ダイエットに親うざい理由は?怒るのは心配?家族妨害された対処法も

生活の知恵

ダイエットで理想の体に近づくため努力するのはとても素晴らしいことです。

ただ、そこで問題になってくるのが親の存在ですよね。

事実、ダイエットしたいけど、一緒に暮らしいる親がそれを認めてくれず、ご飯を断ると怒られるので、どうやって痩せようか?と悩んでいる人も多い。

では、ダイエットに親がうざい理由は何なのでしょうか?

疑問を解決していきましょう。

広告(スポンサードリンク)

ダイエットに親うざい理由は?

せっかく痩せようと努力しているのに親に邪魔されて思うようにダイエットが続かない、なんてことも珍しくはないでしょう。

ダイエット中の親って、はっきり言ってうざいですよね。

その具体的な理由としてはいくつか挙げられます。

子供の健康を心配している

親は常に子供の健康状態を気にするものです。

食事制限など、過度なダイエットする子供を見ると、親は口出ししたくなるものなのです。

対策としては、親に心配かけないようなダイエット方法を実践することです。

野菜などもしっかり食べて、健康的なダイエットをしていることを親にアピールしましょう。

ダイエットなんて無意味だと思っている

ダイエットといえば「今年こそは理想の体になるぞ」と気合を入れて、すでにダイエットを始められている方も多いですよね。

ですが、子供はまだまだ成長期なので、体重の増減は当然あります。

成長期だから体重が増えることも当然あるから、ダイエットなんて無意味だと思っている親も多いです。

身近な両親があまり協力的でないとなれば、キツいダイエットがもっと過酷になってしまいますので、注意が必要ですよ。

作った料理がもったいない

これが最も多い理由なのではないでしょう。

「ダイエットしてるから」と食事を断ると「せっかく作ったんだから食べなさい」とか「食べ物を残すのは行儀が悪い」なんてことを言われがちです。

親の言っていることも理解はできますが、それでダイエットが失敗してしまったら今までの努力も意味がないですね。

しかも、そういう時に限って自分の大好物を用意されて、なんて経験をされた方も少なくないでしょう。

唐揚げ、カレーライス、そして食後のデザート。

そんな料理を目の前に出されたら、「わたしだって本当は食べたいの」とついつい大声で叫びたくなってしまうのも当然です。

食事制限によるダイエットは邪道だと思っている

まずダイエットの王道として初めに考えられるのは食事制限です。

ですが「食事より運動」といった考え方を持つ親も少なくありません。

食事の管理に日々の運動、ただでさえ1人でも辛いダイエットです。

1人暮らしならまだしも、親元で暮らしているとそう上手くもいきません。

どちらも大事なのは当然ですが、あえて高カロリーな食べ物を食べさせようとしてくるのはやめてほしいですね。

そもそもダイエットしていることをバカにしている

意外と多い理由がこれです。

ダイエットを始めたことを知らせると「あんたにはムリよ」と、鼻で笑われてしまったり、「どうせ続かないんだから」なんて言葉を返された。

このような経験がある方もいるのではないでしょうか?

親としてはさりげない言葉でも、当人にとってはとても傷つくものです。

広告(スポンサードリンク)

ダイエットに対して親が怒るのは心配してるからなの?

ダイエットをしていることに対してなぜ親は怒ってしまうのでしょうか。

食べ物を粗末にしたり、そもそもダイエット自体に理解がない、といった理由も考えられますが、やはり1番多いのはあなたのことを心配しているからです。

あまりにも極端に食事を抜いたりしていると、心配してお節介を掛けてしまうのが親というものなんです。

でもそんな親心を分かっていたとしても、やはり本人にとってはうざいことに変わりはありませんよね。

食事制限も良いですが、親に心配をかけないようにお野菜も積極的に食べていきましょう。

広告(スポンサードリンク)

娘のダイエットに親はイライラするものなの?

娘のダイエットに親はイライラするものなのでしょうか。

もしあなたが、まったく食べないダイエットをされているのであれば、親としては心配になってしまいます。

段々と痩せていく娘を近くで見ているうちに、初めは心配だったのが次第にイライラに変わります。

その結果、ムリに食べることを強要したり、ダイエットを止めさせるような行動に出てしまうのです。

親がイライラしてしまうのは娘が心配だからなんですね。

広告(スポンサードリンク)

ダイエットを家族に妨害されたときの対処法って?

