親のスマホ制限うざい高校生の対処法は?説得は?禁止する心理は?

生活の知恵

スマホを持たせてもらって喜んでいるのもつかぬま、親がスマホの制限をかけて思うように使えないと言う高校生も多いでしょう。

親にスマホの制限をされており、夜になるとスマホが使えなくなる不便な現状をどうにかしたいと悩んでいる高校生もいます

では、親のスマホ制限うざい高校生ができる対処法はどうしたら良いのでしょか?お悩みを解決していきましょう。

広告(スポンサードリンク)

親のスマホ制限うざい高校生ができる対処法は?

スマホを夜に使いたいのに、制限で使えず、余計イライラが募ってしまったなんてことありますよね。

親の気持ちはわかるけど、どうにかしてほしいと思った時の対処法をいくつかご紹介いたします。

自分で携帯料金を払う

一番手っ取り早い方法です。

親がスマホの制限をしているのであれば、自分で携帯の料金を払いましょう。

最近では、安い場合だと、月額2000円~3000円で携帯料金を支払うことが可能です。

また、スマホ自体も契約でローン払いすることが可能なのです。

最近では、学生でもスマホを自分で買い、携帯料金を自分で賄うことが出来ますよ。

自分でお金を払っているのであれば、両親も文句は言えませんからね。

親とルールを決めて交渉する

制限が辛い、またはなんとかしたい時は、親と一緒にある程度のルールを決めると良いでしょう。

紙に書き出して目につくところに貼っておくのも1つの手です。

ルールを定めたら、必ず守るようにしましょう。

まずは親に交渉してみることが大切です。

親に誠意を見せる

スマホばかり使っていないことを親にわかってもらうようにするのも良いでしょう。

学校のことは疎かにせず、ちゃんとやっていることをわかってもらえます。

親に納得して貰えば、スマホのことで監視されないようになりますよ。

ずっとスマホばかり見ているような態度ではいけません。

どのようなアプリを使っているのか?スマホを何に使っているのかを親に伝える

どのようなことでスマホを使っているのか、親に見せるのもよいでしょう。

親が安心することができれば、いちいち、聞いたりしてくることも無くなります。

勉強で使っているアプリもあることを理解してもらえば、うるさく言ってくることも無いですよ。

親としては、子供のことを考え、健康的な面からも制限しているのですが、それが辛いこともありますよね。

親にちゃんと説明できれば、理解してくれる場合もありますよ。

広告(スポンサードリンク)

親からのスマホ制限が辛いとき上手に説得する方法って?

親は、子供のためを思ってスマホの制限をしてきます。

でも時には「そこまでするの!?」と言うぐらい制限してくる親もいますよね。

なんのためにスマホを持っているのかわからなくなると言う人もいるでしょう。

上手に親を説得できる方法がないか探っている時、次の方法を試してみてくださいね。

スマホを利用して勉強していることを伝える

スマホのアプリで、単語を勉強しているなど、勉強に使っていることを言ってみるのも良いでしょう。

スマホがとても役にたっていて、勉強も捗っていることをアピールするのも1つの手ですよ。

どんなアプリを入れているか親にも見せる

決して、遊んでばかりいないことをわかってもらうのも良いでしょう。

自分がどのようなアプリを使っているのかも知らせておくと、安心してもらえるので、必要以上に言ってこなくなりますよ。

時間をしっかり守って使っていることを伝える

ちゃんとやることもやりながら、時間を守って使っていることを親に伝えてみましょう。

計画的に使っていることをしっかり伝えられれば、納得してもらえますよ。

普段の生活をしっかりする

スマホで生活が乱れていないことを伝えるのも良いでしょう。

規則正しい生活を毎日送っていること、学校の勉強も疎かしにしていないことをしっかり伝えるのも良いですよ。

スマホを使っていても、規則正しく、そしてちゃんとやっていることを伝えられたら、親も納得してくれるはずです。

広告(スポンサードリンク)

スマホを親に制限解除してもらうなら携帯料金を自分で払えば解決できる?

