父親がうざい中学生の対処法は?怖い時は?中2女子なら?反抗期?

生活の知恵

父親と同じ空間にいると「うざい」と不快に思うこともありますよね。

特に父親に反発する人も多い、。

事実、同じ屋根の下で暮らす父親の言葉や態度が本当に不快で、接し方や逃げる方法について悩む中学生も多い。

では、父親がうざいと感じている中学生の対処法はどうしたら良いのでしょうか?お悩みを解決していきましょう。

広告

父親がうざい中学生の対処法は?

中学生の年頃であれば父親がうざいと感じてしまい、悩んでしまうこともありますよね。

親嫌いをそのまま放置してしまうとあなたのストレスにもなってしまいます。

そのような時のどう対処したら良いのでしょうか。

家にいる時間を減らして関わりを少なくする

家にいるときは家族の誰かとの関わりを避けることはできませんよね。

それは父親も例外ではありません。

ならば、逆に家にいる時間を減らせば、父親と関わる時間も減らすことができます。

中学生なら、平日や休日でも部活などをしていれば、帰る時間も遅くなり、家にいる時間も少なくなります。

部活ない日であれば、友達と遊ぶ約束をしたり買い物に行ったりするなどの予定を作るようにしましょう。

父親がうざいと感じてしまうのであれば、一緒にいる時間自体を減らし、関わりを少なくしてしまいましょう。

家以外で時間を潰す

家に居たくないのであれば、時間を潰せる場所を見つけましょう。

学生であれば、自習室を活用して勉強するのもオススメです。

学校にあれば利用しても良いですし、図書館や地区センターなどにも自習室は設置されています。

もしくは自習室で勉強していると嘘をついて、マンガ喫茶やネットカフェで時間を潰しましょう。

500円~1000円くらいあれば、1時間30分~2時間ほどは楽しめますよ。

ぜひ利用してみましょう。

祖父母を頼る

家に居たくないのであれば、祖父母を頼るのも一つの方法です。

例えば、泊りに行ったり、可能であれば、少しの期間だけ滞在したりと祖父母の家に行くのもオススメです。

両親も祖父母の家に居るのであれば、安心しますし、納得してくれるでしょう。

実家の近くの祖父母が住んでいるのであれば、可能な方法です。

専門カウンセリングを受けてみる

父親がうざいと感じていて悩んでおり、精神的にどうしても苦しいというときは専門のカウンセリングを利用していましょう。

父親とのギクシャクした関係を心理学によってセラピーをしている専門機関が全国にあります。

専門機関にカウンセリングすると心理学を介してアドバイスをもらうことで、父親に対しての心の疲労(ストレス)を軽減できます。

カウンセリングはちょっと抵抗があると言う人は他にも母親や友人など身近に相談してみてもよいでしょう。

一人で抱え込まず、まずは誰かにそのことを相談してみましょう。

広告

親がうざいからストレスになっている中学生が顔を合わせないように生活する方法ってある?

中学生のうちなら、親がうざいと感じてしまい、顔すら合わせないようにしたいと思う時期もありますよね。

ではどうすれば、極力顔を合わせないように生活できるのでしょうか。

ぜひ参考にしてみましょう。

家にいる時間を極力減らす

家にいると親とはどうしても関わることになってしまいます。

なので、極力家で過ごす時間を減らすようにしましょう。

中学生なら部活などをしていれば平日も休日も帰る時間が遅くなり、家にいる時間は部活をしていない人と比べてかなり少なくなりますよね。

そして部活がない平日や休日は友達と遊ぶ約束をしたり、学校帰りに図書館に行ったりと予定を作ることで家にいる時間をさらに減らせます。

顔合わせをしないと言うことは無理ですが、顔合わせする機会を減らすことはできます。

実家から出て別の場所で暮らす

同居していてどうしても顔を合わせしたくないのであれば、一度実家を出ることを考えてみても良いでしょう。

一度身近な人にそのことを相談してみれば、実家から出て別の場所で暮らすことができ、顔を合わせずに済むかもしれません。

家族との関係が理由で祖父や祖母に家で暮らしていると言うのはよく聞く話ですよね。

ですので、一度祖父や祖母、親戚の家など他に暮らせる場所を検討してみましょう。

極力自分の部屋から出ないようにする

顔を合わせたくなくて、自分の部屋があるのであれば自分の部屋から極力出ないようにして生活してもいいかもしれません。

リビングといった家族が集まるところはあまり行かないようにします。

それから、ご飯は家族の別の誰かに持ってきてもらうなどしてトイレや必要なとき以外の家にいる時間は部屋で過ごすようにすれば顔を合わせずに済みますよね。

しかし、その顔を合わせたくない本人が勝手に部屋に入ってきたりするならば意味がありませんし、それが原因でさらに関係が悪化してしまう恐れもあります。

そう言った場合は別の場所で暮らすことを検討しましょう。

広告

父親が人として嫌いすぎるときどうやって接したら良いの?

