バイト落ちる確率はOO%!?不採用は普通ありえない事態?

アルバイト

アルバイトの面接に落ちるときってありますよね。

中には面接に連続で不採用となり、採用を貰えない人もいます。

事実、色々なアルバイトの面接に不採用となり「自分はなぜ落ちるのか?」理由に悩んでいる人も多い。

では、バイトの面接に落ちる確率はどれくらいなのか?疑問を解決していこう。

広告

バイト落ちる確率はどれくらい?

カオリさん
カオリさん

実感としては、30%~60%くらいかと思います。

それに関しては、応募数にもよるのでなんとも言えないですね。

やはり応募数の多いバイトは、それだけ競争率も高くなるので、必然的に落ちる確率も高くなりますからね。

あとは面接での態度や応募者の条件次第かと思われますね。

エリコさん
エリコさん

今までバイトの面接を受けてきましたが、凡そ30%~50%くらいかな?

アルバイトの面接を何度か受けていると、当然落ちることもありますからね。

中には連続で落ちてしまっている人もいるでしょうけど。

何度も落とされると「バイトに落とされる確率は、かなり高いのでは?」と考えてしまいますよね。

実際に、バイトに落ちる確率は30%くらいのように感じますけどね。

ユキノさん
ユキノさん

一概には言えませんし、これは職種によって異なりますが、大体30~40%程度かなって思います。

応募の電話や面接時に問題なく受け答えができ、履歴書の不備もなければ、基本的に採用してもらえることが多いです。

しかし上記で問題があったり、会社側の求める条件に適さなかったりする場合は、落とされてしまうこともあるでしょう。

カスミさん
カスミさん

経験談になってしまいますが、30%~40%くらいかと思いますね。

あとは希望者の提示する条件次第です。

求める条件とは、例えば以下のようなものです。

長期で働けるか

ヘルプに対応できるか

週何日シフトに入れるか

年末年始などの祝日にシフトに入れるか

上記が関係しています。

また18歳未満の場合、PM10時~AM5時の深夜勤務が法的に禁止されているため、コンビニの夜勤などのバイトでは、高校生は採用してもらえません。

こういった様々な事情により落とされることがあるため、2~3社受ければ1回は落ちると考えてよいでしょう。

マミさん
マミさん

わたしの場合になりますが、30%~50%かなって思います。

3回に1回~2回は落ちるよな気がしますね。

まあ、応募数や面接態度など、色々とありますので、結局のところは自分次第かと。

応募が多いような職場だとけっこう落ちる確率高いですよね。

どうでしたか?

このようにアルバイトに落ちる確率について経験談から30%~50%と言う人が多い印象です。

ですが、応募数などによっても異なりますし、面接態度やあなたの提示する条件によってもことなります。

広告

バイトの面接に不採用で落ちるのは普通ありえない事態なの?

バイトの面接に落ちるのは普通ありえない事態なのでしょうか。

結論から言えば、そんなことありません。

ただ、求めている人材ではなかったというだけです。

気にする必要はありません。

確かに、バイトの面接で落とされると、なんだか自分を否定された気になりますよね。

不採用になったのは「自分がダメ人間だから」なんて思う人もいるでしょう。

でも、決してそうではありません。

最低限の常識がない、相手に失礼な態度をとるなどの本当にダメ人間であれば話は別ですが、そうでなければ落とされた理由は別にあります。

あなたに落ち度があったからではありません。

もし面接で礼儀正しくふるまい、服装や履歴書も不備がなかったにも関わらず不採用になったのであれば、その職場との相性が合わなかっただけです。

深く気にせず、次のバイト先に応募しましょう。

広告

バイトの面接に落ちまくる理由って何?

「アルバイトの面接をいくつも受けているのに、全部落ちてしまう。」

これには理由があります。

いくつか紹介していくので、当てはまっていないか確認してみましょう。

最低限のルールを守れない

バイトとはいえこれから働くのですから、最低限のルールは守らなければなりません。

面接の段階でこれができていない人は、高確率で落とされてしまいます。

具体的には次のようなことです。

面接に連絡なく遅刻する

面接官に敬語を使わない

面接にそぐわない恰好をしてくる

履歴書を持参しない、あるいは持参しても不備がある

当然のことだと思うかもしれませんが、初めて面接を受けるときなどは、意外とおろそかにされていることがあります。

もし心当たりがある場合は、すぐに直しましょう。

相手の提示した条件に合っていない

タウンワークなどの求人サイトには、必ず募集条件が載っています。

アルバイトに応募するときは、忘れずにこれをチェックしましょう。

もし見落としてしまい、相手の求める条件を満たせなかった場合は、結果は恐らく不採用です。

例えば募集条件に「週4日以上勤務できる人」と書いてあれば、これを満たさないと採用してもらえません。

募集条件は必ず隅々まで確認しましょう。

他の応募者に負けてしまった

人気が高いバイトでは、同じ時期に複数の応募者がいる場合があります。

採用予定人数よりもたくさん応募が集まれば、当然ですが何人かは不採用になってしまうでしょう。

もしあなたがこういったバイトばかりを受けて落とされていたら、他の応募者に負けてしまった可能性があります。

曜日問わずシフトに入れる人材や同職に勤務歴がある人に採用を取られるので、戦うのは不利でしょう。

このようなバイトは避けるのが吉です。

まずは大量募集しているバイトや、初心者歓迎の比較的入りやすいバイトを狙っていきましょう。

広告

バイトに採用してもらうためにやるべきこととは?

