親の勉強へのうざい口出し対処法4選!大学や高校受験中は?

生活の知恵

自分のやり方である程度確立できて勉強しているのに、それに対していちいち親が色々言ってくるとイライラしますよね。

親が勉強に対して叱ってきたり、余計な提案をしてきて、テストや受験も控えているのにストレスに感じる学生も多い。

では、親のうざい勉強への口出しの対処法はどうすべきか?悩みを解消していきましょう。

広告

親の勉強へのうざい口出し対処法4選!

親に勉強に対して、口出されてしまうと、集中できなくなりますよね。

そんな時の対処法としていくつかご紹介いたします。

ぜひ参考にしてみましょう。

予備校や塾などの自習室または図書館に言って勉強する

親の目が届くところにいると、ずっと言われ続け、集中もできなくなってしまうでしょう。

あまりにもうざいと思ったら、親がいないところで勉強しましょう。

自習室や、図書館なら静かに集中して勉強することができますよ。

もしくは有料の貸出スペースを利用するのも良いでしょう。

勉強法で色々言ってくるときは聞き流す

親が色々言ってきたら、とりあえず聞き流すのも良いでしょう。

しばらく話せば気が済むはずです。

最後に、そろそろ勉強しても良いかな?集中させてほしいんだけと。と言ってみてくださいね。

親も邪魔して悪いと思ったら、言うのを止めるでしょう。

部屋に閉じこもって耳栓をする

親が色々うるさい時は、集中したいからと言って部屋に閉じこもるのが良いでしょう。

鍵を閉めるなどして入ってこないようにしておくのも手です。

あとは、耳栓をしておくのも良いでしょう。

親からすると、やっぱり言いたくなってしまうやり方なのかもしれないのですが、それでも「黙ってて!邪魔しないで」と思いますよね。

集中して勉強したいことを伝える

親に集中したいという意思を伝えましょう。

「自分のことを心配してくれてありがとう。でも今とても時間がないから、集中させてほしい、後で話聞くからそれでもいい?」と言うような感じで、自分の今の状態を伝えてみるのも良いでしょう。

冷静に自分の気持ちを伝えれば、親もきっとわかってくれるはずです。

広告

親が勉強に対してうるさく口出ししてくる心理って何?

親が勉強に対してうるさく口出ししてくる心理って何なのでしょうか。

いくつか考えられます。

子供の勉強方法が心配

子供が心配でつい口出ししてしまう

受験に受かってほしいから厳しくしている

子供の将来を心配してあえて厳しくしている

「ちゃんと勉強しているのか?」心配だから口出ししている

厳しくした方が成績が伸びると思っている

受験に失敗しないで、合格できるように、親としても葉っぱをかけているつもりになっているのでしょう。

親の経験上、なんとかしなくちゃと思う気持ちから、ついつい言ってしまうことも考えられます。

心配するあまりついつい余計なことも言ってきてしまうのです。

広告

親の口出しに従うメリットとデメリットって何かある?

親が口を出してくる時、それに対し従うとメリットってあるのでしょうか。

従うことで、デメリットになることもあるのか、ご紹介いたします。

メリット

親が口出しをしてくる時は、子供のことが心配のあまり言ってくることが多いです。

自分が見えていない部分も見えていることもあるので、素直に従うと良い方向に動くと考えられるでしょう。

自分にとって特になりそうと判断したのなら、素直に従ってみるのもオススメです。

その場合、あからさまに従うのではなく、どのような観点で、それが自分にとって良いのかをしっかり見極める必要がありますよ。

デメリット

親の口出しに従ってばかりだと、自分の意見がなくなってしまうと言うデメリットもあります。

親の言われたままに、行動していると、たとえそれが嫌なことで合っても、自分に合わないことで合っても、従うことになるので、自分を犠牲にしてしまうことにつながってしまいます。

気持ちを押し殺して従うのだけはダメですよ。

知らぬ間にストレスが溜まって、体を壊してしまうと言うことにもつながってしまうので注意が必要です。

広告

勉強に対して親がうざいからストレスが溜まっているときに避ける方法ってある?

親となるべく距離をとっていても、やっぱり避けて通ることはできません。

そんな時は、次のことを試してみると良いですよ。

ストレスはそのまま溜めてしまうと良くありません。

上手に発散する方法を見つけましょう。

散歩をする

ストレスが溜まってしまった時は、気分転換に散歩をしてみるのも良いでしょう。

外の空気を吸って、緑を見るだけでも気分が晴れてスッキリしますよ。

親が勉強に対して、色々言ってきてストレスが溜まってしまうこともありますからね。

美味しいものを食べに行く

レストランとか、コンビニなどでいつもは食べないものを奮発して食べるのも良いストレス発散になります。

おやつや飲み物、アイスでもなんでも好きなものを食べてみてくださいね。

至福の時を味わえますよ。

なるべく親と一緒にいる空間を作らない

親と同じ部屋にいる、同じ空間にいるとどうしても色々、ストレスになってしまうこともあるでしょう。

そんな時は、図書館に行ったり、友達の家に行ったりして別の空間にいられる場所を作るようにしてみてくださいね。

友達に相談して愚痴ってみる

友達に親があまりにも色々言ってきて辛いことを言ってみるのも良いでしょう。

誰かに話すことで、それだけでも気分がスッキリすることもありますよ。

もしかしたら、友達も同じような経験をしているかもしれません。

いろいろな情報も聞けるかも。

広告

親が大学もしくは高校の受験期間中にうざいときの対処法は?