父親が人として嫌いすぎるときどうやって接したら良いのでしょうか。

親が嫌いと思ってしまうとそのことを意識してしまい、どのように接したらいいかわからずに悩んでしまうこともありますよね。

そのようなときは無理に接するようにせず無視してもいいです。

「家族だから」や「親子だから」と言う言葉に必要以上に振り回されてはいけません。

しかし、学生である以上あなたが社会的そして経済的に独立できるまではあまりその不満を表に出しすぎないようにしましょう。

無視するにしても、それ以上関係が悪くなりすぎないよう最低限の節度を持って接するようにできれば良いですね。

広告

父親が生理的に無理で顔見るのも気持ち悪いときの対処法は?

父親が生理的に無理で顔見るのも気持ち悪いときの対処法はどうしたら良いのでしょうか。

反抗期の中学生ならば親の顔を見たくないほどに思ってしまう人もいますよね。

どうしても顔すら合わせたくないと言うときは、実家から出て別暮らしをすることを検討してみましょう。

まず、母親に祖父や祖母、親戚など別の人の家にあなたを預けてもらえないか相談してみましょう。

そして、そちらで暮らせることになれば、一旦父親に対しての嫌悪感が落ち着くまでは別々に暮らし、顔を合わせないようにしましょう。

実家にいては必ず顔を見てしまいます。

そして嫌悪感を感じてしまうようになると一度落ち着くまでは顔を合わせない方がいいです。

ですので、別々に暮らすという方法が可能なのであれば、それがベストです。

広告

父親が不機嫌になると怖いときはどうしたら良い?

父親が不機嫌になると怖いときはどうしたら良いのでしょうか。

父親がいきなり不機嫌になって怒鳴ったりすることが怖いという悩みを抱えている方もいらっしゃいますよね。

それで家族の空気が最悪になってしまうことも。

そのようなときは基本無視しても構いません。

とは言ってもさらに機嫌を悪くしてしまわないように最低限度の気を遣っておきましょう。

しかし、それがあまりにもひどい場合であれば、児童相談所に相談したようがいいです。

直接的には言えないでしょうから、間接的にあなたや他のあなたの家族がそれで苦しんでいるのだと言うことを伝えなければなりません。

普段から父親の理不尽な行動があれば、メモを取りあなたの現状と気持ちを伝えるようにしましょう。

そうすれば、相談所の方は第三者の客観的な解決法を出してくれますし、父親の反省を促すことができるかもしれません。

まずは相談所でなくても母親や親戚など誰かに父親がどうしても怖いと言うことを相談しましょう。

広告

父が嫌いだけど母は好きだから母親とだけ接するのってあり?

女子中学生くらいの年頃であれば「母親は好きだけど父親はいらない」などと思っている方もいますよね。

そう思っているのに父親と無理に接する必要はあるのでしょうか。

結論から言うとその時期は父親とあまり接さずに母親だけ接するというのはありです。

おそらく反抗期の影響でそう思ってしまうのでしょうし、父親だってそれをわかってくれます。

わかってくれていないのであれば、一度母親にそのことを相談してみましょう。

いずれは反抗期が終わり父親嫌いだって克服するので、嫌いになってしまう時期に無理に接する必要はありません。

広告

世間の中2女子と父親が仲悪いのって普通なの?

中学生女子が父親と仲が悪いと言う話をよく聞きますよね。

果たして仲が悪いのが普通なのでしょうか。

結論から言うと、案外普通のことともいえます。

もちろん仲が悪いという人もたくさんいます。

それに対し、反抗期であっても家族と良好な家族関係を持っている人もいます。

しかし、仲が悪くなってしまうのにだって理由があるのでしょうし、いつか普通の親子になるでしょうから、今は無理して仲良くしようとする必要もありません。

父親と女子中学生の仲が拗れるのは珍しいでも話ではありません。

広告

反抗期になると父親が嫌いになるものなの?

中学生が反抗期に入ると父親を嫌いになって悩みを抱えるというのはよくある話ですよね。

では、それはみんななってしまうものなのでしょうか。

結論から言うと、嫌いになってしまうことも多いです。

反抗期に入ってしまうとちょっとしたおっ説教や行動に対してうざいと感じてしまいます。

ですので、一時的に親を嫌いになってしまうのは仕方のないことなのかもしれませんね。

親に対する嫌悪感や反発心は誰でも通るものです。

大人になってから初めて理解し合えることもあります。

テキストのコピーは禁止です。弊社では著作権侵害とし法的措置を行います。(リンクは可)
タイトルとURLをコピーしました