親の起こし方うざい対処法6選!休日でも起こしてくる時も!

生活の知恵

毎朝、親の大きな声で起きているという人も多いのではないでしょうか。

毎日、聞かされていると、ありがた迷惑な感じにもなってきます。

事実、ほとんど毎朝、平日だけでなく休日も親に大きな声で起こされており、強引な起こし方にイライラさせられている学生も多い。

では、親の起こし方がうざいときの対処法はどうしたら良いのでしょうか?お悩みを解決していきましょう。

広告

親の起こし方うざい対処法6選!

ちゃんと起きなくちゃいけないのはわかっているけど、そんなに大きな声を出さなくてもって思いますよね。

朝、気持ちよく起きたいのにかえってストレスになることもありますよね。

そんな時の対処法をいくつかご紹介いたします。

自分の力で起きる

親は心配してあなたを起こしに来ます。

平日に親が起こしに来るのであれば、自分の力で起きるのが簡単な解決策でしょう。

目覚まし時計をセットして、ちゃんと起きることができれば、親も起こしに来ないでしょう。

「もう起こさなくてよい」と親に言う

朝から親の起こし方にストレスを感じるのであれば、親御さんにちゃんと「もう起こしに来なくて大丈夫。それで、何かあれば自己責任だから。」と言いましょう。

たとえ、ちゃんと起きれなくても自分の失態を自分で解決するのであれば、親も何も言わないでしょう。

親に「もう少し小さな声で起こしてほしい」と伝える

大声で言われるとビックリして心臓に悪いから、もう少し優しく起こしてもらえないか言ってみるのも良いでしょう。

自分が気分的に嫌な気持ちになってしまっていることを伝えてみるのもオススメです。

良かれと思って言っているので、子供の気持ちに気づいていない場合がありますよ。

親の声よりも大きな目覚ましをかける

親の声よりも大きな音で目覚ましをかけておくのも良いでしょう。

親が起こしにくる5分前ぐらいにかけておくのも1つの手ですよ。

起こしに来る前に起きることができれば、問題ないでしょう。

休日は起こしに来ないでと伝える

休日は疲れているので、そっとしておいてほしいことを伝えてみましょう。

普段と同じように起こされてしまうと体が休まらないことも伝えるのも良いですよ。

耳栓をして寝る

親に大きな声で言うことをやめてほしいと伝えても改善されない時は、耳栓をして寝るのも1つの手です。

大きな声からは回避できますよ。

耳栓に抵抗がなかったら、試してみる価値ありです。

広告

親にうるさく起こされたあと目覚めをスッキリさせる方法ってある?

親に朝から色々うるさく言われて起こされると目覚めも悪くなりますよね。

朝から嫌な気分が漂い、1日どんよりなんてことになったら大変です。

そんな時、次のことを試しみると良いでしょう。

簡単なストレッチをする

嫌な気分になって目覚めてしまったら、時間がある時はヨガやストレッチをしてみると良いでしょう。

たった5分でも心も体もリフレッシュできますよ。

深呼吸をする

朝目覚めた時に、深呼吸をしてみましょう。

スッキリ目覚めるのに役に立ちます。

朝一杯の水を飲む

朝起きて、お水を飲むのも良いですよ。

スッキリ目覚められます。

アロマをたく

アロマをつけるのも気分を上げるために役に立ちます。

気分がスッキリするアロマがあるので利用してみましょう。

広告

朝起こされるのが嫌いなら自力で起きるしかない?

朝起こされるのが嫌いなら自力で起きるしかないのでしょうか。

結論から言えば、朝、親に起こされたくないと思ったら、自分で起きるしか方法がありません。

しっかり起きれるように色々工夫すると良いでしょう。

熟睡することができれば、朝も目覚めやすくなります。

例えば、起きなくてはいけない30分前に目覚ましをつけておいたり、目覚ましを布団から遠いところに設置するのも良いでしょう。

それだと、無理という時は、何分かおきに鳴るように置いておくのもオススメです。

あとは、親に何も言わないで、雨戸を開けてもらうだけでも良いでしょう。

お部屋の中に日差しが入ってくれば、起きやすくなりますよ。

質の良い睡眠ができるように工夫してみてくださいね。

広告

休日でも親がうるさく起こしてくるときの対処法は?

