バイト落ちたのに募集してる理由6選!もう一度受けるアリ?

アルバイト

バイト先の面接で落ちたのに、求人を見たら再度募集しているとこってありますよね。

では、どうしてなのでしょうか?

事実、バイト先で面接に落ちたのに、その職場がまだ募集(求人)をかけていることに疑問を持って悩んでいる人も多い。

では、バイト落ちたのに募集してる理由について見ていきましょう。

広告

バイト落ちたのに募集してる理由6選!

面接を落ちたバイト先で、再度募集をかけているケースがあります。

どのような理由で募集をかけているのでしょうか?

欲しい人材が見つからなかった

バイトのほうで欲しい人材が見つからず、また募集している場合もあります

アルバイトもある程度、どういう人材が欲しいか考えて、募集をかけている職場が多いです。

ですが、募集をかけたからといってほしい人材が応募してくるわけではありません。

なので、アルバイト募集をかけたけど、欲しい人材が応募してこなかったので、もう一度応募している可能性があります。

バイトを落ちた理由が自分にあるから

バイト先が求めているタイプと違ったので、再度募集をかけているケースです。

面接をして、「少し違うな」と面接官が感じたときなどが該当します。

接客業であれば、敬語の使い方が下手だったり、立ち振る舞いがだらしなかったりすると落ちてしまいます。

要するにあなたが欲しい人材ではなかったのです。

キャンセルがでたから

採用したバイトが急にキャンセルしてしまったケースです。

案外多いので、ほとんどの理由はこれです。

バイトのなかには、複数のバイト先の面接を受けて、複数から受かるということもあります。

そのような場合、どこかをキャンセルするしかありませんね。

その影響をうけて、再度募集をしているという感じです。

他社の求人がでているから

飲食店などは、1つの会社が、複数の店舗名で経営している場合があります。

そのような場合は、B社での求人をA社がそのまま使うということもあります。

飲食店などは、求められるスキルは案外、かわらないものです。

ですから、求人の原稿もそのままで、というケースもあります。

採用した人がすぐに辞めたから

バイトを採用したとしても、その人が続くかどうかはわかりませんよね。

雇ったはいいけど、すぐに辞めてしまったケースもあります。

辞めてしまったので、また新しく人を雇いたいのでしょう。

会社は退職者を想定して、多く雇うケースもあれば、必要な分だけ人材を確保する会社もあります。

もう一人従業員が必要になった

アルバイトでもう一人従業員が必要となってバイト募集しているケースもあります。

例えば、メインで入っていた人が辞めたり、欠員が出たりすると、やはり従業員を雇うことになりますよね。

離職率が高いアルバイト先だと、こういったケースは良くあります。

辞めていく人が多いからまた募集をかけているようですね。

広告

バイトの面接に落ちたところをもう一度受けるのはアリ?

バイトの面接に落ちたところをもう一度受けるのはアリなのでしょうか。

アリですが、時間をあける必要があります。

といいますのも、あまりにも間隔が短いと、真剣みがないととらえられるときがあるからです。

再度、受けることの真面目さが評価できる、とも考えられますが、どちらかといえば、バイト先から、少し疑問をもたれるケースが多いです。

また、受けたときに、再度受けた理由を聞かれますので、あらかじめ答えを用意しておいた方がいいです。

例えば、バイト先の〇〇というところに惹かれてどうしても働きたい、といった理由がいいです。

注意点としては、一回目と二回目の採用条件に相違がないかときちんと確かめることですよ。

時給などは、特に求人難のときは高く、それ以外は低い傾向にあります。

自分の目で確かめておく必要があります。

広告

バイトで不採用になったけどまだ募集している職場を受けて採用される確率はどれくらい?

バイトで不採用になったけどまだ募集している職場を受けて受かる確率はどれくらいなのでしょうか。

これは難しい問いです。だいたい1割程度と思います。

1割もあれば高い方で、基本的には受からないものです。

また時期にもよります。

多くの求人がでやすい、4月~5月は断然、受かる確率は高いです。

一方、求人が少ない時期は、多くの求職者が、少ない求人に殺到するので受かる確率は低くなります。

広告

バイトに落ちる回数の平均ってどれくらい?