親にダイエットを妨害されることもありますよね。

実際にダイエットを妨害してくる家族に対して、どのように対処していけばいいのでしょうか。

いくつか対処法がありますのでこれを参考にしてみてください。

具体的な目標や期限を親に言う

まずは話し合うことです。

「こういう理由からダイエットをしていて、だから今は食べることができない」と素直に口にしましょう。

そして、親がわかるように目標を明確にして、ゴールを定めましょう。

目標を持ち、強い意思を持って話し合えば、理解のある親ならきっと納得してくれるはずです。

ここで大切なのは、感情的にならないことと、明確な期限を設定しておくことです。

「7月まではダイエット」といった期限を宣言しておけば、親もそれまでは我慢してくれるでしょう。

あまり極端になり過ぎない

食事にしても運動にしても、あまりにも極端になってしまうと周囲に心配されてしまうのは当然です。

本来なら美しい体を手に入れるはずのダイエットですが、それで体調を崩してしまうといったケースも多々見られますからね。

ダイエットはほどほどに、が重要なんです。

お野菜もちゃんと食べましょう。

親の意見は気にしない

周りがなんと言ってもあまり気にすることはありません。

あなたが正しいと思うやり方を続ければいいのです。といっても、これは親や家族の意見を完全に無視していい、ということではありません。

あなたにとっては聞き苦しい言葉でも、親は助言のつもりで口にしていることもあるからです。

家族の言葉を無視して自分のやり方を貫き通す、という方法だと、最悪の場合家族関係の悪化にもつながりかねません。

まずは話し合うことが大前提です。

広告(スポンサードリンク)

親を心配させないダイエット方法ってあるの?

親を心配させないダイエット方法ってあるのでしょうか。

上でも書きましたが、親を心配させないために最も優先すべきは、まずは話し合うことからです。

その時重要となるのが、感情的にならないことと、期限を明確にすること、でしたね。意見を素直に交わし合ってより良い環境を作っていきましょう。

あとは極端になり過ぎない、ということも絶対に忘れないでくださいね。

自分の子供が弱っていく姿を見て、口出ししないでいられる親はいませんから。

まずは健康第一です。

広告(スポンサードリンク)

ダイエット中に親に「食べなさい」と言われるのがストレスに感じる対処法は?

ダイエット中に親に「食べなさい」と言われるのがストレスに感じる対処法はあるのでしょうか。

結論から言うと、それはズバリ「食べる」ことです。

もう少し詳しく言うと「食べているように見せる」ことで、親はそれほど口うるさく食べることを強要しなくなるでしょう。

具体的には、朝はガッツリ、でも夜は控え目に、といった食事に変えれば、親も少しは安心してくれるはずです。

「朝とお昼に一杯食べたから」と説明すれば、晩御飯を少し控えたとしても許してもらえるでしょう。

広告(スポンサードリンク)

ダイエット方法に対して親の口出しがうるさいときの対処法は?

ダイエット方法に対して親の口出しがうるさいときの対処法はあるのでしょうか。

一口にダイエットといっても方法は様々です。

ご自身が「痩せたいけど運動はしたくない」といったタイプであれば食事量を多少は抑えることも必要です。

それとは逆に「痩せたいけど美味しいものは我慢したくない」といった考え方の人にとって、運動は必須になります。

自分がどちらのタイプに合っているのかをじっくり考え、考えた上でそれを親に伝えましょう。

しっかりとした考えを冷静に伝えることで、親にあなたの真剣度をアピールすることにもなります。

広告(スポンサードリンク)

ダイエットを反対する親と喧嘩してしまったら何て謝るべき?

ダイエットを反対する親と喧嘩してしまったら何て謝るべきなのでしょうか。

ダイエットが原因で喧嘩をしてしまうことはありますね。

初めは冷静に自分の意見を伝えているつもりでも、いつの間にかお互いにヒートアップして最後は結局大喧嘩、なんてことも珍しくありません。

そんな時は、一旦時間を置いて、熱が完全に冷めきった後でもう一度話し合いの場を設けるようにしてみましょう。

謝り方は素直な気持ちを口にすることです。

「さっきはごめんなさい、ついカッとなって」と自分の悪かったと思う部分を口にします。そうした上で、なぜ自分が怒ってしまったのか、その理由を伝えるのです。

親がダイエットしている子供を怒るのは心配しているからなんです。

親元でダイエットをするのなら、お互いに理解し合うことが重要です。

テキストのコピーは禁止です。弊社では著作権侵害とし法的措置を行います。(リンクは可)
タイトルとURLをコピーしました