休日でも親がうるさく起こしてくることもあるでしょう。

せっかくの休日、ゆっくり休んで疲れを取りたいと思う人も多いのではないでしょうか?

でも、ダラダラした生活をしていたら、親に色々言われてしまいます。

親に休日は何時までに起きることを伝えてルールを決める。

あまり、遅くまで寝ているとダメですが、例えば平日は朝6時で、休日は朝9時というように時間を設定して起きるようにしておけば、良いですよ。

親と一緒にルールを決めておけば、うるさく起こしてくることもなくなるでしょう。

親を手伝って頑張って早く起きるようにする。

親がうるさく起こしてくる前に、起きてしまうのも良いでしょう。

普段、色々親の手伝いができない分、手伝うのもオススメです。

お手伝いを率先してすることにより、うるさく起きなさいと言われなくなりますよ。

むしろ、疲れているからもっとゆっくり休んでいいよと言ってくれるようになることも。

親を気遣うのもオススメです。

広告

休日に昼まで寝てたり昼寝して親に怒られるのはなぜ?

休日に昼まで寝てたり昼寝して親に怒られるのはなぜなのでしょうか。

休日だから、ずっと寝ていたい、ダラダラしていたいなんて思う人は多いですよね。

誰でも、お昼まで寝ていたいと思う気持ちはあるものです。

でも、親と一緒だと、必ず怒られますよね。「いいよ。ずっと寝ていて」なんていう親はいません。

親も、特に母親には休みはありません。

平日も休日もいつも同じサイクルなので、母親からしたら、何甘ったれているのと思ってしまい、ついつい怒ってしまうのです。

自分の仕事と比較して、こっちだって休みたいのに。全くと思ってしまうのです。

子供が疲れているのはわかるのですが、やっぱり休日はダラダラ過ごして欲しくないと思うのが親の気持ちです。

毎日の生活のリズムを乱さない方が、意外と疲れなくて済むのです。

広告

朝から親がうざいからストレスになっている生活を変える方法は?

朝から親がうざいからストレスになっている生活を変える方法はあるのでしょうか。

朝からストレスを感じるのは嫌ですよね。

実際に朝から親がうざくて、ストレスが溜まっている人も多いでしょう。

そんな生活からなんとか打破したい、生活のリズムを変えたいと思っている方もいるでしょう。

親に、朝から色々言われないようにするには、規則正しい生活をすることです。

朝、起きる時間もしっかり定め自分から率先して起きられるように工夫する必要がありますよ。

自分自身で頑張っている姿を見せることができれば、親から色々言われることも減ります。

例え、完璧にならなくてもその努力している姿勢が大事で、それが見えてくれば親も納得してくれるようになりますよ。

広告

起こされるとイライラするのは自分が悪いの?

起こされるとイライラするのは自分が悪いのでしょうか。

親が起こしに来てくれるのはありがたいけど、なんかイライラしてしまうという人もいるでしょう。

親の起こし方のやり方1つで、イライラすることもあります。

イライラしてしまうのは、自分が悪いのかもと思ってしまいがちですが、それは人間なら仕方がないことです。その時の気分によって、体調によっても同じ言葉が違うように響くことだってあるのです。

親に甘えてしまっている自分がいることを忘れないようにしましょう。自分に関心を持たれなくなり、起こしてもくれなくなってくると、寂しく思うこともあると思いますよ。

イライラしないで、ありがたいと思えるように、自分の気持ちも整理してみると良いでしょう。

イライラしないためにも、自分から起きられるように努力してみてくださいね。

広告

親に朝起こしてもらう子供の年齢はいつまで?(何歳まで?)

親に朝起こしてもらうのは何歳までが普通なのでしょうか。

へたすると、社会人になっても起こしてもらっているという方もいるではないでしょうか。

一般的には、高校生ぐらいまで17歳ごろまでとなっています。

でも、家庭によっても変わってくるので目安に過ぎません。

大学生になれば、親が起こさなくたって、問題が起きたって自分の責任で解決できるようになるでしょう。

必ず、自分で起きるようにはなるものです。

「あまり深く考え過ぎないで、自分の子供の性格や、態度を見て判断してみる」という親がほとんどでしょう。

画像のコピーは禁止です。弊社では著作権侵害とし法的措置を行います。(リンクは可)
タイトルとURLをコピーしました