「もうこれ以上落ちたくない。早く受かってバイトしたい!」

そう思っている人は、次のことを実践しましょう。

面接を受けるにあたり最低限のマナーを守る

先ほども述べましたが、バイトに受かるためには最低限のルールやマナーを守ることが非常に大切です。

常識に従って行動すれば基本的には問題ありません。

ですが、中には知らずに失礼な対応をしてしまうこともあります。

特に言葉遣いはミスしやすい箇所ですので、事前に家族や友人と面接の練習をし、間違っている部分を指摘してもらうと良いでしょう。

相手の指示を必ず守る

ルールやマナー以外にも重要なのが「相手から与えられた指示を守ること」です。

具体的には次のようなことです。

面接の時間はいつか?場所はどこか?

面接時の服装はスーツか?私服か?

履歴書は事前に郵送か?当日に持参か?

履歴書は向こうの指示通りに書けているか?

その他持ってくるように指示されたものはあるか?

これらは「聞いていなかった」「忘れていた」では通用しません。

応募の電話をしたときに、向こうから言われたことをしっかりメモしておきましょう。

もし聞き逃してしまった場合は、再度かけ直して聞けば教えてくれるはずです。

安心して連絡して下さいね。

連絡は少しでも早く返す

もう一つ大切なことがあります。

それは連絡を早く返すことです。

応募先から電話が掛かってくることはよくあります。

その場で出られれば良いですが、忙しくて出られないこともあるでしょう。

もし不在着信が来ていたら、放置せずになるべく早く掛け直しましょう。

メールの場合も同様に、なるべく早く返信して下さい。

向こうからの連絡に素早く返すことで「この人はしっかりしている」「やる気がある」など、良い印象を与えられます。

逆に返信が遅いと印象が悪くなり、採用される確率が下がってしまいます。

その日に来た連絡は、その日のうちに返すことを心掛けましょう。

広告

バイトの面接で「週に何回働ける?」と質問されたときのベストな回答は?

バイトの面接では、希望シフトを聞かれることが多いです。

特に「週に何回働ける?」は定番の質問です。

この質問にはどう答えるのが良いのでしょうか?

受かることを一番に考えるなら、週5や週6と多い回数を言うのがベストです。

しかし学生や主婦などは、それほど多くシフトに入るのは難しいですよね。

そんなときは、回数は少なくてもよいので、相手の求める曜日を答えるのがおすすめです。

「週に2日しか働けませんが、金土の夜は両方ともシフトに入れます。」

例えば週末に人手が欲しい居酒屋であれば、上記のように答えると、採用確率が上がります。

ぜひ実践してみて下さい。

広告

バイトの面接に落ちたのに募集している理由って?

「自分が不採用になった会社が、まだアルバイトを募集している!」

これに気づいてしまうと、少し複雑な気持ちになりますよね。

応募者を採用しなかったのに、募集を継続している理由は何なのでしょうか。

いくつか紹介していきます。

まだ条件に合う人が見つかっていないから

アルバイトの求人を出している会社の中には、求める条件に合う人を採用するまで募集をし続けるところもあります。

こういった会社は人手がある程度足りており、余裕のある所が多いでしょう。

この場合はもしあなたを採用しなかったとしても、引き続き募集を継続します。

「そんな会社もあるんだな」くらいに考え、気にしないようにしましょう。

募集の取り下げを忘れているから

十分アルバイトを採用したのに、募集の取り下げを忘れてそのままになっている会社もあります。

数は少ないですが、まれに見られるでしょう。

この場合は気づいた段階で募集ページが削除されます。

なので、あなたが面接をしてから、比較的早く募集が終わるはずです。

広告

受かりやすいバイトってどんな職種?

「もうこれ以上落ちたくないので、受かりやすいバイトに応募したい!」

こう考えている場合は、次のような職種を選びましょう。

派遣バイト

派遣バイトとは派遣会社に登録し、紹介された案件から仕事を選別して働くものです。

登録時に面接をすることが多いですが、中には面接なしの会社もあります。

登録をするだけなので採用率は非常に高いですし、派遣先も簡単な仕事が多いため、特別なスキルをもっていなくても普通に雇ってもらえます。

飲食店、塾講師、コンビニなど

これらは学生バイトの中でも定番のものですよね。

人気の理由は受かりやすいからです。

常に人手不足であることが多いので、採用率が比較的高いです。

もし受かりやすいバイトを探しているのであれば、これらの中から自分に合いそうなものを選ぶと良いでしょう。

広告

高校生や大学生はバイトに受かりやすい傾向にあるって本当?

アルバイトには学生や主婦、フリーターなど色々な立場の人がいます。

その中でも、高校生や大学生はバイトに受かりやすいのでしょうか?

結論からいうと、職種によっては受かりやすいです。

例えば大学生であれば、大学受験の知識があるため塾講師や家庭教師のバイトに受かりやすいでしょう。

また引っ越しなどの体力を使うバイトも、若い学生の方が有利です。

こういった職種では多少受かりやすさの違いはあります。

しかしスーパーやコンビニ、飲食店などの職種では、学生とそうでない人達であまり採用率の差はないでしょう。

画像のコピーは禁止です。弊社では著作権侵害とし法的措置を行います。(リンクは可)
タイトルとURLをコピーしました