確に伝えたうえで努力するのなら、精神的なストレスもあまり溜まらないで済むでしょう。

妥協案を一緒に考える

それでも、どうしても親の反対が激しく、うまくダイエットがすすまないというのであれば、一緒に妥協案を考えてみてください。

具体的には、何キロに落ちるまではダイエットを続けさせてほしい、や、夏の間だけは協力してほしい、と伝えるようにしてみてください。

どこからどこまで、というはっきりとした期限や取り決めがあれば、親もそれほど強く反対してくることはないですよ。

無理のないダイエットをする

過剰なダイエットをすると親御さんも心配するのは当然です。

親が反対するのは心配しているからです。

例えば、「炭水化物を控えて野菜中心」のダイエットにするなど、健康的なダイエット方法が良いでしょう。

二の腕や太もも、お腹周りの脂肪が悩みの種、という人も多いです。

美意識の高い方なら、おそらく誰に言われることもなくすでにダイエットを開始されているのではないでしょうか。

ただし、あなたが今、無理なダイエットをしていないことが前提です。

基本は健康第一で考えてくださいね。

広告

親がダイエットの口出ししたら何て言い返すべき?

親がダイエットの口出ししたら何て言い返すべきなのでしょうか。

いくつかあげられます。

「3kg体重落とすだけだから」

「健康的なダイエットだから問題ない」

「太ってると言われて悔しいから」

「洋服が着れなくなって新しい服を買うのは勿体ないから」

このようにいくつか反論してみましょう。

ですが、ダイエット中に親から反対されたり、口出しされても、最初はその言葉を聞き入れるようにしてみてください。

人というのは反発する相手に余計に腹を立ててしまうものですから、まずは素直にうなずいて、親の意見も参考にすることを考えるようにしてみましょう。

本人が強い目的意識を持って目標に進んでいるときというのは、自分でも気づかないうちに周りの常識から外れてしまっている場合があります。

そんななかでも、身近な存在である親の意見というのは自分を客観視するためにも役立ってくれるはずですよ。

それでも、自分のダイエット方法と親の考えが異なり喧嘩になるときもありますよね。

そのときは出来るだけ穏便に、反論するという考えは捨てて、自分の意見を伝えるという意識で言葉を発するようにしてみてください。

広告

親がダイエットに非協力的で反対して怒る理由って何?

子供がダイエットをすると聞いて「快く頑張って」と応援する姿勢を取らない親も中にはいますよね。

そういった親たちは何を考え、どのような理由からダイエットに反対しているのでしょうか。

理由を見ていきましょう。

子供のことを心配している

最も多い理由としてあげられるのは、子供のことを本気で心配しているから、というものです。

親にしても、子供がやりたいと思ったことを否定したくはないはずです。

しかし、あなたが私生活を疎かにしてまでダイエットにのめり込んでしまっているのなら、当然親としては口出しせずにはいられないでしょう。

ダイエットに関心がない

そもそもダイエットに関心がなく、痩せることに対して特別な意義を持っていない親もいます。

そんな親であれば、自分の子供が突然食事を断ったり、毎日運動するようになったことに対して不審に思うことでしょう。

「ご飯は残さず食べなさい」とか、「運動している暇があるなら勉強しなさい」という言葉を頻繁に口にする親ならこの傾向が強いです。

別にあなたを太っていると感じてない

太っているというのはあくまでも主観です。

親御さんはあなたのことを「太っている」と認識していない可能性があります。

むしろ「痩せすぎている」と心配している可能性もあります。

なので「これ以上痩せたら体壊す」と心配しているケースもあります。

広告

ダイエット中に父親が邪魔してきたときの対処法は?

ダイエット中に父親が邪魔してきたときの対処法はどうしたら良いのでしょうか。

父親がダイエットに対して反対したり、それが理由で家族で揉め事が起きた、というのでなければ、きっぱりと「やめて」と言いましょう。

父親はダイエット反対を理由にして、単純にあなたとコミュニケーションを取りたいだけかもしれません。

その場合、中途半端に無視したり、感情的に反発するよりも、真剣な表情で邪魔することを辞めるようにお願いしましょう。

それにより、あなたがどれだけダイエットに対して本気なのかも伝わるはずです。

広告

痩せたいのに親(家族)がお菓子を買ってきたり外食に誘ってくる対処法は?

痩せたいのに親(家族)がお菓子を買ってきたり外食に誘ってくる対処法はどうしたら良いのでしょうか。

ダイエット中にも関わらず、親との外食に連れてかれたり、太りそうなお菓子をすすめてくることってありますよね。

「いつもこんなに美味しいもの買ってきてくれないのに」と思うと、余計に腹が立ってしまうものです。

しかし、ここは冷静になりましょう。

一旦、苛立ちと食への欲求を抑えて、「今は食べられない」と素直に断るのが賢明です。

その際は、ただぶっきらぼうに断るのではなく、やはり明確な期限を宣言しておくことが効果的と言えます。

「今はダメだけど来月からなら大丈夫」、と事前に外食の予定を立てておくのもアリですね。

ポイントとしては、ただ否定するだけではない、という部分です。

あらかじめ約束として今後の予定を取り決めておけば、親も強引に外食やお菓子をすすめてくることはないでしょう。

広告

ダイエット中なのに親に無理やり食べさせられるときの対処法は?

ダイエットを頑張っているのにも関わらず、親にご飯を半強制的に食べさせられるときの対処法はどうしたら良いのでしょうか。

食欲がないと言った上で、健康上に問題がないことをアピールする、という手があります。

具体的には、「学校でお昼にたくさん食べたから、今は食べられない」というふうに言えば、親としても無理に食べさせるようなことはなくなるはずです。

しっかりと食事を摂っている、と伝えれば、心配されるようなこともなく食事を断れますよ。

広告

ダイエットに対して親と喧嘩したときの対処法は?

ダイエットに対して親と喧嘩したときの対処法はどうしたら良いのでしょうか。

まず大前提として、親が口出しするのはあなたが心配だからです。

それは理解しておきましょう。

それを踏まえたうえで、まずは謝りましょう。

謝れなくても「わかった。気を付ける」などと言って理解を示しましょう。

ダイエットやそれ以外でも同じことですが、親と喧嘩してしまったのならまずは素直に謝罪するのが得策です。

ご飯や金銭面などは親が賄っていますからね。

喧嘩の原因はさまざまありますが、互いのことを理解し合えていない、というのが大きな原因の一つです。

お互いに和解した上で、親の意見も聞き、そうして自分の意思を伝えるようにしてみてください。

広告

ダイエットに対して心配する親を説得する言い方は?

ダイエットに対して心配する親を説得する言い方はあるのでしょうか。

感情的にならず、冷静に自分の思いを伝えましょう。

少し恥ずかしい部分もあるかと思いますが、親に限らず、他人を納得させるために重要なのは冷静な対話です。

自分にとってダイエットがどれだけ重要なことなのか、それを正直に説明してください。

あなたにダイエットをする確かな理由と計画性さえあれば、親も心配することはなくなるはずですよ。

テキストのコピーは禁止です。弊社では著作権侵害とし法的措置を行います。(リンクは可)
タイトルとURLをコピーしました