バイト辞める即日は無理!精神的に辛く急に辞める理由3選!

アルバイト

自分に合わないバイトをしている「もう辞めたい」と思うものですよね。

まずは心の健康を最優先するべきです。

事実、精神的に辛くなってしまい、バイト先を即日に辞めたいと考えているが、シフトも残っているため、何て言えば良いか、苦しんでいる人も多い。

では、バイト辞める即日は可能なのでしょうか?お悩みを解決していきましょう。

広告

バイト辞める即日は無理!?

アヤミさん
アヤミさん

可能か不可能で言えば「可能」です。

でも基本的に1カ月前に申告が常識です。

あと次のシフトに入っている場合も代役が必要ですからね。

まあでも、合わないバイト先ってありますからね。

音信不通になってバックレる人も多いみたいですよ。

まずは、ちゃんと相手に伝えて辞める意思を伝えましょう。職場も辞めたい人を引き止めたりはしません。

ミライさん
ミライさん

一応、可能ではあります。

ただ、基本的に1か月前に申告するのがルールになっていますけどね。

でも、当日退社するバイトも多いですよ。

どうしても辛いようであれば、辞めた方がいいかと思いますよ。

「合わない」と感じたら辞めるのも一つの方法ですよ。

もし有休が残っているならかならず使い切りましょう。

半年~1年ほど勤務していれば、有休が発生するハズですからね。

職場も辞めたいという人を引き止めたりはしませんよ。

マミさん
マミさん

一応、辞めることはできますよ。

「本日限りで辞めます。制服返します。」と言いましょう。

まじめな人は色々と考えちゃうけど、辛い思いをしてまで働く必要はありません。

あなたを求めるバイト先は他にもありますからね。

まずは責任者に辞める意思を伝えて、きっぱり辞めちゃいましょう。

直接が嫌なら電話でもメールでも良いと思います。

バックレるよりかはマシです。

リカさん
リカさん

まじめな人であればあるほど、即日辞めることに抵抗があるものです。特に、辞めたあとの後任のことを考えてしまい、悩むことが多いです。

ただ、現実は、即日辞めるのは十分に可能です。

というか若い人であれば結構即日辞める人は多いですね。

カオリさん
カオリさん

実際、辞める際に、止められることも多いですが、おもいきって辞める人が多いようです。このように考えます。

バイト先から様々な事情で辞めさせられることが多々あると。

しかも急に言われることが多い。

そういう意味からは、お互い様とも考えるべきです。

所詮、時給で働いているバイトです。

そんなに責任を感じず、サクッと辞めてしまいましょう。

どうでしたか?

結論から言えば、「即日に辞めることは不可能ではない」という意見が多いですね。

ですが、まずは責任者に辞める意思を伝えるようにしましょう。

バックレるのはバイト先に迷惑がかかる場合もありますからね。

広告

今のバイトが精神的に辛く急に辞める理由3選!

バイト先の人間関係などで悩み、精神的に鬱になってしまっていて、その理由を伝えるのはつらいものです。

そもそも鬱状態なので、会話をするのもおっくうになりますね。

ここではいくつか良い言い方を紹介します。

「仕事のレベルが難しく精神的にしんどい」と言う

コツは、「仕事のレベルが難しい」という点にあります。

仕事のレベルが難しいから、ついていけないと悩んでいる、という言い方です。

これであれば、聞かされる方もいやみなく受け入れることができます。

「精神的に悩んでいて体に支障をきたしている」と言う。

仕事のレベルが難しく悩んでいる→おなかが痛くなる、頭が痛い、といった物理的な体の弊害を理由にするパターンです。

体の弊害については、会社も文句は言えないです。

「家族の事情で悩みが多くやっていけない」と言う

あくまで精神的にしんどいのは、家族に原因がある、という言い方です。

家族の介護、子育てなどなんでもいいです。家族を理由にして辞めてしまいます。

広告

うつ病でバイトを辞めるのをメールやLINEで伝えるときの文章は?

「うつ病」ということは言わない方が無難です。

理由は、医師の診断書の提出を求められときがあるからです。

精神的にしんどい、と簡単でいいので伝えれば十分です。

例文としては下記になります。


アルバイトの〇〇です。

突然の連絡失礼いたします。

せっかく雇っていただいたのですが、仕事が難しく毎日悩んでいます。

このまま悩み続けていても仕事に支障をきたしますので、辞めさせていただきます。

なお、制服等はクリーニングをしてお返しいたします。短い間でしたがありがとうございました。


 

上記の感じでいいでしょう。

長文の方が丁寧でいいかも?と思いますが、長文はNGです。

短い文章で辞める意思を伝えれば十分です。

また文末に、「お忙しいと思いますのでご返信は辞退します」といったテキストも挿入しておくとより印象がいいです。

広告

バイトを辞めるとき「今日限り体調不良」と言うのは通用する?

