バイトが辛い甘え?メンタルやられる時は?優しいけど辞めたい時は?

生活の知恵

アルバイトをしていると、ときには辛いこともありますよね。

でも、自分だけ辛いと言うのは甘えなのでしょうか?

事実、バイト先でミスを連発して、今の職場で働くのが辛いと思っているけど、この考えは甘えなんじゃないか?と悩んでいる人も多い。

では、バイトが辛いというのは甘えた考えなのか?色々な人に意見を聞いてみました。

広告(スポンサードリンク)

バイトが辛い甘え?

アヤミさん
アヤミさん

バイトが辛いのは甘えじゃないと思います。

そんなこと言ったらみんな甘えになりますよ。

誰も言葉に出さないだけです。

皆上手くやりくりしながら、バイトを続けていますが、アルバイトでも仕事ですし、やっぱり辛いと思うことはありますよ。

わたしもありましたしね。

エリコさん
エリコさん

バイトが辛いと思うことも口に出すことも甘えではありません。

なぜなら、バイトが辛いと思うのはあなたのせいではないからです。

例えばミスをしてしまって、上司や先輩に怒られたら辛いですよね。

特にきつい言葉を言われたり、怒鳴られたりした場合は相当へこんでしまいます。

しかしよく考えてみると、怒られた方が辛くなってしまうような注意の仕方はおかしい場合もありますからね。

クルミさん
クルミさん

わたしもバイトが辛いと思うこともなんてしょっちゅうですよ。

例えば、怒られたときなんか思いますよね。

理不尽なことで怒られることもありますしね。

相手の怒り方にも問題はあると思います。

本来は誤っていた箇所を丁寧に指摘したり、今後同じミスをしないように改善策を一緒に考えてあげたりするのが上司の役目です。

それをせずにミスをしたあなたをきつく責め立て、そのせいで辛くなってしまうのは、あなたが悪いわけではありません。

カスミさん
カスミさん

バイトが辛いのは絶対に甘えじゃないと思います。

やっぱり辛い職場ってありますからね。

私はキツいことを言われた経験もありますしね。

実際に暴言や侮辱によって、精神的な攻撃を行うことはパワーハラスメントに該当します。

もちろん適切な注意を受けた場合は、あなたはそれを聞き入れなければなりませんが、そうでない場合は上司の言い方が悪いのです。

ユキノさん
ユキノさん

バイトで楽しいことなんてほとんどないと思います。

だから辛いと思うことは当然ですから決して甘えではないと思いますよ。

わたしもアルバイトは辛いと思ったこと何度もありますよ。

基本バイトには行きたくないですしね。

みんなお金のために辛いけど我慢しているだけで、望んで働いている人は少ないでしょう。

どうでしたか?

このようにアルバイトが辛いという感情は甘えではないことがわかります。

ほとんどの人が「辛い」と思いながら働いているものです。

広告(スポンサードリンク)

バイト先でメンタルやられるときの気持ちの切り替え方は?

バイト先でミスをしてしまい、気持ちが落ち込んだ場合は、どうやって切り替えればよいのでしょうか。

そんなときは、次のような方法を実践してみましょう。

家族や友達に話す

バイトで嫌なことがあったときは、身近な人に話を聞いてもらいましょう。

自分の悩みを聞いてもらうだけでストレス解消になりますし、満足感が得られて気持ちをスッキリさせることができます。

またこのとき、自分の話に共感してくれそうな相手を選ぶのがおすすめです。

なぜなら、相手に共感してもらうことで、前述の効果がより高まるからです。

気持ちを切り替えたいときは、ぜひ周囲の人に悩みを打ち明けましょう。

しっかり寝る

良質な睡眠には、ストレス解消効果があります。

これは眠っている間に記憶を整理し、嫌な記憶を消してくれる効果があるからです。

もしあなたが、バイト中の嫌な記憶を何度も思い出して辛くなってしまうのであれば、部屋を真っ暗にして7~8時間ほど睡眠をとりましょう。

起きたときには頭がスッキリしていることでしょう。

日光のもとで歩く

太陽の光にあたることや、体を動かすのもストレス解消に効果があります。

これは、日光浴や運動をすることで「セロトニン」というホルモンが出るからです。

セロトニンは「幸せホルモン」とも呼ばれ、精神の安定や安心感を与える効果があります。

つまり日光にあたりながら散歩をすることで、落ち込んだ気持ちをリフレッシュすることができるのです。

このとき、激しい運動をする必要はありません。

ウォーキング程度の速度で十分です。

もし気持ちが落ち込んでいるならば、よく晴れた日に少し散歩してみましょう。

広告(スポンサードリンク)

バイトが辛いとき泣くほど精神的に苦しいなら辞めた方が良い?

バイトが辛いとき泣くほど精神的に苦しいなら辞めた方が良いのでしょうか。

それでも上手く気持ちの切り替えができず、泣くほど辛いのであれば、いっそのこと辞めてしまいましょう。

なぜなら、それほど辛いバイトを続けていても、あなたが得られるメリットよりデメリットの方が大きいからです。

数千円の時給のために、あなたのメンタルが消耗させられるのは良いことではありません。

もし上司が引き留めてきたとしても、きっぱりと辞める意志を伝えましょう。

労働者には、退職する権利が法律で認められています。

仮にあなたが辞めることで上司に嫌味を言われたり、職場が人手不足になったりしても、後ろめたく感じる必要は全くありません。

広告(スポンサードリンク)

バイトを2日~1カ月以内で辞めるのってアリ?

バイトを2日~1カ月以内で辞めるのってアリなのでしょうか。

新しいバイトを始めてみたものの、職場の人と相性が合わなかったり、仕事が辛くてすぐに辞めたくなったりすることもあるでしょう。

このとき、すぐ退職してしまってもよいのでしょうか?