バイトに落ちる回数の平均ってどれくらいあるのでしょうか。

結論から言えば、1人で2回~3回程度です。

多い人はもっと落ちている人もいます。

特に単発バイトを繰り返す人は必然的に面接回数が増えます。

なので、落ちる回数も増加傾向にありますね。

また、時期(タイミング)や希望している人材によっても良いでしょう。

広告

バイトの面接で不採用サインってある?

バイトの面接で不採用サインってあるのでしょうか。

せっかく受けるバイト面接ですが、やはり結果は早く知りたいものです。

受かるサインはなかなかないですが、不採用になりそうなときのサインは比較的発見できます。

いくつか列挙します。

面接の時間が極端に短い

面接は、順番に待機して行うことが多いです。

その際、だいたいの面接の時間が分かりますが、自分の面接の時間が他人と比較して極端に短い場合は不採用の時が多いです。

といいますのも、面接官は複数のバイトの面接をしているうちに、おおむね採用者をきめています。

となると、面接しても採用できない無駄な面接が発生してしまいます。

残念ながらこの面接に該当した場合は、時間が短くなってしまいます。

当たり前の質問しかない

バイトを本気で採用したいとすると、やはりその人なりを知っておく必要があります。

ですから、かなりマニアックな質問やいじわるな質問がくることが多いです。

バイトからすると困るのですが、これは、バイト先が本気で人を見極めようとしている証拠なので、真摯に対応する必要があります。

めんどくさい質問や、意表をついた質問でも真摯に答えることが大切です。

面接官がメモをとらない

採用したい人の場合、面接官はこまめにメモをとります。

これは、自身の記録の為もありますが、採用経過を書面で残しておく必要があるからです。

ですから不採用の場合はメモをとらないことが多いですね。

面接のときに面接官がメモをとっていなければ不採用可能性のサインです。

趣味の話など仕事と直接関係のない話が多い

これは明らかに面接官の時間つぶしになっています。

面接は、ひとりひとりの時間が決まっているので、不採用の人のため、早く終わっても時間があまるだけです。

ですから次の面接の人までは、なんらかの話があることが多いですね。

時間つぶしに使われているわけです。

広告

バイトに落ちる人はありえないダメ人間なの?

バイトに落ちる人はありえないダメ人間なのでしょうか。

バイトに落ちたからと言ってダメ人間ではないです。

特にバイトの採用は、運不運がつきものです。

求人数と求職数のバランスが特に大切ですね。

ダメ人間と悲観するのではなく、なぜバイトに落ちたかを検証してみましょう。

服装がだらしなかったのか、言葉遣いが悪かったのか、色々思い当たるふしはあると思います。

バイトに落ちたことを人生の糧にして前向きに行動するうちに道は開けてきます。

広告

アルバイトに落ちる確率を低くする方法ってある?

アルバイトに落ちる確率を低くする方法ってあるのでしょうか。

どうせなら、アルバイトには落ちたくないものです。

ただ、人気のバイトは求職者が殺到するので落ちることも多くなります。

落ちる確率を低くする方法を紹介します。

人気のない職種に応募する

求職者が少ない職種は落ちる可能性が低くなります。

また同じバイト先でも、早朝や深夜となるとなかなか人が集まりません。

そのようなバイトを受ければ、落ちる確率は低くなります。

バイト先の情報を入手する

情報といっても難しい情報ではありません。

本社所在地、売上高、主力商品この程度をHP等で見ておけば十分です。

主力商品については、可能であれば事前に購入するなどしておいて、面接などで感想を述べることができればなおよしです。

広告

落ちたバイト先に行く人ってどれくらいいる?

落ちたバイト先に行く人ってどれくらいいるのでしょうか。

ほとんどの人は、落ちたバイト先に気にせずに行きます。

特に飲食店などの場合、家や学校の近くにあったりするのでなおさらです。

コンビニなどは特にそうですね。

落ちたバイト先に行かなければ、日々生活ができない人も多いのが現実です。

またなかには、落ちたバイト先に行って、顔を覚えてもらってまた求人がでたら応募する人も少なからずいます。

バイト先の店長とかと仲良くなっておくといろいろ有利ですね。

ちなみに、落ちたバイト先に行く勇気のない人は、あらかじめそのバイト先は受けないほうが無難です。

テキストのコピーは禁止です。弊社では著作権侵害とし法的措置を行います。(リンクは可)
タイトルとURLをコピーしました