親ダイエット邪魔する理由は?うるさい対処法は?家のご飯太る時は?

生活の知恵

ダイエットしたいけど、親が邪魔してくるときってありますよね。

もちろん、親としては子供の健康面が心配で、口出ししてくれているのは分かるのですが。

事実、痩せたいのに一緒に暮らしている親がダイエットすることに対して否定的で、怒ったり反対してきたりすることに悩んでいる人も多い。

では、親ダイエット邪魔する理由(心理)って何なのでしょうか?お悩みを解決していきましょう。

広告(スポンサードリンク)

親ダイエット邪魔する理由(心理)って何?

ダイエットをしていると誰しも一度は親に邪魔されてしまうことがあります。

ではどうして親はダイエットの邪魔をしてくるのでしょうか。

いくつか考えられます。

本気であなたの体を心配している

まずあなたが未成年で成長期であれば、あなたの体を心配して食べさせようとしている可能性が高いでしょう。

実際、成長期にあまり食べないでダイエットをすると「うまく成長できない」や「体にラインが崩れやすくなる」と言う話をよく聞きますよね。

エネルギー不足に慣れてしまって痩せても維持できず、逆に太りやすくなってしまうことだって考えられます。

そう言った感じで、あなたの成長や今後の体質について心配して邪魔をしてきていることが考えられます。

成長期にダイエットなんて必要ないと考えている

成長期であれば、体重の増減は当然あるものです。

身長が伸びたり、体重が増えたりするのは当然です。

なので、親としては成長期の子供がダイエットなんてする必要は無いと考えています。

親はダイエットなんて必要ないから、ちゃんとご飯を食べてほしいと思っています。

ダイエット方法が心配になる

過度なダイエット方法は逆にリバウンドだけでなく、健康にも悪影響を及ぼす可能性があります。

親としては、あなたのダイエット方法は危なっかしくて見ていられないのでしょう。

例えば、子供がダイエットしているからと言って、断食していたら親も心配になりますよね。

このように親としてはダイエットするのは良いけど、健康的にやってほしいと考えている場合もあるのです。

料理がもったいない

親は子供の栄養を考えてレシピを考えて料理を作るものです。

せっかくご飯を作ったのに、ダイエットしているという理由で残されたら親としても嫌な気持ちになりますよね。

また、料理がもったいないと考えるものです。

「せっかく作ったんだからちゃんと食べてほしい」と思っています。

自分の劣等感を和らげようとしている

もしも、あなたの親が太っていて、ダイエットの止め方があまりにも度が過ぎる場合は、親が、自分が太っているという劣等感を和らげようと考えている可能性もあります。

自分が太っていても周りも太っていると太っていることに対してあまり劣等感を感じなくなりますよね。

だから、あなただけが痩せてしまうことが、どうしても許せないのでしょう。

実際にこう言った親がどれだけいるのかはわかりませんが、親が肥満だと子供も肥満になってしまう確率が高いというデータがあります。

特に母親が肥満の場合は子供は高い確率で肥満になってしまうそうです。

これは遺伝ではなく、太っている親が子供にも自分と同じ太りやすい生活を送らせるようにしているためです。

「自分と同じ苦労をさせたくない」と考え食生活や運動習慣を気にしてくださる親もいますが、中には自分が太っているのに子供だけが痩せるのが許せないと身勝手なことを考えている親もいると言うことですね。

広告(スポンサードリンク)

親がダイエットにうるさいくらい怒るときの対処法は?

ダイエットのために食事制限などをしていると親に怒られてしまうと言った話はよく聞きますよね。

そのようなときどう対処したら良いのでしょうか。

ぜひ参考にしてみましょう。

親に相談して具体的な目標や期限を言っておく

親がうるさく怒ってくるときはまず、真面目に親に相談してみましょう。

「〇〇だからダイエットがしたいから、今は食べることができない」どうしてもダイエットがしたい理由を素直に言っておきます。

それから「○月までに○キロ痩せたい」と明確な目標と期限も言っておきましょう。

強い意志を伝えることができれば、納得して親も協力的になってしてくれるはずです。

親の意見は気にしないようにする

あまり良い方法ではありませんが、親の言葉をあまり気にしないようにして、自分のやり方を貫き通すと言う方法もあります。

しかし、まずは相談し話し合ってからです。

完全に無視するのではなく、きちんと親の意見も聞き入れ、あなたが正しいと思うやり方を無理のないようにやり続けるようにしましょう。

別の方法でのダイエットを考える

親がダイエットをしていることに対して怒ってくるのは大抵、食事制限についてなどですよね。

そのことについて相談してみても納得してくれない親だっています。

それなら、運動など食事制限以外の方法でダイエットを考えてみても良いでしょう。

学生くらいの年齢であれば、基礎代謝が大きいため、大人以上のエネルギーだって必要ですし、食事よりも運動メインのダイエットをしている方だってたくさんいます。

ですので、食事制限するにしても怒られない程度に最低限の食事を取りダイエットのための運動を習慣づけてみてはどうでしょうか。

広告(スポンサードリンク)

ダイエット中に親が「ご飯食べろ」とうざいときに何て言い返せば良い?