結論からいうと「アリ」です。

ただし条件があります。

民法第627条では、アルバイトであっても、退職の申し立てから2週間経過すれば、会社側の合意がなくても退職できます。

このためもしバイトを辞めたい場合は、辞める意思を伝えたあと、最低でも2週間経過してから辞めるようにしましょう。

この期間を過ぎていれば、たとえ会社が退職を認めていなくても問題ありません。

ただし、1年など決まった期間働くことを前提で労働契約を結んでいた場合は、その期間が過ぎるまで、原則辞めることはできないので注意してください。

広告(スポンサードリンク)

バイトをすぐ辞めるのは甘えなの?

バイトをすぐ辞めるのは甘えなのでしょうか。

「今のバイト先がなんとなく合わない気がする…でも入ったばかりだし、すぐに辞めるのは甘えなのでは?」

真面目で責任感が強い人だと、このように考えてしまうこともありますよね。

ですが、バイトをすぐ辞めるのは甘えではありません。

なぜなら、バイトを数カ月~半年ほどで辞める人はたくさんいるからです。

早い人であれば1カ月程度で辞める人もいます。

特に学生は長くても4年間しか勤務しません。

会社側もアルバイトは一定期間で退職することを前提に採用しているので、今の職場が合わないと感じたらすぐに辞めてしまっても全く問題ありません。

広告(スポンサードリンク)

バイトを辞めるのは悪いことなの?

バイトを辞めるのは悪いことなのでしょうか。

バイトを辞めようと思っても、罪悪感を感じてしまうこともありますよね。

ですが、バイトを辞めることは悪いことではありません。

退職は労働者に認められた権利であり、それを妨げることは誰にもできないからです。

ただし辞める場合は、そのことを会社に前もって伝えてからにしましょう。

間違っても連絡なしに辞めることはしないで下さいね。

広告(スポンサードリンク)

バイト先の人は優しいけど仕事が合わず辞めたいときは?

バイト先の人は優しいけど仕事が合わず辞めたいときはどうしたら良いのでしょうか。

人間関係が良くても、仕事内容がどうしても自分に合わないこともありますよね。

「先輩が優しく教えてくれるから、辞めたいけど辞めづらい…」

そんな風に思うこともあるのではないでしょうか。

ですが、前の見出しでも書いた通り、辞めること自体は全く問題ありません。

問題はどうやって辞める意思を伝えるかですよね。

もし職場の人がいい人ばかりで、辞めることを言いづらい場合は、「学業が忙しくなりシフトに入れなくなった」「引っ越しをするので、今のバイト先に通勤するのが難しくなった」といった無難な理由を伝えれば、辞めやすくなります。

なかなかバイト先に辞めたいと言い出せないという方は、試してみてはいかがでしょうか。

広告(スポンサードリンク)

バイトが合わない判断基準って?

では、今のバイトが自分に合っているかどう判断すればよいのでしょうか。

判断するためのポイントをいくつか紹介していきます。

仕事内容が自分の得意なことか

当たり前ですが、誰にでも得意なこと・苦手なことがありますよね。

例えば人と話すのが得意だったり、体を使うのが得意だったりといったことです。

もし人と話すのが苦手なのに接客業をしたり、体力に自信がないのに引っ越しのバイトをしたら、苦痛に感じてしまいます。

バイト先を選ぶときは自分の得意が活かせそうな職種を選び、逆に向いていなさそうなものは避けましょう。

職場の雰囲気が自分と合っているか

バイト先選びの際には、職場の雰囲気も大事です。

例えば静かに黙々と作業するのが好きなのに、居酒屋のようなにぎやかな場所を選ぶと辛いですよね。

このようなミスマッチを避けるためにも、可能であれば応募しようと考えているバイト先に一度足を運んでみるのがおすすめです。

シフトが自分の生活スタイルに合っているか

バイト先を選ぶときは、シフトが自分の生活スタイルに合うものを選びましょう。

もしあなたが学生なら、平日の学校終わりの夕方にシフトを入れられる職種が良いです。

例えば塾講師や居酒屋などが定番ですね。

また主婦であれば、子供が家にいない日中に働き、夕方には帰宅できるバイトが良いですよね。

この場合は時間帯の融通が利きやすいバイト先でないといけません。

面接時にこちらの希望する曜日、時間帯を伝え、そのシフトで働けるかどうかを確認しておくのがおすすめです。

広告(スポンサードリンク)

バイトをすぐ辞める人の特徴って?

あなたの周りにも、バイトを転々としている人はいませんか。

そのような人にはいくつかの特徴があります。

飽きっぽい

仕事内容にすぐ飽きてしまう人は、バイトが続きません。

どんな職種でも必ずルーティンな作業はあります。

これに耐えられない人は、すぐ辞めてしまうでしょう。

周囲の人とトラブルを起こしやすい

人間関係のトラブルは、バイトを辞める理由の第1位です。

周りと揉め事を起こしやすい人は、長く続かないでしょう。

特に職場は自分と同世代の人だけでなく、色んな年齢・立場の人がいます。

このような人達と上手くコミュニケーションをとっていかなければ、バイトの継続は難しいです。

最初からすぐ辞めるつもりで応募してきている

これは学生に多いのですが、すぐに辞めるつもりでバイトをしている人です。

例えば「長期休暇の間だけ」「卒業旅行の資金が貯まったら辞める」といった考えで応募してくる人もいます。

このような場合は、職場に人間関係が良好でも、時期が来たら辞めてしまうでしょう。

期間限定で働きたいのであれば、単発や短期のバイトがおすすめです。

テキストのコピーは禁止です。弊社では著作権侵害とし法的措置を行います。(リンクは可)
タイトルとURLをコピーしました