バイトを辞めるとき「今日限り体調不良」と言うのは通用するのでしょうか。

結論から言えば、基本的にダメでしょう。

「今日限り」と言うと、じゃあ、明日様子を見て、連絡をください、言われます。

そもそも体調不良に「今日限り」、というのは存在しませんね。

多くの場合は、1日~数日程度悪くなるのが通例です。1日目は誰でも体調不良は疑いません。

「単なる寝不足か?」と言った感じです。

そして2日目、3日目と続けば初めて体調不良を疑うものです。

ですから、今日限り体調不良というと、それは「嘘です」といっているようなものですね。

逆に会社の心情を悪くして、やめにくくなるのでやめた方がいいです。

広告

バイトを体調不良を理由に即日退職する人って多い?

バイトを体調不良を理由に即日退職する人って多いのでしょうか。

案外、多いのが現実です。

ただしこれには理由があります。会社側も、体調不良はうそっぽいということは実は認識しています。

会社とバイトが、お互い暗黙の了解でやりとりをしているのです。

実際、体調不良といわれると、会社としても断りきれないものがあります。

またバイトも、体調不良は言いやすく、少し調子の悪そうな顔をしているだけで話が通ってしまいます。

そのような意味から、「体調不良」はお互いが都合の良い、退職理由として理解されています。

広告

バイトを辞める罪悪感はどうやって解消したら良い?

バイトを辞める罪悪感はどうやって解消したら良いのでしょうか。

これに関しては、違うバイトでがんばる方法があります。

いつまでも前のバイトを引きずるより、新しいバイト先でがんばりましょう。

新しい職場で、新しい人たちと、違う環境で仕事をすれば罪悪感はすぐに消えてしまうものです。

それでも忘れられない、罪悪感が消えないという人は、前のバイト先の商品やサービスを購入するという方法があります。

例えば、お寿司さんであればお寿司を買う、ピザの配達であれば、配達を頼む、と言った形です。

バイト先は民間企業ですので、利益をあげなくてはいけません。

罪悪感をお金で返す、といったところです。

この方法は、バイト先に貢献できますので、精神的にも楽になります。

その他、ブラックバイトの記事などを読んで、バイトがひどい扱いをうけていることに感化する方法があります。

「辞めてよかった」と思えるようなひどい内容のものであればあるほど、効果的です。

広告

バイトを黙って辞める(バックレる)のはアリ?

バイトを黙って辞める(バックレる)のはアリなのでしょうか。

方法としてはアリですが、あまりオススメはできません。

といいますのも、将来どこでまたバイト先にお世話になるか分かりません。

とくに、将来、就職してその会社が、元バイト先のグループ会社だった、株主だったというのはよくある話です。

飲食業などは、人の入れ替わりもはげしく、バックレたバイト先の先輩が、次のバイト先に転職していたというケースもあります。

その他、チェーン店などでは、バックレるとブラックリストにのり、二度と系列のバイト先では採用されません。

なおバックレることによる、自分の精神状態にも注意が必要です。

連絡先などは、どこからばれるかも分からないので、いつ電話がかかってくるか毎日心配になりますよね。

「私は連絡先を伝えていない」と安心している人も油断できません。

友達から連絡先が漏れる、など様々な経由で、連絡先が伝わってしまうことも多いものです。

デメリットばかりですね。

これであれば、つらいかもしれませんが、ちゃんと面接または電話などで辞める意向を伝えた方が得策です。

時間にすれば30分がまんすればいいだけの話です。

バックレると、将来にわたり、後ろ髪を引き続けることになります。

広告

バイトをばっくれたことある人って多い?

バイトをばっくれたことある人って多いのでしょうか。

人数的にはそんなに多くないと思いますが、一度、バックレた人はまたバックレる可能性が高いです。

そういう意味からは、ある特定の人がばっくれた結果、トータルの件数が多いということです。

しかし、やはりばっくれることはやめたほうがいいですね。

たまに、自分をかっこよく見せるために、「ばっくれた」と言う人もいますが、ほとんどうそです。

そういう人がまわりに多い人は、感化されないようにしたほうがいいですね。

テキストのコピーは禁止です。弊社では著作権侵害とし法的措置を行います。(リンクは可)
タイトルとURLをコピーしました