バイト面接に落ちる確率は平均OO%!4つの不採用理由も!

アルバイト

アルバイトに落ち続けるとやはりショックですよね。

事実、数社のバイトの面接に落ちまくっており、どんどん自信がなくなって悩んでいる人も多い。

さらに、それが続くこともあります。

自身がなくなってきたり、人間不信になることも多いですよね。

そんなときはどうすれはいいでしょうか?

ここでは、対処法やバイトの面接に落ちる確率を紹介しています。

広告

バイト面接に落ちる確率は平均どれくらい?

アヤミさん
アヤミさん

個人的には30%くらいかなって思います。

バイトで採用してもらうには、運やタイミングも必要になりますね。

たまたま求人が埋まってしまった、など、自分ではどうしようもない理由で落ちることも多いです。

だから気にする必要はないかと。

マユミさん
マユミさん

倍率が高い人気の職種はやはり狭き門ですね。

私の経験としては、30%~40%くらいですかね。

落ちる時はめちゃくちゃ落とされますが、受かるときは連続で受かりますし、タイミングもあるのでしょう。

マミさん
マミさん

だいたい20%~30%くらいかな。

確率は、時期や仕事によってかなり差があります。

ただ、バイト先が必要となる人はだいたい似ているので、比較的高確率で受かる人と、いつも落ちる人の二極化です。

といいますのも、バイトに求められるのは、「責任感」「協調性」「礼儀正しさ」「体力」といった部分です。

ミライさん
ミライさん

大体、30%だと思います。

まあ、こればっかりは人それぞれでしょうけど、経験談としてはそんな感じです。

ポイントは「笑顔、ハキハキしゃべる、土日勤務できる」ですかね。

そんなに難しいものではないので、それらが備わっていればだいたい採用ですね。

逆に言うと、備わっていないとなかなか受からないということになります。

クルミさん
クルミさん

わたしは面接に強いので40%くらいですかね。

「シフトに融通が利く、ハキハキ喋る、笑顔、土日勤務できる」この4つがあれば、ほとんど採用してもらえますよ。

まあ、職種やタイミング、バイト先の競争率もあるので、平均すると30%ほどですかね。

どうでしたか?

このように凡そ30%くらいが平均となることがわかります。

もちろん、バイト先の競争率、時期、タイミングにもよります。

広告

バイトの面接に落ちる回数の平均は?

バイトの面接に落ちる回数の平均はどれくらいなのでしょうか。

これは難しい問いです。

一人の人が何回バイトの面接をするかは、様々です。多い人であれば、月1回以上は受けるでしょう。

特にダブルワーク、トリプルワークをしている人は面接の回数は増加傾向にあります。

ですから、平均を意識するよりも、したいバイトの面接に受かることに重点を置いた方がいいです。

さらに、バイトは何回も落ちていると「落ち癖」がつきます。

これは落ちることになれてしまって、「次はがんばろう」という意識が薄くなっていくことに原因があります。

「落ち癖」がつかないためにも、受かる努力を精一杯した方がいいです。

広告

バイトの面接に落ちまくるのってありえないこと?

バイトの面接に落ちまくるのってありえないことなのでしょうか。

結論から言えば、充分にありえます。

特に精神的につかれているときはなおさらです。

バイトに落ちまくるケースは、負の連鎖にはいっていることが多いです。

「バイトに落ちる」→「元気がなくなる・精神的に落ち込む」→「生気を失う」→「面接」→「また落ちる」といったところです。

そして、それを繰り返してしまうわけです。

人は見た目でほぼ判断されます。特に面接の場合は、なおさらです。

元気がなかったりして生気がないと、それだけで減点対象ですね。

いくら接客スキルができたとしても、見た目に、はつらつさや若さがないと採用はないでしょう。

広告

バイトの面接に落ちる4つの不採用理由とは?