ダイエット中に親が「ご飯食べろ」とうざいときに何て言い返せば良いのでしょうか。

心配してくれるだけに、返す言葉には悩みますよね。

ダイエットのため食事制限をしていると親がご飯を食べるようにしつこく言ってくることはよくあることですよね。

そう言われたときは、「ありがとう、後で食べるね」と言ってあまり強く言い返さないようにしておきましょう。

そこで反論や拒絶した言葉を言い返してしまうと親を怒らせてしまいますよね。

ですが、言い返すよりも相談して協力してもらえるようにするのが一番です。

もう一つの方法として「これからは野菜中心に食べる」などと言いましょう。

野菜は体に良いですし、カロリーも低いのでダイエットにはオススメです。

広告(スポンサードリンク)

ダイエットで親に心配かけない方法ってあるの?

食事制限のダイエットをしていると親に心配されてしまうことは必ずありますよね。

そのようなときどうすれば心配かけなくて済むのでしょうか。

やり方としてはきちんと親に相談し、あまり極端になり過ぎないようにダイエットをすることです。

特にいきなりダイエットのために食事の量を減らしたりなどすると親は必ず心配します。

ですので、明確に「○月までに◯キロ痩せたいから、このくらいの量を食べるようにする」と言った感じで、食べる量を減らし過ぎずに、きちんと親にも目標や詳細を伝えておくようにしましょう。

そうすれば親もあまり心配せずにあなたのダイエットに前向きになることができますよね。

広告(スポンサードリンク)

親が毒親でダイエット中なのに無理やり食べさせるときはどうしたら良い?

親が毒親でダイエット中なのに無理やり食べさせるときはどうしたら良いのでしょうか。

ダイエットをしたくても親が無理やりご飯を食べさせてくるせいで、出来ないと言う方だっていますよね。

そのようなときは本当に食べられないと言うことをわかってもらうまで貫き通しましょう。

「このくらいの量だけ食べるから」と言ったふうに宣言しておき、あとは残すようにしましょう。

「なんで残すんだ」と言われても「これくらいの量しか食べないと言った」と言い反対を押しきってでも一定の量しか取らないようにします。

それを続けてるうちに親や家族の別の人が残りを食べなければいけなくなりますし、そのうち諦めてくれます。

しかし、それで喧嘩になったり、家族との間に亀裂が入るなら食事制限の方法は諦めて運動など別の方法でやったほうが良いでしょう。

広告(スポンサードリンク)

家のご飯太るときの対処法は?

家のご飯太るときの対処法はどうしたら良いのでしょうか。

いくつか方法があります。

低カロリーの食事が出たときに過剰に喜んでまた作らせる

親に食べきれないと言う

野菜中心のご飯にしてほしいという

ダイエット中だと言う

ダイエットをしたいのに家で出されるご飯が揚げ物など高カロリーなものが多いとしようにもできませんよね。

そのようなときは低カロリーな料理が出た際に、それが好きなことをアピールしたり過剰に褒めるようにしましょう。

自分の料理が誉められ、子供のそれをもりもり食べくれると親だって嬉しくなりその料理をもっと作りたいと思いますよね。

その料理をたくさん作るようにお願いすることでダイエットにも良い料理を家で出してもらう機会を増やすことができます。

もしくは食べた分だけ運動したりするのもオススメですよ。

広告(スポンサードリンク)

ダイエット中なのに親がご飯をいっぱい作ってくるときに対処法は?

ダイエット中なのに親がご飯をいっぱい作ってくるときに対処法はどうしたら良いのでしょうか。

ダイエット中なのに家のご飯が多くてなかなかできないと言う方だっていますよね。

そのようなときは朝ごはんをいっぱい食べるようにしましょう。

朝ごはんをいっぱい食べるから、夜ご飯をあまり食べないと言うことを親に伝えておきます。

そして、夜にたくさん作ってもらったものは冷蔵庫に入れておき朝の分にしておきましょう。

実際、朝ごはんはたくさん食べてることでその日の基礎代謝が上がりやすくなり、消費カロリーが増えるため痩せやすくなります。

ですので、たくさん出されたご飯は夜に食べるのではなく朝食べるようにして痩せる体質を作ることを心がけましょう。

広告(スポンサードリンク)

痩せたいのに親がダイエットに協力してくれない場合はこっそり隠れてやるべき?

ダイエットをしたいのに親がそのダイエットに協力してくれず困っている方もいますよね。

そのときは親に隠れてでもするべきなのでしょうか。

結論から言うと、まずは隠れてやるのではなくダメ元でも親に真面目に相談してみましょう。

「〇〇だからどうしても痩せたい」と言うことを伝えます。

それから「どのくらいの量を食べるようにして何キロ痩せたい」など具体的な話をし強い意思を伝え、協力してもらえるようにしましょう。

親が協力してくれないのであれば食事制限などの方法でダイエットをするのは難しくなってしまいます。

ですので、相談しても親が頑なに協力してくれない場合は運動など別方法を取ってこっそり隠れてやっても良いでしょう。

テキストのコピーは禁止です。弊社では著作権侵害とし法的措置を行います。(リンクは可)
タイトルとURLをコピーしました