高校や大学の受験期間中は特に、集中して煩わしいことを避けたいですよね。

ただでさえ、いろいろなことが不安で頭がいっぱいいっぱいな時に、色々言われてしまうと気分的にも滅入るでしょう。

そんな時の対処法としていくつかご紹介いたします。

親に今一番大事な時をわかってもらうようにする

今一番、集中しなくてはいけない時だから、協力してほしいことを伝えてみましょう。

素直に自分の気持ちを伝えれば、親もわかってくれるはずです。

時間がなく、一分一秒でも必要な大事な時だからお願いと言ってみるのも良いでしょう。

親とルールを決めておく

今とても大切な時で、この時間は絶対に邪魔をしないでほしいことを伝え、親と一緒にある程度のルールを決めておきましょう。

紙に書き出しておくのも良いかもしれません。

この時間は、何を言っても聞かない、しゃべらない、と言う時間を作っておくのも良いですよ。

親がいろいろ言ってきたら無視する

それに対して、反論しても無意味なので、勉強に集中して結果を出せるようにしましょう。

今、忙しいから、ごめん。受験が近いから協力してほしいと親に伝え、相手にしないようにしましょう。

親に理由を聞いてみる

なぜ、いろいろ、あダーこーだ言ってくるのか、今一度親に理由を聞いてみるのも良いでしょう。

もしかしたら、自分が気づかなかった部分が見えてくることもありますよ。

それを受験に活かせることができたら、一石二鳥です。

余裕があったら、親の意見に耳を傾けて聞いてみるのも良いでしょう。

広告

高校や大学受験で親が口出しするのは子供に悪影響って本当?

高校や大学受験で親がいろいろ口出しをしてくる場合もありますよね。

実際にそのような行為は、子供にとって悪影響を及ぼしているのでしょうか。

結論から言うと、悪影響があるのです。

いろいろ親が口出しをし過ぎてしまうと、子供自身のやる気も無くしてしまうそうなのです。

親が口出しすることが、やり過ぎだったり、出過ぎていたり、子供を追い詰めてしまっていることにもなるのです。

子供の欠点だけを見つけて言っているような状態なので、どんどん悪化していってしまいますよ。

でも、口出しをせず、掘っておく方がよく伸びて、成績も上がるという傾向があるのですって。

親があれこれ口出しするのではなく、子供の良い部分を発見して褒めて伸ばす方向に動くと助けになるでしょう。

あと、日頃から子供とコミュニケーションをとって信頼関係を気づいておくことも大事です。

いざとなったら、子供の方から親を頼ってきてくれるようになりますよ。

広告

毒親に進路を決められてうざいときの対処法は?

自分の進路は自分で決めたいですよね。

親には、助言してほしいですが、全て決めてほしいと思うことは無いでしょう。

そんな時の対処法をいくつかご紹介いたします。

自分の気持ちをしっかりと伝える

親に進路を決められてしまった時、それが自分にもあっていれば良いですが、そうで無い時は、しっかり親と話し合ってください。

自分は、OOがしたい。このような方向の勉強をしたいと言うことをしっかり伝えてみましょう。それには、中途半端な意見ではダメですよ。

親が納得できるようにしっかりと説明できるようにしておきましょう。

なぜこの進路が良いのか?親に理由を聞く

なぜ、自分にこの進路が良いと言うのか、しっかりと理由を聞いてみましょう。

もしかしたら、自分の見えていない部分がわかるかもしれません。

自分に本当に合っているのかを見極めるためにも大切です。

頭ごなしに、反論しては逆効果です。

親の意見を尊重しながら、聞いてみましょう。

結果を出して親に伝える

自分の進路と親が考えている進路が違うときは、もう一度自分がやりたいことはなんなのかを考えてみてください。

そして、自分自身に正直になりましょう。

親に合わせても後で苦しい思いをするだけです。

自分の進路を選んだ時は、必ずしっかりとした結果を出して、親を安心させてあげましょう。

子供のことを心配するあまり、必要以上に言ってきたりしてしまうのが親で、度が過ぎてしまったのが毒親です。

だから親が納得し、安心感を得ることができれば、決めつけたりすることもなくなりますよ。

第3者の方を交えて相談する

あまりにも親が勝手すぎるとか、親の意見ばかり押し通してくる場合は、誰か他の人に相談してみるのも良いでしょう。担任の先生に相談してみるのも良いですよ。

学校の先生や塾の先生などと一緒に話す場を設け、進路の話し合いをしてみるのもオススメです。

親も、第3者の意見なら聞いてくれる場合もあるのではないでしょうか。

自分の進路なのに、なぜか親が先に決めてしまうのが毒親です。

子供は、反発したくても、それに従わなくてはいけなくなり、結果としてやる気がなくなって中途半端になるパターンも多くありません。

第3者を介入させるのも方法の一つですよ。

画像のコピーは禁止です。弊社では著作権侵害とし法的措置を行います。(リンクは可)
タイトルとURLをコピーしました