バイトの面接に落ちる理由って何なのでしょうか。

バイトの面接ですが、いくら受けても落ちてしまう人も多いです。

多くの場合、ある特定の理由があります。理由をいくつか挙げてみます。

➀あいさつなど基本的な礼儀ができていない。

「おはようございます」「お世話なります」といった基本的な挨拶ができていないケースです。

バイトだけではなく生きていくうえでも苦労が伴います。

また、面接の際、面接官の目をみてしゃべれていないのも同様にNGです。

敬語が使えないで喋り方がたがだらしない

これもダメですね。目上の人に対する言葉が正しく使えない人はまず採用されません。

お客様に対しても、使えないからです。

またダラダラと要点がまとまらず話す人も落ちる可能性が高いです。コミュニケーションはすべてのバイトで必要になりますから。

服装がだらしない

清潔感がない、ということです。

とびっきりのおしゃれをする必要はないですが、清潔感のない服装の人は落ちてしまいます。

時間にルーズ

面接の時間に遅れる、などはもってのほかです。

できれば、五分前行動を心掛けます。

なにごとも五分前に行動しておけば、イレギュラーが発生しても遅れることを回避できます。

広告

バイトの面接に落ちたのに募集をかけている理由って?

バイトの面接に落ちたのに募集をかけている理由って何なのでしょうか。

バイトの面接を受けて落ちたのに、再度募集がかかっているケースはよくあります。

これには、バイト先のいろいろな理由があります。

いくつか紹介します。

急なキャンセルがでて再募集している。

採用者が急にキャンセルしてきたケースです。

バイトのなかには、複数のバイト先を同時期にうけている人もたくさんいます。

そうすると、複数のバイト先から合格をもらうケースもあるので、キャンセルしないといけなくなります。

そして再募集というケースです。

いい人を再度探している。

バイトに求められるスキルが採用活動の途中で変化するケースです。

例えば、接客が得意な人を募集していたが、途中で、体力のある人がほしくなるケースです。

いつも人手不足でいつも募集をかけている

人の出入りが激しすぎて、いつも募集をかけているパターンです。

ですから、面接に落ちても、落ちなくても募集がかかります。

広告

バイトに落ちまくり大学生や高校生がやるべき対策って?

バイトは、案外あっさりと受かるときもあれば、何度受けても落ちてしまうときもあります。

タイミングなど運の要素も必要なのですが、バイトに落ちまくらないコツはあります。

受かる確率をアップさせる方法をいくつか紹介します。

バイト先のことをよく知る。

ホームページでも新聞でもなんでもいいですので、その会社の知識を知っておくことです。

最低限、社長の名前や、店舗数、主力サービスは知っておきます。難しい知識は不要です。

礼儀としても知っておく必要があります。

字を丁寧に書く

手書きの履歴書が必要ならばなおさらです。

きれいで丁寧な字の人はそれだけで得をしますね。

友達の紹介をうける

友達の紹介でバイトの面接を受ける方法です。

一番確実に受かる方法です。

バイト先も友達の紹介であれば、ある程度は信用し、採用してくれます。

また、紹介であれば、その友達から、事前に仕事内容の教育してもらうこともできます。

広告

受かりやすいバイトランキングとは?

受かりやすいバイトのナンバー1は、コンビニです。

なんといっても、求人数が多いですし、また深夜帯なども含めて働ける時間が24時間というのが魅力です。

次に受かりやすいのはファストフードです。

ファストフードは、大量の学生バイトを採用するので、教育マニュアルも整っていますし、バイト先によっては社員採用への道が整っているのも魅力です。

宅配業者なども人気です。特にお歳暮やお中元の時期になると大量採用しますので受かりやすいですね。同様に、年賀状仕分も受かりやすいです。

清掃なども受かりやすいです。

共通しているのは、どの職種も、早朝や深夜帯に関してはとても受かりやすいです。

広告

頻繁に募集をかけているバイト先は辞める人が多いブラックバイト?

頻繁に募集をかけているバイト先は辞める人が多いブラックバイトなのでしょうか。

結論から言えば、頻繁に募集をかけているということは、人が入れ替わっているのは間違いないです。

しかしながら=ブラックバイトではないですね。

そもそもブラックバイトといっても、いろいろあります。

人によって基準が違うのでブラックバイトと思うのは危険です。

まずは、求人票をしっかりと読んで、自分で勉強することが大切です。

また、最近は、幼少期に大切に育てられているのでいきなり、社会にでて、少し厳しいことがあると、すぐにブラックバイトという傾向にあります。

テキストのコピーは禁止です。弊社では著作権侵害とし法的措置を行います。(リンクは可)
タイトルとURLをコピーしました