スマホの利用方法、契約方法によっては、携帯料金も変わってきます。

親としては、家計をやりくりする必要もあるので、予算内で終わらせてほしいために制限をすることもあるでしょう。

自分でアルバイトをし、携帯料金を払うことができれば、もちろん制限を解除することも可能になりますよ。

ただし、下記の問題もあります。

学校のことが疎かになる

ゲームばかりしている。

徹夜ばかりしてしまう、

不規則な生活になってしまう。

寝不足な毎日で、成績も下がる。

上記のように言うようなことがないようにしましょう。

もし、このようなことが1つでも出てくると、携帯料金を自分で払ったとしても制限を解除してもらうことができなくなりますよ。

日頃から規則正しい生活を送り、学校のことを第一に考え、勉強もしっかりしていて親が納得していれば、携帯電話の制限も解除してもらえるでしょう。

広告(スポンサードリンク)

親がスマホを禁止(取り上げる)や制限する心理って何?

親がスマホを禁止にしたり、制限してくる時の心理ってどのようなものなのでしょうか。

いくつか考えられます。

子供の健康に影響が出てくる。

学校のことが疎かになる。

徹夜ばかりしている。

目を酷使している。

このように、健康に害が加わりそうとか、学校生活の乱れにも影響し進学にも問題が出そうと思う時に、親はスマホを禁止したり制限したりしますよ。

要するに、子供のことを心配しているのです。

スマホが悪影響を及ぼしている、子供の生活を見出していると思う心理がそこにはあります。

たまに、次のような心理がある場合もありますよ。

子供を自分のコントロールかに置きたい、

いつまでも子供扱いとしている。

親が管理しないと子供は何もできないと思っている。

このようなことからスマホを禁止したり取り上げたりする親もいます。

広告(スポンサードリンク)

高校生にもなってスマホ制限っておかしい?

高校生にもなってスマホ制限っておかしいことなのでしょうか。

結論から言うと、おかしくはありません。

子供の生活状況から判断する、家庭の家計から判断する場合は、仕方がないでしょう。

スマホを制限して欲しくない場合は、普段の生活をきっちりするべきです。

学校のこともしっかり行う必要がありますよ。

自分で自立する、またはスマホ料金、使用料を自分で払えるようになってからでもスマホ制限の解除は遅くはありません。

広告(スポンサードリンク)

親にスマホ制限されている高校生達は家で平均何時まで使えるの?

親にスマホ制限されている高校生達は家で平均何時まで使えるのでしょうか。

スマホ制限をされている高校生は、お家で何時ごろまで使えるのかって気になりますよね。

自分の家と他人の家ではと、比較したくなってしまうでしょう。

お家によって様々ですが、平均夜10時か11時ごろとなっている家庭が多いです。

それ以上にしてしまうと、夜ふかしして次の日に堪えるだろうと判断されています。

最大でも夜中の12時までとなっているでしょう。

夜中12時から朝の5時まで使用禁止が平均的な時間です。

広告(スポンサードリンク)

高校生のスマホ制限の割合ってどれくらいいるの?

スマホの制限の割合ってどのくらいなのでしょうか。

一般的な統計として5割ぐらい、約半分の高校生はスマホの制限をしています。

携帯電話を使っている高校生の53.2%がスマホの制限をしていると言う統計が出ていますよ。

使い出すと、歯止めが効かなかったりうっかりすると、時間があっといまに酢ぎていたなんてことにもなってしまうので、制限は大切でしょう。

広告(スポンサードリンク)

スクリーンタイムでアプリ制限されていても無視してアプリをやったら親にバレる?

スクリーンタイムでアプリ制限をしていても無視してアプリをやれば親に必ずバレます。

と言うのも、そのアプリ自体、携帯電話を見て判断しなくても親の場合、子供の様子でわかってしまうのです。

普段から見ていると、感じるのですよね。

何か隠している、何かやっているって。

だから、親にバレて制限がさらに厳しくなる、取り上げられるような事態にならないためにも、普段から守るようにした方が良いですよ。

悪いことは必ず、多かれ少なかれバレる時がくるので気をつけましょう。

他にも、使用状況でもバレますよ。

特に、ファミリー共有で設定されているときは、親の方もスマホで確認できてしまうので、すぐにバレてしまいます。

テキストのコピーは禁止です。弊社では著作権侵害とし法的措置を行います。(リンクは可)
タイトルとURLをコピーしました